上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は地元の市民団体さんが主催された、
認知症の講演会を聴きに行ってきました!

実家の母は、アルツハイマーです。
母の笑顔と、私の祈り(2013年07月01日)
診断された当初は、度々通っていた実家ですが、
今年は、雪も多く、少し足が遠のいていました。

ペコ爺からのLINEがきたりして、
元気そうな様子はわかるものの、
この頃は、電話をしても、
母が電話口に出てきてくれなくなっていました。

11156345_424033171110913_8791506516096262084_n.jpg


母のことが、気になりつつも、何もできなくて、
モヤモヤした気持ちはいつも心の片隅に鎮座していて・・・。

そしたら、ツイッターで、講演会のお知らせをたまたま発見!


上田諭先生の講演です。
です・・・と言っても、全くどんな先生か知らずに行くという私( ̄▽ ̄;)

不幸な認知症 幸せな認知症不幸な認知症 幸せな認知症
(2014/11/13)
上田 諭

商品詳細を見る



先生のお話しは、私が日頃感じている事と繋がる部分が沢山で、
とても、とても、良いお話しでありました。

11174466_424233107757586_15933605597170922_o.jpg


認知症というのは、加齢によって起きるもので、
治らない病気ということ。が前提であることを、
しっかり認識することが大事。

治そうとするから、出てきてしまう症状があり、
それが、介護者にとって困った問題行動になってしまう。

またそれをメディアが煽る。不安を煽る。
認知症になると、こんなに大変だ!と、番組で取り上げる。
介護者の対応が悪いせいで、患者から出る当然な反応や行動なのに。

それを見て、
こんな風になったら、どうしよう。
認知症対策をしなくちゃ。
認知症を防がなくちゃ。

11138648_424033191110911_6002438619735715641_n.jpg



いやいや、そうじゃなくて。
認知症は加齢によって起きるもので、
誰にでも起こりうるもの。
もっと知ろうよ。
まずは、知識を持とうよ。
そして、関わり方を改めようよ。



今のままで十分。今のあなたで良い。と受け止めることで、
困った問題行動が減ってきたり、
楽しく、イキイキと、張り合いのある暮らしができるようになってくるから。



認知症で、何もわからないのに、プライドだけは高いんです。
そう言って嘆く介護者もいるが、
プライド!大いにけっこうジャマイカヽ(゚∀゚)ノ ←先生はジャマイカなんて言いません( ̄▽ ̄;)
人は、プライドを持つことで生きられるんだから。



・・・とは言っても、介護する人は辛い。
それはとてもよくわかる。
介護する人への理解や、サポートだって必要なのです。


けれど、もっと辛いのは、本人だということに、
案外気づいてなかったりしませんか?
本人が語らない、語れないから、
本人の気持ちはわからないだけで。


今では、患者の人格を尊重した、
新しいケア方法なども取り入れられてきていますが、
元になる思想の大切さを、理解できていないことから、
技術的な部分のみを取り入れてもうまくいかないことがある。


もうね、犬との暮らしと同じだと思いました。
人の認知症と、犬の問題行動を一緒にするな。
そういう次元の話じゃなくて。

11102900_424198341094396_3620206264248698969_n.jpg


認知症の世界も、
犬のトレーニングの世界も、
今、まさに過渡期。っていうのかな?


様々な方法や、考え方が取り入れられ始めているけれど、
根っこにあるもの。その理解。
それが一番大切で、
実は、そこさえしっかりしていれば、
問題が問題じゃなくなるんだよね。


治そうとするのではなく、受け入れる。
あなたには、できますか?

 

スポンサーサイト
金曜日。
各種お薬の血中濃度や、状態を調べるために、
ペコの病院へ採血に行ってきました。

いつものように、とても頑張ってくれたペコ。
10947503_387304618117102_500171386524138009_o.jpg

検査結果、良好だといいなぁ!


そして、今朝んぽ♪

散歩の途中で、私の匂いを嗅ぎに来てくれるのが、
恒例になってきました♪

もしや来る?っていう雰囲気がわかるようになってきて、
今日はグッドなタイミングで撮れた!!
1781892_387890581391839_3489266256622115969_n.jpg

やらせ。じゃないよ ( ̄▽ ̄)



さて、さて、
実はワタクシ、夕べ、ペコ県で行われた、
福山雅治のライブに行ってきましたー!ヽ(゚∀゚)ノ

ライブなんて、独身の頃以来で、
朝からソワソワ、ワクワク落ち着かず・・・( ̄▽ ̄;)

良かった―!
言葉に表せないくらいの感激でした!

