上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自己紹介タイム。

その時、私はもう胸がいっぱいでした。

前日の散トレ、この雨の中、皆さんと出会えたこと・・・。
そして今、小さな東屋で雨宿りをしながら、
ペコは人やワンコさんたちと一緒に、わらわらできている。



お散歩でわけもわからずスイッチが入り、
こちらに向かって飛びつき激しく噛みついてくる姿。

ペコにふくらはぎを噛まれたまま、ひきずって歩いた事。

噛まれるのが嫌で、ペコの行きたい方向へどんどん行くしかできず、
辺りはだんだん暗くなる。
町内に流れる「ゆうやけこやけ」の曲を聞きながら、
帰りたくても帰れない。

家からどんどん離れていくのに、どうする事もできなくて、
そんな自分が情けなくて、泣きたくなった事。


次々と当時の光景がよみがえってきます。



でも、チャーリーママさんを信じて、
チャーリー組の方々に励まされながら、
今日を踏ん張る!今日を乗り切る!と思って頑張った事。
そんな事を思い出しながら、



そんな私たちが、今こうしてここに居られる。
これまでやってきた事は間違いじゃなかった。

だから、これからも遠く離れているけれど、
頑張って取り組みを続けて行きます!


実際は、もうちょっと短いですけどね(笑)
そんな事を話しました。



ぶん太母さん、初めての散トレに参加された日の事を、
思い出したと言っておられました。


どうか噛みませんように・・・。


そう思って張り詰めた気持ちで参加した散トレ。
噛まずに済んで、帰りの車でほっとして、
しばらく固まって車を走らせられなかった。と。



小麦のかぁちゃんは言いました。



「小麦が噛む仔で良かった」



チャーリーママさんに出会えた事、
チャーリー組の皆さんに出会えた事、
そして頑張って取り組んだからこそできた、小麦くんとの強い絆。

そのすべてが宝物だと。




はなのおかぁちゃん、笑ってるの?泣いてるの?(笑)


これからは、「みんなの背中を押せるようになりたい。」と。


本家ブログのずっと始めの方を読んでいると、
はなのおかぁちゃんの頑張りが、痛いほど伝わってきます。
もちろん今も進行形で、色々取り組んでいらっしゃいますが、
当時は本当に大変だったんですよね。


そんなおかぁちゃんだからこそ、
人にもワンコにも真摯に向かい合ってくれる。
私もどれだけ背中を押してもらっているかわかりませんですよ。

これからは、もっともっとみんなの背中を押して下さい。




チャーリー組は素晴らしいです。
ママさんの教えを学び、みんなで支え合っています。

みんながいるから頑張れる。
がんばったみんなを見て、もっと頑張ろう!と思える。


つらい時はつい弱音を吐きたくなります。
それはみんなが受け止めてくれます。


私はこれからもずっとチャーリー組で学び続けたい。
強く強くそう思いました。




その後、一同はチャーリーショップに行きました。


こういったお店の中に入るのは、ペコにとって初めての経験です。
ちょっとした事で、ガウガウ吠え、興奮してしまいました。


そんな時も、みんなが助けてくれます。
声をかけてくれる。

はなのおかぁちゃんにおやつをもらいました。


ペコ、笑ってる!




チャーリーパパさんにもおやつをもらいました。
今回、色々な方にお会いしましたが、
チャーリーパパさんだけは、想像と違っていました(笑)

あんなに饒舌な方だとは・・・^^;

えっとね、私の個人的な意見ですよ。これは。
だから、パパさん気を悪くなさらないで下さいね。
ひとことで言えば・・・



「おしゃべりな僧侶」



わ~!これ、すごい褒めてますから。
あ、ヘアスタイルの事でもなくてね(汗)

えっと、語り口調も僧侶っぽいです。
だから、つい引き込まれます。楽しいし^^

21033101-9.jpg





さて、激動の二日にわたるペコ家の小田原散トレ体験も、
とうとうお別れの時です。


別れ際ママさんが、
対人、対犬に対してガウるペコへの今後について、
お話して下さいました。


ガウる事は自己主張であり、それが出せるようになったということ。
これは正常な発達だと思って、喜ぶべきことです。

2歳くらいから、そういう自己主張が出てくる。
それに対しては、3歳までにしっかり取り組むこと。


これからは、
ガウらなくてもいい。
ガウる必要がない。を伝えること。


初日の散トレで学んだ「対提示」によって、
こちらに集中させること。
そして、その集中を褒めること。



ママさん私の目をしっかり見つめて、
そう教えて下さいました。


はいっ!!
早速取り組みます。

「グっと張って、ペコ♪」




次回はペコ家が雨を呼ばないように、
突撃お散歩トレーニング~!でお邪魔しますですよ。


その時は、もっともっと成長した姿をお見せしたいと思います!!



また行くぜ!小田原!待ってろよっ!!(ショップで買ったおニューのハーネス)
210304.jpg





最後に・・・。



チャーリーママさんのツイートです。 

私は生徒さんに
「あなたの犬は幸せですか?」なんて事は聞かない。
聞くのは「あなたは犬と暮らして幸せですか?」かな。
犬たちが最も望むことかもしれないですよ。
あなたの幸せ。




ママさん。
私はペコと暮らして、とても幸せです。

スポンサーサイト
激動の初日が終わり、ペコ家は、
はなのおかぁちゃんに教えてもらった、貸別荘「うみがめ」さんへ。
21033100-1.jpg

小田原城から車で20分ほどの海沿いのお宿です。

先日の「予行練習」でお泊りした時には、
夜中に吠え吠えで、眠れぬ夜を過ごしたので、
今回はどうなることやら・・・と心配していましたが、
無事、吠える事もなく眠る事ができました^^;

朝起きて外に出ると雨は降っておらず、
晴れ間も見えるくらいです。
21033100-2.jpg


今日の散トレはどうなるんだろう・・・と思っていると、
ママさんからメールがきました。

「予定通り小田原城二の丸広場に集合。」

おぉっ!!


本来の散トレは31日(土)が予定日で、
この日に参加される予定だった皆さんにもお会いできるかも♪

すぐさま支度をして、お宿を後にし小田原城へ向かいます。


・・・ところが近づくにつれ、雨がザーザー本降りに・・・orz



やっぱりペコ家の行くところには、雨がついてまわるのですよ。

そういえば、家族で行ったディズニーランドも大雨。
ユニバーサルスタジオジャパンに行った時も、もれなく大雨。
近いところでは、先日の予行練習のひるがの高原でも雨・・・。



それでも、参加予定だった皆さんが、
二の丸広場の東屋に集まって下さいました。(多謝)
21033101-3.jpg


はやままさん!やっと会えたね!
この日、ご主人と埼玉から来て下さいました。


はやままさんを見つめるペコ。
21033101-7.jpg

はやままさんは、千葉のご実家で
「はやてくん(黒柴♂)」と暮らしていたのですが、
ご結婚され埼玉でご主人との生活を始められました。

千葉に残してきたはやてくんと一緒に生活するために、
今色々取り組みをなさっています。

はやままさんも、ぶん太母さんや、私と同じく、
はやてくんの噛みに悩んでおられたおひとりです。

はやままさんは、チャーリーママさんの
メールカウンセリングを受けておられ、
私はペコブログをきっかけに、交流させて頂いていました。
今は、ツイッターでも^^

平日は埼玉、そして週末は千葉・・・と二重生活をしながら
はやてくんとの取り組みに奮闘努力されていらっしゃいます。

はやままさんにも、色々ご苦労があったんですよね。
詳細は書けませんが、本当に頑張っていらっしゃるのですよ。

チャーリーママさんのブログ1500000キリ番ゲットされたのは、
何を隠そう、このはやままさん。
必死で、ブログを読んでいたからゲットできたキリ番です。

1500000キリ番ゲット(チャーリーママさん本家ブログ)


私、お顔を見た瞬間に、「はやままさんだ!」ってわかりましたですよ。
そして、顔を見合わせて、二人して涙ぐんでしまいました。

チャーリーママさんのカウンセリングを受けながら、
はやてくん、どんどん変わってきているんです。
お散歩トレーニングに参加され、本家ブログにお写真が載る日も、
きっと遠くない!と私は思っています。




それから・・・
東京から来て下さった「ミミハナ日記」の、やなおさん。
うしろにいる仔がハナくん。
ハナくんは、ペコと誕生日が近いんだよね^^
やなおさんにもおやつをもらいました♪
21033101-8.jpg

やなおさんとも、ブログや、ツイッターで交流させて頂いています。
やなおさんがママさんの元で学ぶようになったきっかけは、
もうひとりのミミちゃんの突進や吠えだったんですよね。

今では取り組みの楽しさをブログでどんどん発信されていらっしゃいます。

私、やなおさんにお会いして、「やっぱりだっ!」って思いましたよ。
いや、何をってね、聡明です。やなおさん。

ママさんのブログでは、
「名前を呼んでおやつ」などの超基本となるお勉強と、
そこから一歩、二歩すすんで、理論的なお勉強があります。

この理論的な部分をしっかりマスターできると、
もっとうまくこちらの意図をワンコに伝えられるんだと思うのです。

私にとっては、これがまだまだできておりませぬ^^;

ところがやなおさんは、チャーリー組に入ってからというもの、
どんどんこの「理論的」な部分を自分のものにされていらっしゃるのですよ。

私、いつも見習わねば・・・と思っています。

あ、ペコ父も見ていました。
「やなおさんが、度々ハナくんにハンドサインを出していた!」と。



そのやなおさんからおやつをもらう、コロンちゃん。
そんな時、背後でこっそりコムタンのお尻を確認しているペコ(笑)
21033101-1.jpg

21033101-2.jpg

コロンちゃん。吠え吠えコロンじゃないの?
全く吠えないじゃないですか(笑)
しかもお利口に、レインコート着てるし!