福山がペコ県に来たのは、21年ぶりなんだって。
ちょうど長男が生まれた頃だったのですねぇ。

私の21年間って、どんなだっけかなぁ・・・。

そしたら、色んな気持ちがブワーッと押し寄せて、
涙でまくりんぐ(´;ω;`)

思えば、私なりに、
その時、その時を一生懸命頑張ってきてて。
だから、これからも、
私なりに頑張ればいいよね!って、
福山タオルで涙を拭きながら、
心に誓ったのでありました( ̄▽ ̄)

ラストの投げキッス、
しかと受け止めたよー!♥️(´ε` )



「暁」という曲があるのですけどね。
これで、涙腺崩壊しました。

youtubeです♪よかったら⇒暁 福山雅治


お日様は、決して私たちのために光ってるんじゃないけど、
それが美しく見えたり、明日の希望の光に見えるかどうかは、
自分のきもち次第なんだよね!


しんぱいないさー!ペコ
10930171_387890571391840_6140491660688104399_n.jpg


せっかく、ライオンキングみたいに撮ろうとしたのに、
背景が、売地。ってのがちょっとね ( ̄▽ ̄;)



今日まで夏休みのペコ父と母。

私は、ひとり、実家へ帰省していました。
ペコ父は、この土日に町内の夏祭りがあり、朝から夜遅くまでお手伝い。
そんなわけで、ようやくほっとしている今日・・・。
明日からまた通常運転だと思うと、気が重くなります^^;



さて、近況です。


チャーリーママさんの本家ブログ。
カウント2000000キリ番をゲットしましたヽ(^o^)丿

証拠のハードコピー^^



前後の方、申し訳ありません^^;
名古屋散トレの幹事、のこ母さ~ん♪惜しかったですね!
次は狙って下さいね!!
えっと・・・私は、遠慮いたしますので^^;←あたりまえ?^^;



みんな、がんばってねーーっ!
1094061_186467031534196_538854783_o.jpg



そして、わたくしごとですが、
実家の母の様子は・・・。


今まで薬を飲んでいると聞いていたので、安心していましたが、
どうやら、ずっと病院へ行けておらず、
飲んでいたのは、初診でもらった3ヶ月分だけ・・・だったことが判明。
病院行きを拒否する母の気持ちを優先してしまい、
父には、どうしても無理に連れていくことができないようです。

う~む・・・。

いくら認知症とはいえ、まだ初期の段階です。
母にも意志や、プライドがあり、
病院行きを拒む気持ちもわかるのですが・・・。

またふりだしに戻ってしまった感じで、
かなり気落ちしてしまいましたが、
ここはひとつ、また一からやり直せばいいや!!



あきらめないこと。これだいじだよ!
1097679_184857015028531_1834204262_o.jpg



今回の帰省で、気づいた事がありました。


車で外食の帰り、駐車場でバックしてくる車がありました。
その近くで、フラフラしていると母が危ないので、
「こっちだよ♪」と、母の腕をスっと掴んだんです。


すると、母は、私の手を力いっぱい振り切って、
「何をするの!?」と大きな声で言いました。

これ、犬の転位的な行動に似ています。
咄嗟の刺激で、攻撃的になるような・・・。
あ。母と犬とを一緒にするのも、アレですが、まぁ自分の母だから、いっか^^;



よんだ??
1150510_186468201534079_540938669_o.jpg


アルツハイマーは、大脳の側頭葉にある海馬が委縮し、
神経細胞が減少していくことから始まりますが、
犬の転位的な行動は、大脳皮質を豊かにすることで、
行動を抑制できるようになります。

海馬・・・かいな?(私は社会化のドッグトレーナー)


母は、この抑制機能が次第に衰えていっている状態で、
だから、咄嗟に大きな声が出てしまったんじゃなかろうか。

ひとつひとつの事柄、また感情の起伏に一喜一憂せず、
もっと、冷静に、ありのまま受け止めるためには、
もう少し、病気の事を学ぶ必要がある。と痛切に感じました。



さて、一方、父のこと。



持ち前の「楽天的」な性格で、さほど大きく悩むことなく、
日々それなりに、楽しく暮らしているようです。
皆さん、父のことをとても心配して下さって、
また、私自身も、母の事より、どちらかと言えば、父の方が心配なのですが・・・。
こちらが心配しているほど、気落ちしていないんですよね^^;