コロンちゃんのお母さんの、ころころんさん。
ブログもされていますよ。「コロンと笑顔で♪」

散トレにはもう3年通っていらっしゃるのだそうです。
超、大先輩ですよ。
「のんびり通っている。」と謙遜されていらっしゃいましたが、
小田原だけでなく、
実は、横浜の散トレにも参加なさっているんですよね~。

全然、のんびりじゃないじゃないですか~(笑)

ころころんさんとは、ツイッターでも交流させて頂いていて、
直前には、メールも下さいましたね。
お会いできて本当に嬉しかった。
やっぱり、ニコニコ優しいころころんさんです。

興奮すると黒い仔に出てくる「謎の白い粉」について、語り合いたかったです。
でも、きっとまたお会いできると思います!


21033101-5.jpg


残念ながら、お写真がないのですが、
ナオタロウくん(柴男子5か月)のお母さんにもお会いできました♪
お会いできて嬉しかったなぁ・・・。
メールも嬉しかったです。

ナオちゃん、この時は雨なので駐車場の車の中でお姉ちゃんと待機。

最近は甘噛みもだいぶ減ってきて、
少し楽になってきたそうですが、
それでもお母さんと、お姉ちゃんの手や腕には、
たくさん傷あとがありました^^;

そういえば、こんな傷、私も身体のあちこちにできてたっけ・・・。

ナオタロウくんはパピーの頃からママさんに出会えて幸せです。
優しいご家族の元で、このまますくすくと成長していくんだろうな・・・。



それから、それから!!

この日、アレックスくんと、お母さんも来て下さってたんですよね!
雨が苦手なのに、本当にありがとうございました<(_ _)>
車から出られず、ずっと駐車場にいて下さったとか(ToT)

あれ母さ~ん!
ありがとうございました~(^o^)丿
次回はペコ家が雨を呼ばないように、
飛び入りの参加をしようと決めていますので、
きっとお会いできると思いますっ!



そして、前日も来て下さった、はなのおかぁちゃん、
小麦のかぁちゃんととぉちゃん、小麦くんに、ひじきちゃん、
それから、前日帰りが夜遅くなったというのに、ぶん太母さん。


雨のため、散トレは中止になりましたが、
集まった人で自己紹介をする事になりました。





長くなりましたので、次回へ続きます。

次回を最後にしたいですが・・・。
なにしろ、書きたい事が多すぎるのです(汗)



前日までの記事に、たくさんのコメント、拍手コメント、
ありがとうございます<(_ _)>

日常生活が戻ってきてしまい、
ますますお返事が遅くなりそうです。
温かいお言葉に、大変感謝、そして感激しております。



それでは、続きますです。



ママさんから習った事、気づいた事、忘れないようにしなくちゃ。

お母さん、勉強したことちゃんとメモしてる?
12033030-5-1.jpg



広場でのトレーニングの後、天守閣まで歩きました。

不思議ですね・・・。
始めて会ったのに、ペコはみんなと一緒に歩いている。
本犬自身が、そう感じているようでした。

でもね、
最初から最後まで、犬同士を一切挨拶をさせていないのですよ。
挨拶というのは、
「鼻と鼻をくっつける」とか、
「お尻の匂いを嗅がせ合う」とか・・・

普通お散歩で出会うワンコさんだと、
「挨拶できるかなぁ~♪」なんて、近づけてこられますよね^^;
まるで、犬ってものはそうしないといけないかのように。

ダーーーーッ!って駆けよってくるワンコとか(汗)
これ、案外、っていうか、かなり負担あります。
そういうの全く大丈夫なワンコもいるのでしょうけれど。

けれど、散トレでは飼い主が、自分のワンコや他のワンコを常に意識して、
挨拶させたり、無理に近づけさせようとせず、必ず間に飼い主がいます。

ワンコたちはお互いの存在を意識しつつ、
スルーしたり、ちょっと近寄ってみたり・・・。

これが散トレの心地よさであり、
飼い主にもワンコにも優しいトレーニングなんだなぁ。
だって、ほら、いつの間にか緊張感なく、群れて歩けるようになっています。




ぶん太くんが、小麦のかぁちゃんからおやつをもらうところ。
12033030-6-4.jpg

ぶん太母さん、おやつのもらい方を今までずっと試行錯誤してこられたそうです。

えっとね、おやつをもらうくらいどーってことないでしょ!
って思われるかもしれません。

でも、違うんですよ。
ペコもそうですが、パーソナルスペースが広い仔、
警戒心が強い仔、咄嗟に噛みが出る仔の親は、
おやつをもらうだけでも、緊張してしまうんです。

でも、おやつがもらえる仔にしたい!
少しずつでもいいから、人に近づける仔になってほしい。
母の想いです。
そして、たどりついた方法が、

ぶん太くんが、自分から近づいてもらいにいくこと。
そして、おやつをあげる人は、あげた手で触らない。

散トレでも、ぶん太母さん参加者さんにお願いして、
取り組みを続けてこられた結果、
ぶん太くん、今ではおやつをおねだりできるまでになったのです。


お散歩トレーニングの場での自己紹介。


これ、とても重要で、
自分の仔の注意事項。
これを飼い主がきちんと意識して、参加者に伝える事。

また、参加者も注意をきちんと守る事。
これを間違ってしまうと、
長い取り組みが一瞬にして泡と消えさる・・・
という事だって、あると思うのですよ。

でもこれは、「すべての仔と一緒に成長しよう!」
そんな気持ちの方が集まっているからできる事なのでしょうね。

私もぶん太くんにおやつをあげました♪
(写真がなくて残念!)

ぶんちゃん♪と呼ぶと寄ってきてくれて、
やさしく食べてくれました。


これまでのぶん太母さんとぶん太くんの取り組みを思うと、
それだけで、涙が出そうです。

ペコも小麦のかぁちゃんからおやつをもらいました♪
12033030-6-3.jpg

私もコムタンにおやつをあげました♪
(こちらも写真がなくて残念!です)

ふわふわのお口でしたよ~!
まだその心地よい感触が手に残ってるみたいです♪



それから、はなちゃんにも、おやつをあげました。
12033030-6-7.jpg

12033030-6-5.jpg

じっと見上げてくれるんです。
胸が熱くなりました。

はなのおかぁちゃんも、ペコにおやつをくれました。
(写真がないのです・・・残念)

はなちゃんのリードを持っているのに、
どうやっておやつをくれるのかな?と思っていると、
おかぁちゃん、まずはなちゃんを座らせ、

「待って♪一生待っててね♪」(笑)

おかぁちゃん、優しい声です。
はなちゃん、じっと待っていてくれました。


どこがハイパーなのでしょう。
おかぁちゃんを信じて待つはなちゃん。
ヘタしたら、一生待っていそうですよ。
あぁ、愛おしい。


天守閣の売店はすでに閉まっていたので、
自販機のアイスを食べました。
念願のアイスですよ。


ブログにも登場するベンチで記念撮影。
お母さん、ミーハーすぎるよ。
12033030-6-2.jpg


ちょっと寒いけど、美味しい♪
12033030-6-6.jpg


この後、解散場所へと戻りました。

途中の階段。
最上段の真ん中に、
歩き始めた小さな子供さんとお母さんが腰かけていました。

階段の真ん中に座っているので、ペコと私が通れるのは、
その両端1メートルあるかないかの幅です。

う~む・・・どうやって降りようか・・・。

少し戸惑っている私たちの前を、
小麦のかぁちゃんが先に降り始め、
「ペコちゃん~♪」と呼んでくれたんです。

その声のおかげで、スムーズに降りる事ができました。


もうねぇ、神様、女神様のように見えましたよ(笑)


自分たちだけの事ではなく、
みんなの事を考える。



「自ら考えて行動する。」



これは、ワンコだけに求めるものではなく、
飼い主自身がその場にいて、どうすべきか考えて行動する。



チャーリーママさんの学びって、
こういう事なんだなぁ・・・。




・・・と、なんだかまとまったような、
まとまらないような・・・ですが(笑)


こうして激動の初日が幕を下ろしたのでありました。




すみません(汗)

ちょっとしつこくなってまいりましたが、
もう少し続きますです<(_ _)>


まだまだ続きますです。

次は、マグネット。
私、マグネットが苦手です。
動き方がまずいのか、おやつの持ち方がまずいのか。
ペコはおやつを食べようと、パクパクします。
指先が噛まれます。痛いです^^;

で、ママさんがお手本を見せて下さいました。
親指と人差し指におやつをはさんでいます。
そして手首をかえすように・・・。
12033030-3-1.jpg
12033030-3-2.jpg
12033030-3-3.jpg

12033030-3-6.jpg

これ、オンラインの記事(30日付)に詳しく解説がありました。
なので、詳細はオンラインをぜひ!!
チャーリーママのオンラインドッグスクール

おやつの持ち方次第で、このように動かす事ができます。
ぶんちゃん、おやつでマグネットしておすわり。
(風の音がすごいです。音量にご注意を)
そうそう、横ではなちゃんがママさんの方へ行こうとしているところを、
おかぁちゃんがマグネットで誘導しています。これも合わせてご覧ください。


こういう練習は、やっぱりコツコツと日々の取り組みがあってこそ。
振り返ってみれば、マグネットだって痛いから、あんまりやってなかったし^^;