昔から、カメラオタクの父が、
帰省中、私にカメラを買ってくれちゃいました^^;
1008668_186207521560147_198993340_o.jpg


こんな本格的チックなカメラ、どーするよ?オイ?って思いましたが、
カメラオタクの父と、色々な話ができるように、
少しずつ、カメラの勉強もしていこうかなぁ・・・なんて^^;
あ、これが親孝行のひとつでもあるかもですし^^;


おかあさんが、おじいちゃんにかってもらったカメラで、
アートっぽくとってあげる!っていうんだけどさ。
ぼく、ねむかったんだよね。
1149302_186505678196998_1282776982_o.jpg



犬の勉強も、母の病気も、父のカメラも・・・
色々なことが、私の中で繋がっていくような、今日この頃です。



おてんとうさま、ありがとーー!!
あしたも、あさっても、ずーっとあかるいみらいをてらしておくれよーー!!
1093766_184961598351406_791612009_o.jpg



巷では、お盆休みに入ってるのかなぁ・・・。
私は、明日まで仕事です(T_T)


さるすべりの木の下で、記念撮影^^


これ、ただのオスワリじゃないのです。
マグネットの応用で、おやつをもった手を、下から上に~♪

どうやってやるかと言うと・・・。
なつかしい!小田原へ遠征した時の動画です^^
ペコじゃなくて、ぶん太くんです(*^_^*)




日々の生活で楽しみながら、取り組みのエッセンスを入れてみたり^^
と、ペコの日常は、ゆるゆると流れています。




ここからは、わたくしごとです。


久々に、叔母(母の妹)からメールがきました。

先日、祖母の法事があって、親戚が集まったのだけれど、
母の様子がかなり進行してる感じがして、
心配になった。何か手伝えることはないか?
機会があれば、会いましょう!と。


ありがたい事です。
叔母は、母の事が気にかかっているものの、
頼まれもしないのに、あれこれ世話をやくのもどうかと、
気遣ってくれていたようです。

遠方に住む私にとっては、叔母の存在はとてもありがたいし、
こんな時には遠慮せず、甘えさせてもらおう!と思い、
お盆に帰省するときに、叔母と会うことになりました。


その報告がてら、実家へ電話しました。
母が電話に出ました。

「お盆休みに遊びにいくけど、いい?ひとりで車で行こうと思ってるけれど。」

「まぁ!車で?家がわかるの?」

「わかるから、大丈夫♪」

「なんでわかるの?」

「小学校から住んでいたから、ちゃんとわかるよ♪」

「え!?小学校からここに住んでいたの?」

「〇〇小学校だもの。」

「〇〇小学校!?この近くだけど・・・。」


まぁ、そんな感じで、なかなか話は進まず^^;

途中で父に電話を代わってもらいました。

「お父さんいるの?」

「お父さん?」

「○○さん(父の名前)だよ♪」

「あぁ、あのおじさんね。おじさん、電話だよ~♪」



笑いながら父が出ました。


「お父さんも大変だね。なかなか話がすすまないし。
 真剣に聞いてたら、疲れるでしょ?」


「まぁね。でも、いいかげんじゃいけないんだよ。
 尊重しないと。失礼だからね。」



父の言葉に、ハっとしました。


父は、母との生活に、きっと疲れているはずだろうに、
母と真摯に向き合いながら、自分らしい生き方を考えているのでしょう。


「昨日もばーちゃんと、名古屋ドームにナイター観に行ってきたよ♪」
なんて言うので、またびっくり^^;


どんな母であっても、真摯に向き合おうとする父。


犬との暮らしで学んできたことと同じです。


その存在、ありのままを受け入れること。
真摯に向き合うこと。



父と旅行に行った時の事を思い出しました。

初めての家族旅行 前篇 2012年03月18日記事

初めての家族旅行 後篇 2012年03月20日記事


そうでした。
父は、犬とも真摯に向き合っていました。



ぼくのおじーちゃんは、とってもやさしいんだよ♪
1098112_183937201787179_163266099_n.jpg
本日も、私的な【覚書】です。


昨日は実家の母の様子うかがいで、名古屋へ行ってきました。
私自身がお疲れモードだったので、
車で行くのはやめて、電車で・・・^^;

旅のお供はコチラ。
ただ、朝早かったので、睡魔に襲われ、ほとんど読めずでしたが^^;