動画続きでもう一つ。


ママさん、動きながらおやつをして下さいました。



とっても楽しそう、ワクワクしながら動いています。
ポップ♪なトレーニングって、こういうものなんでしょうね。

ワンコも楽しいけど、こんな風にできたら、
飼い主だって楽しいよね。

つくづくママさんの元でお勉強させて頂いて、
っていうか、ママさんという存在を見つけられた事、
ホントに良かったなぁ~!と思います。

そして、全体を通して言える事ですが・・・

私は通信課程でずっとお勉強してきましたが、
ママさんの本家ブログ、オンラインでは、
これらの事を繰り返し、伝えて下さっています。

だから、実際にママさんにお会いして、
質問させて頂きましたが、
日々私がペコと取り組んでいる事に間違いはなく、
ブログを読んで、じっくりコツコツ取り組めば、
通信課程だって、同じようなことができるようになると確信しました。

そりゃ、犬飼初心者だし、試行錯誤があってあたりまえ。
また、はじめから難しいことを取り組まずとも、
まず、「名前を呼んでおやつ」
これにつきるのではないか・・・

噛みが酷かったころは、とにかく噛みをなくしたい。
どうしても、これに意識がいきすぎてしまいます。
けれどもっと小さいころから「名前を呼んでおやつ」を徹底的にやっていれば、
それもなんなく通り過ぎていたのかも・・・

ふとそんなふうに思いました。


初対面のママさんに、すっかり心を許したペコ。
こんなふうに人に懐いたことはありません(笑)
12033030-4-1.jpg
12033030-4-2.jpg
12033030-4-3.jpg
12033030-4-4.jpg


飛び上がって、考えて、オスワリ。
すべてペコが自分で行動しています。
決してコマンドの指示に従ったわけではありません。

自ら考えて動く。
飼い主が何を求めているのか、考える。
ワンコは私たちが思うより、ずっと賢いです。

だからこそ、先読みして困った行動をしてしまうことも。
これはすべて飼い主が「強化」している行動です。

そんな時は、すべてリセットして、
また一から方法を考える。

すべては飼い主次第とは、こういう事なのでしょうね。



あぁ、まだ続きますが、
次回が初日の最終記事になると思います。

そして、感動の2日目が・・・。


あいかわらず、コメントのお返事遅れます^^;


自己紹介が終わり、トレーニングです。

何かご質問は?とママさん。
早速リードの持ち方からお聞きしました。

ママさんのブログでも紹介されていますが、
写真などが紹介されていますので、詳しくは本家ブログへ。

超基礎的なお勉強から(チャーリーママさん本家ブログ)

下の写真では、右手でリードを束ね、
左手は握った指が下を向いています。
そしてさらに左手も、時としてじゃばら折りのように持つと、
細かい操作ができるようになります。・・・との事。
12033030-1.jpg

基本的な持ち方は、だいたい合っていましたが、
左手をくしゅくしゅっとして持つ・・・がうまくできず。
これは練習あるのみ^^;

そして、常にリードはユルユルで。
これ、基本ですね。

お散歩時、このユルユルにしようとすると、
ずっと走ってなければいけないのですが・・・と質問しました(汗)

その時は、一旦止まる。
そして、緩んだところで、再スタート。

これができてないんだな。

グッパーしながら(してるつもり)、結局リードが張った状態で、
引っ張られたまま歩いてしまっています。

常にリードが張っているということは、
張っている状態に慣れてしまってるという事にもなると思うのです。
ずっと一定の張られている状態(興奮状態)が継続している。

で、そのグッパーですが、
体感してみました。


ママさんは、悪い見本と比較して体感させて下さいました。

えっとね・・・

ママさんのグッパーは、体感された方、
皆さんがおっしゃってるように、
心地いいです。
マッサージみたい。
悪い見本の「グッパ、グッパ!!」は、イラっとします(汗)

これは、大阪お散歩会の皆さんが、
お散歩会のランチで体感し合ったようですが、
誰かと体感し合って、腕を磨くのが一番だなぁと思いました。

で、グッパーがマッサージみたいにできるようになれば、
歩きながらグッパーされているワンコも、
心地よさを感じながら、リラックスできる。
なんと素晴らしい♪


それから、ペコをハンドリングして頂きました。
12033030-211.jpg

下の方の写真では、リードが張れて、
ペコがママさんを見ています。
しかも笑顔だ!
そして、リードが緩んだっ!

えっと・・・

ママさん、この時名前を呼んだのでしょうか・・・(汗)

いつものお散歩では、ペコがどんどん前を歩き、
こういう状況になるのは、ほとんどお散歩終盤にあるかないかです^^;
まったくもって「ひとり旅」でした。

リードが張れるタイミング、そして名前を呼ぶ、褒めるタイミング。
絶妙なものがあるんだと思います。

これは今後の取り組み課題のひとつ。


対人、対犬に対するガウガウ突進。
これも質問しました。

ちょうどいいタイミングで、
この時ぶんちゃんにガウガウしちゃった^^;

なすすべもなく、慌てる私に、
「おぉ!興奮すると尻尾が上がるんだね♪」と冷静なママさん。

ここでちょっと話がそれますが・・・

平穏無事なように見える散トレ中、
何度かペコがガウる場面がありました。

そんな時、普段の私は、緊張し、ぐっと身構えてしまうのですが、
皆さんが一斉に「ペコ~♪」「ペコく~ん♪」と呼んで下さって、
その時はすでにトリーツポーチからおやつを取り出していらっしゃるのです(@_@;)

ガウった事に緊張したり、張り詰めた空気が一切なく、
「けっこう太い声だねぇ!」とか
「やっぱりオトコだねぇ!」とか(笑)

これには、ペコ父も驚いていました。

こういう「飼い主も、ワンコも否定しない。」
そして、自分の仔だけでなく、周りの仔をしっかり見ている。
この空気感が散トレに共通するものなんだろうな・・・。



・・・というところで、話を元にもどします(汗)

ママさんは、
「ガウガウ突進でリードが張ったら名前を呼んでください。」とおっしゃいました。

えっと・・・名前を呼ぶの?
一瞬そう思いました。

けれどもね、ママさんが2~3回「名前を呼んでおやつ」をした後、
ちょうど広場の外を通りかかったおじさんに向かってガウった時、
私が「ペコ♪」と呼んだら、戻ってきたんですよ(@_@;)

これ、たまたまではなく、
何度か成功しました。

これが「対提示」というやつですよ。

リードが張った。名前を呼ばれた。

名前が嬉しい事、いい事に印象づけられていたら、
戻ってくる事ができるんですねぇ・・・。

だからママさんが常に、「名前を呼んでおやつ」は基本だというのは、こういう事なんですね。

だから名前を強烈に印象づける。
嫌な事をする時には名前を呼んじゃいけないんです。


自分の事に置き換えて考えてみました。

バーゲン会場に一目散に走っている時、
名前と何が印象づけられてたら「え?何?」って振りかえられるかな?

「ペコ母~♪(福山雅治がいる)」
「ペコ母~♪(1万円落ちてる)」
「ペコ母~♪(激ウマスイーツ)」

振り返りますよね。絶対。

でも、その「ペコ母~♪」の中に、
今日の晩御飯なに?とか、
あ、明日までに洗濯しといて!という印象が少しでもあったら、
必ずしも振り返りたくありません(笑)

そういう事なんでしょうね。
「対提示」って。←違うかも^^;


そんなわけで、「名前を呼んでおやつ」は最強な武器だと言う事を改めて実感したのです。




まだまだ続きます(汗)

続きは、明日になるかも・・・

※出発前のコメントなど、お返事遅れます。ごめんなさい<(_ _)>
突然みかん売りのおじさんが声をかけてきました。

「いくつになったの~?」(ワンコの年齢のこと)
と言いながら近づき、ワシワシ^^;


コムタンも^^;
1203301-9.jpg


知り合いのいつものおじさんなのかな?と思い、
私は遠巻きに見ていたのですが・・・。

なんと!知らないおじさんだったんだって(@_@;)

※いつも撫でてもらうわけではありません。
 状況によってお断りされていました。

 

私はまだペコを人に撫でてもらう事ができません。
大丈夫そうかな・・・と思っても、
一瞬でガウっと空噛みするからです。
その時、歯が当たってしまう事がこわい。



これは、洋犬と和犬の違い、
また個体による違いなのかもしれませんが・・・。

人社会の中で生きる以上、
人とのかかわりは避けられない。
これは、一生の課題として取り組んでいかなければいけないと思います。

触られるのが嫌いだから・・・
そう決めつけてしまって、人との交流を避け続けることで、
ワンコにとっては平穏に暮らせるのかもしれませんが、
これでは「飼い主以外は信用できないぞっ!」と犬に言い聞かせているようなものです。

ペコを、決して人に対して尻尾フリフリな、
フレンドリー犬にしたいわけではありません。
っていうか、ならないと思うし(汗)

けれど、最低限、
「人を信用してもいいんだよ。」
「人は危害を加えたりしないんだよ。」
「人を威嚇して、追い払う必要などないんだよ。」

それはずっと伝えていかなければと思います。



さて、話を戻しまして・・・

ペコは、いつものお散歩と状況が違う事がわかったのか、
わからないのか・・・
それでもなんだか楽しいらしく、ニヤリ(笑)
1203301-10.jpg



隙をみて、はなちゃんの匂いを嗅ぎに行くペコ。
そしてペコ母を「この人だれだ?」と見上げるコムタン(笑)
1203301-7.jpg

いつもなら、初対面の自分より大きな仔に平常心ではいられないペコ。
はなちゃんの穏やかな空気、気配、そんなものを感じとっているから、
こうやってガウらずにいられているんです。