BN9XINWCUAALTSs.jpg


犬の愛に嘘はない (河出文庫)犬の愛に嘘はない (河出文庫)
(2009/06/04)
ジェフリー・M・マッソン

商品詳細を見る



母については、コチラ→心を込めて名前を呼ぼう(2012年10月16日記事)



元気そうな父と母に、まず安心。

そして、母の表情に、また安心。


なんだろう・・・。


母は、まるで仏様のような、柔らかい表情をしていました。


病気が進んでいるのもあるんでしょうか・・・。

以前のように、自分の病気からくる「物忘れ」などに、
不安や焦りを感じ、その葛藤からくると思われる、
イライラ感のようなものがなくなって、
ほとんどの判断を父に頼っているようでした。

・・・あの気が強かった母が^^;

母自身が、自分の状態を受け入れたのか、
それとも、もう、それすら考えられなくなったのか・・・。


とにかく、あんなにイライラして、攻撃的だった姿が消えて、
穏やかに暮らしているように見えました。




母が、コーヒーを入れてくれました。


カップの中のコーヒーは、その量がまちまちで、
私のカップには、半分も入っていない。
そして、とても甘く、ぬるかった・・・^^;


それでも、「まぁ!ありがとう!」と言うと、
「これだけでも、必死なのよ。」と、母。
料理も得意だった人ですが・・・。



飲み終えて、キッチンにカップを洗いに行くと、
ガスコンロの火が小さくついたままになっていました(T_T)


火の元は、毎回、父が確認しているようなのですが、
やはり危険だし、心配です。
キッチンの改修もしなくちゃ・・・ですが、
またそれには、色々な問題が伴ってきます。

簡単に「IHにすればいいのに!」と、
傍から意見できるものでもない。




度々実家に行けない私は、
ただただ、大事が起きないよう、祈るしかなく、
そんな自分が歯がゆく、また悲しくなります。



それでも、母は、始終楽しそうにしていました。

何度も、何度も、同じことを聞き、
そして、そのたびに感心し、笑い・・・。



私は、ペコと暮らすようになって、
「命と向き合うこと」について、考えるようになりました。


神様から与えられた「命」を、
私が、私らしく生きるために、
ペコが、犬らしく生きるために、
母も、母らしく生きるために・・・。


すべては、まず「ありのまま、受け入れる」こと。


それにつきるのかな・・・。なんて(笑)



母の病気を調べている中で、素敵な記事を見つけました。
犬の十戒にも似ています。

アルツハイマー病の人びとの祈り



「今」を感謝して、生きたいな。

DSC_0032 (2)


ブログにお越しくださる皆様。
前回の記事に拍手コメント下さった皆様。
また、ペコ母あてツイート下さった皆様。
お返事もままならず、申し訳ありませんです。
いつも本当にありがとうございます。

先週末はイベントが目白押しで、
今日はペコの病院へ再診にも行ってきたりで、
なかなかパソコンにもゆっくり向かえずにいます。

今週末にでも、色々まとめて書きたいなぁと思っておりますです。


13日の土曜日には、チャーリー組の黒柴飼いはやままさんが、
ペコ家に「来客トレ」&「お散歩トレ」に来て下さいました。
沢山の気づきや、学んだことがありますので、
こちらは、忘れないうちに記録したいです!!

また、翌日14日~15日は、名古屋の実家へ行き、
ずっと滞っていた、母を病院へ連れていく事ができました。

母については以前から書いていて、
ペコ母のこと

ブログを確認すると、病院へ連れて行くまでに1年半かかっています^^;

思っていた通り、アルツハイマー型認知症と診断され、
薬を処方してもらい、役所に介護認定の申請も出すことができました。

今回実家へ行って、症状がかなり進んでいると感じました。

私と兄がどちらが先に生まれたからわからない。
甥っ子を私の兄?と聞いてくる。
父の車に乗っているのに、「これは誰の車?」と。
あんなに得意だった料理も、ほとんどできなくなっているようです。

料理の手順はもちろんですが、
たとえば、「オムレツ」って何だっけ?とか^^;

実家へ出かける前に、皆さんから励ましのツイートを頂いていたのですが、
虫一郎さんから、こんなツイを頂いていたのです。

leobard717(虫一郎)@peko0421 多分お母さんとポジション争いになってしまっているんだと思います。ペコ母さんが「その場所」をあっさり放棄したら、お母さんもその場所への執着が無くなるかもしれない。弱味を見せることでお母さん本来の優しさ(といっても娘には支配的だと思いますが^^;)が出てくる筈。


このツイを読んでから行ったおかげで、
とても穏やかに過ごすことができたんです。
虫さんありがとうです!!