そこへ・・・
ぶん太くん登場!!
グレーのバッグがぶん太母さん。

ペコはぶん太くんに向かってガウガウ!!
飛び上がっています^^;
1203301-12-1.jpg

でも、ぶん太くんはペコの事など眼中になく、
小麦かぁちゃんの前でオスワリ。
おかげで、ペコも落ち着くことができました。


ぶん太くんと、ぶん太母さん。
1203301-12.jpg

ぶん太母さん、ブログはされていませんが、
ツイッターでは、いつも熱いつぶやきをされていらっしゃいます。
チャーリーママ組、黒柴つながり、ギックリ腰つながり(笑)で、
ツイッターでは、以前から交流させて頂いていました。

ぶん太母さんも、噛みに悩んでおられたおひとりです。

でもツイッターの写真で見るぶん太くんは、
それが全く感じないんですよねぇ。
そして実際に会ったぶん太くん。
人見知りする事もなく、初対面の私にも、
つぶらな瞳をなげかけてくれました。
かわいすぎる!胸キュン♪です。

でもね、これもぶん太母さんの汗と涙の結晶なのです。

ぶん太くんをカートに乗せ、電車に乗り、
各地の散トレに参加され、おやつのもらい方を研究し、
そしてとうとうぶん太くん、
人からおやつをもらえる、おねだりができるようになったのです。

ぶん太母さんも素敵な方でした。
楽しい、明るい、そして感情豊か♪
感性が鋭いっ!
泣いたり、笑ったりしながら、ぶん太くんとの絆を深めてこられたんだなぁ・・・。
そんなこと考えながら、ぶん太母さんの笑顔を見て、
ウルウルしてしまいました。


ぶん太くんが来て、全員がそろいました。
歩きながらいよいよ広場へ向かいます。
1203301-11-2.jpg

初対面のワンコさんには基本スルーなコムタン。
小麦かぁちゃんもソフトなインターセプトをしていらっしゃいましたが、
こんなシーンも!
小麦のかぁちゃんのリード、ユルユルですぞっ!!
ペコのリードはピーン(汗)
1203301-13-1.jpg


こういう時に、取り組みの違いを感じます。
リードをユルユルにできないのは、ペコが信用できないから。
一瞬でガウっとしてしまうから。
でも実は、このリードの張りが緊張を呼び、ガウっとする・・・

(あ、これについては、別途書きます)



芝生の広場についたよ~!
いつもママさんのブログで見る景色・・・

はなちゃん、広場で嬉しくてほふく前進^^
おかぁちゃんの姿勢、綺麗ですよね・・・。
惚れぼれしてしまいます・・・・
1203301-15-3-1.jpg





ぶんちゃんがはなちゃんにラブアタック♪
下の写真のぶん母さんの右手に注目!
思わずグッとリードをつかむところですが、
この手の添えかた・・・。こちらも年季が入っています。綺麗ですよね。
1203301-16.jpg
1203301-16-1.jpg



自己紹介がはじまりました。
1203301-17.jpg


私、ずっと自己紹介を妄想して、イメトレしていました・・・。
ところがどっこい、すっとこどっこい。ダメですね。
すっかり吹っ飛びました(汗)

何を言ったのか、ほとんど記憶にございませんです。

泣いちゃいけないと思うのもあって、
とにかくしゃべったのは確かでございます。

しかもそれぞれの方の自己紹介でメモをとるつもりが、
すっかり忘れ・・・
これぞ、散トレマジック!!(注:違います)


自己紹介中は、それぞれのスタイルで。


ホールドラッピングでくつろぐはなちゃん。
1203301-18.jpg


かぁちゃんが自己紹介中って、わかってるんだね。
1203301-19.jpg


ぶんちゃん、りりしい。
1203301-20.jpg


背中でお互いを感じる黒柴ズ。
1203301-21.jpg



自己紹介でこれまでの取り組みや、
現在進行中の取り組みをお聞きし、
いよいよトレーニングです。


続きます。
3月30日~31日までの2日間。
念願だったチャーリーママさんの、
お散歩トレーニングに参加させて頂きました。

まずはじめに、改めて・・・
チャーリーママ先生、小田原の散トレに急遽ご参加下さった方々、
そして、2日目も雨の中集まって下さった方々、
ツイッター、ブログ内のコメント・拍手コメントで、
ずっと応援、状況を見守って下さった方々、
すべての方々に心から感謝しています。

本当に、本当にありがとうございました。


さて、ご報告です。


31日(土)がピンポイントで雨の予報。
散トレが実施できない可能性が高いため、
ママさんが急遽設定してくださった前日30日の散トレ。

ペコ家は、小田原城に15時集合をめざし、
30日6時過ぎに家を出ました。

福井から小田原までは、6~7時間の予想。
余裕で到着の予定でした・・・。

ところが途中、岡崎付近で事故渋滞が・・・orz

およそ2時間のロスです。

この間もツイッターで状況報告しながら現地に向かうペコ家に、
すべての道は繋がってる!大丈夫!などなど、応援の声が。
おかげでペコ父も渋滞にイライラする事なく(汗)
ご機嫌に運転する事ができました。感謝、感謝です。

車内ではぐっすりのペコ^^;



・・・あぁ、じれったい。
途中の状況などはすっとばしましょう!!