虫さんのアドバイス通り・・・
実家にいる時は、なるべく私が色々やってあげよう!と思いがちですが、
今回は、母に甘えることにしてみました。

私がお風呂のお湯を入れようとしていると、
母が「お母さんが入れるから!」と言うので、
「ありがとう♪」と素直にお願いしました。

それから、朝食に持参したパンを温めていると、
「目玉焼き焼いてあげる!」と言うので、
「わ~!嬉しい♪」と言ってみたり。

結果、3個でいいはずの目玉焼きが、
4個できあがりましたが(笑)

「美味しそう!私2個食べよう♪」とお皿にのせると、
母はとても嬉しそうにしていました。

おそらく母の手料理を食べるのは、
この目玉焼きが最後なのかもしれないな・・・と思うと
胸がキュンとなりました。

もう少し早く病院へ行っていれば・・・と悔やまれることもありますが、
後悔したって仕方ない。前を向いてできることをやっていこう!と思います。



母もそのうち、私が誰なのかわからなくなる日がくるのかなぁ・・・。
けれど、楽しかった思い出や、記憶は、きっと残っててくれるよね。


ペコちゃんも歳をとると、お母さんがわからなくなるのかもねぇ。

その日がきても、「ペコ♪」と呼ばれたら、楽しいことが思い出せるように。

今日もあなたの名前を心こめて呼ぼう。



おかあさん、ぼくはぼくのなまえをわすれないし、おかあさんもわすれないよ。






皆様、コメントありがとうございます(^o^)丿
お返事が遅れており、申し訳ありません。

週末の遠征(笑)で、家事が溜まっておりますので、
片付いたら、お返事させて頂きますです<(_ _)>

どうか、よろしくお願いいたします(*^_^*)


面白い表情が撮れました^^




GWに実家へ行ってきました。

以前もこちらに書いたのですが・・・

子の親であり、親の子であり(2011.09.19)

長男の受験や、進学もひと段落し落ち着いたので、
物忘れが激しくなってきた実家の母の様子を見に行くのが目的でした。
私ひとりでの里帰りです。

実は・・・。
母に対してずっとわだかまりを持っていたんです。
小さいころからいつも人と比較されて育ちました。

テストで頑張っても、
「ふ~ん。それで?○○ちゃんは何点だったの?」てな具合です。

頑張っても、頑張っても、いつも人と比較され・・・。
そんなことは、どこの家庭でも普通にあることなのかもしれませんが、
その程度が、やっぱりちょっと異常だったと思います。

私は、母の望む「イイ子」になろうと頑張りました。

高校は母の希望通りの進学校に進みましたが、
そこに来て気づいた。

何かが違う。って。
母に認められるために頑張ってるの?

で、そこからですね。反抗し始めました(笑)
そんな思春期の思いをずっと引きずったまま今に至ります。

そんな母が、何度も同じ事を聞いたり、
自信なさげな様子があったり、
あれほど強気だったのに、私に頼ってきたりすることが、
とても不思議な気持ちになりました。

実家にいるときに、
「この家には、今お父さんと二人しかいないんだよね?」と
母が確認するように、私に聞いてきました。

父によると、時々私や兄が一緒に暮らしていた頃と、
錯覚を起こす時があるようなのです。

これは、その頃の記憶が、
鮮明に残っているということなのでしょうか。


母がぽつりと私に言いました。

「アンタ(私のこと)いつのまに、そんなにしっかり者になったの?」

その時、私の長年のわだかまりが、
ふっと消えていくような気がしました。



ありのままを認めて、受け入れる。

比較しないで、頑張りを認める。


これ、ペコと暮らして、日々感じている事ですが、
人だって同じですね。

否定される、認められないことで、
心は固く閉ざされていきます。

人もワンコも同じです。絶対に!



母は今後、ものわすれ専門の病院への受診を予定しています。
それもどうやら数カ月待ちのようですが・・・。


これからは、
母の状態を受け入れ、できるだけのことをしていきたいと思います。



実家で母から買い物に誘われました。
母は、私に洋服と帽子を買ってくれました。

私に似合う服や帽子を選ぶ母は、すっかり母親の顔になり、
すっかりおばさんになった私なのに、
母には、幼い娘に見えているように感じました。




ぼく、ちゃんとお留守番できるから、
またおばあちゃん家に行ってもいいよ♪

12050902.jpg

よろしくね♪ペコちゃん。




QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。