散トレに参加できない方のためにも、
疑似体験をして頂けるよう、詳細に記録したいと思いますですっ!!



なんとか無事に、集合時間の15時、小田原城に到着できました!


あっ!あの人はっ!!
1203301-3.jpg

とうとう会えました!チャーリーママさんっ!!
1203301-2-1.jpg

小田原城の二の丸広場では、「かまぼこまつり」が行われており、
たくさんの販売テントや、人々で賑わっていました。
こんな人の多いところに来るのは、初めてです。

興奮状態のペコ一家に、ママさん穏やかな声で、


「あぁ、ホントに尻尾下がってるのね♪」(笑)


一気に興奮と、緊張の糸が切れ、ふっと肩の力が抜けました。


ママさんは、ブログのお写真や、動画のまんま。そのままの方でした。
だから、初めてお会いしたけれど、初めての気がしませんでした。
ブログでの語りはあんなに熱いのに、たたずまいは穏やか、静か。
声のトーンもやわらかくて、静かです。
でも、眼差しがするどい。
そして、じっと目を見てお話して下さるので、
その瞳と言葉に吸い込まれそうになりました。

今回、散トレに急遽来て下さったのは・・・

ママさんのブログではおなじみの、はなのおかぁちゃんとはなちゃん、
小麦のかぁちゃんと小麦くん、ぶん太母さんとぶん太くん。です。

ぶん太母さん、なんと!ぶん太くんをカートに乗せ、
新幹線で来て下さると言う事で、到着が少し遅れているとのこと。


そこへ・・・


はなちゃん、登場です!!
1203301-4.jpg

とてもピカピカ、ツヤツヤの毛並み。
想像してたより、一回りくらい小さいかな?と思いました。
それでも、ニコニコ笑顔のはなちゃん。可愛い♪
そして、おかぁちゃん!!
想像どおりです。
ニコニコ笑顔が素敵で、ほんわかやさしくて、
すべてのものを包みこんでくれる温かい雰囲気がありました。
はなちゃんのハイパー(?)を、しっかり受け止め、認め、
そして、取り組んで。
今があるのは、おかぁちゃんあってこそ!
赤い糸って本当にあるんだね。



わ~い♪コムタンだ~~っ!!
1203301-5.jpg

小麦のかぁちゃんがブログで「怪獣化する」と書かれていらしゃいますが・・・
出会った姿が、とても穏やかで、まるで愛情の塊がトコトコ歩いてるみたい。
かぁちゃんは明るくテキパキとお話され、
私の方がずっと年上ですが、お姉さん!って言いたくなるような、
とてもしっかりされている印象でした。
そして、このしんの強さがコムタンとの今を作り出しているんだ。


はじめましてのご挨拶の後、しばらく歩きました。
このご挨拶は飼い主同士。
ワンコ同士で挨拶はさせていません。

ワンコ同士はお互いに存在を確認、意識する程度。
それで、そのまま歩くのです。これ重要だと思いました。



あ、コムタン、カメラ目線(笑)
1203301-6.jpg


この歩いている時にも、色々気づく事がありました。



ママさんは、
「リードは常に緩める」とおっしゃっていますが、
はなちゃんも、コムタンも、歩いている時は確かに緩んでいます。

咄嗟の時は張ることもありますが、
それでも、ユルユル。

そして、アイコンタクトが多い。
はなちゃんも、コムタンも自分のおかぁちゃんを見上げる事が多いのです。


「一人旅させない」

これもママさんが、常々おっしゃっていますが、
ワンコと飼い主の二人の世界があるのです。


そして、笑顔。楽しく穏やかな雰囲気。


緊張感が全くありません。
それは、ダラ~っとしているという意味ではなく、
ピリピリとしたものが一切ない。


それから、それから・・・

小麦のかぁちゃん。
常にソフトなインターセプトをして下さっています。

一緒に歩いていると、どうしても近づいてしまうのですが、
ハっとした時には、小麦のかぁちゃんのおしりがある(笑)

それも、バタバタしてません。
空気のような、ソフトな感じ。


あぁ、素敵すぎる・・・・



こうやって歩いていたら、みかん売りのおじさんに声をかけられました・・・。




長くなったので、次に続きます。
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。