上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が犬のお勉強をしているチャーリードッグスクールの真利子先生が、
セミナーを受講されたということで、その新着記事を読みました。

好子あふれる場所、時を作り続ける


きっと、深刻に悩んでいる方、相談が多いんだろうな・・・。



刺激に対する恐怖からくる、攻撃性。
ペコは芝生の広場へ行くと、
その場所への恐怖からスイッチが入り噛みが出ていました。



検索をかけると、だいたい2011年の2月ごろから芝生の広場に通いはじめ、
その年の10月ごろには、なんとか普通に歩けるようになっています。
8か月くらいかかってる。

カテゴリー 芝生の広場


当時、ベソかきながらも頑張って記録したことが、
こういう時に役立つんだなぁ・・・と、
改めて、記録の大切さを感じています。


この芝生広場、今ではよほどチビッコの大群がいなければ
走ったり、探索したり、その場所を十分に堪能できるようになりました♪


この8ヶ月。という期間を、長いと感じるか、
短いと感じるか、人それぞれかもしれません。

しかもこれ、
あくまでも「ペコが芝生の広場で普通に歩けるようになった期間」であって、
個体差や、恐怖の度合いにより、
その期間だって、もっと長くかかるかもしれない。

でも、それって、当たり前の事ジャマイカ?



私、今だに「歯医者さん」嫌いです。
いい大人だから、我慢して行きますけど、
喜んで行きたくはない。

歯医者さんに限らず、病院って、誰しも好んで行きはしないと思いますが^^;

幼稚園に入るか入らないかの頃だと思います。
虫歯の治療で歯医者に連れていかれるも、
頑として口を開かなかった、私。

困った母は、少し遠くの歯医者さんに連れて行きました。

治療台に座らせられると、いきなり「さるぐつわ」みたいな器具を口に取り付けられ、
身体をバンドで固定され、助手のおばさんが私の上に馬乗りに・・・( ̄▽ ̄;)

私、この時の光景を、今でも鮮明に記憶しています。


さすがに、今じゃこんな歯医者があったら、問題になると思いますが。
当時はあったんです。これ実話。


だから、ペコが8か月で怖くてしかたなかった芝生の広場へ、
普通に行けるようになって、
今じゃその場所を堪能できるようになったって、
ある意味すごい!事だと思うのだけど!



で、自分の芝生広場への取り組みを読んで、
その時は曖昧だった理論的なものが、今読み返すと、
これって、ちゃんと理にかなったものだったんだなぁ・・・と思います。
え?今更ジロー?( ̄▽ ̄;)




広場にいる事が恐怖であるならば、
その恐怖という反応に働きかけるために、広場でおやつを食べたり、
私をターゲットにして歩いたり、
前に立つと自動的にオスワリできるようにしてみたり・・・
コツコツ取り組んでいたんですよね。

で、いつのまにか、平気になった♪ヽ(゚∀゚)ノ


レスポンデント反応とオペラント反応

↑本家ブログの記事です。
恐怖などの情動からくる反応についての記事は沢山ありまして、
専門用語が出てくると、すっ飛ばしたくなりますが、
理論がわかると、理解も深くなる。
それが、応用できるようになれば、次に困った事が起きても、
オロオロして、先生に聞かなくても、自分で解決できる力がつく!!
私はペコの専属トレーナー!!ヽ(゚∀゚)ノ


・・・って調子に乗り過ぎ( ̄▽ ̄;)


自分が問題と思って取り組んでいると、
取り組みを同じくする方との出会いなども増え、
もしや、問題犬ばかりなのか?って思いがちですが、
実際のところは、ちっさい問題がチョコチョコありつつも、
平和に暮らしている人と犬の方が多いのかもしれません。


けど、ペコのように、おそらく先天的な要因と、
習得的な要因とが深く絡み合って、
自分ではどうしようもない「情動」を持ってしまう仔がいて、
でも、コツコツ取り組んでる人たちが、少なからずいる。
という事を知ってほしいと思います。


ショップから家に連れ帰ってすぐのペコ。
CIMG7510.jpg



チビッコの大群や、歓声が苦手なのは、
ショップにいた時に刻まれた、
深くて怖い記憶なのかもしれないね。


スポンサーサイト
全国的に雪が降ったようですね。

ペコ地方も、夜中にしんしんと降り続き、
今日も日中降ったので、平野部でも20センチの積雪だそうです。

そんなわけで、今日は仕事から帰ると、
お向かいさんが雪かきをしていました。
ペコ母、慌てて荷物を置くと、急いで雪かきに参戦。
お向かいさんはいつも雪かきに熱心なので、
少々プレッシャーであります^^;

その後すぐにお散歩へ・・・。

そうそう、ペコ父が昨日から出張なので、
朝のお散歩もペコ母が行ってるんです。

もうすでにヨレヨレ、クタクタの母^^;
それでもペコは元気!元気!

雪の道を跳ねるように走る、走る!!

車が通ったあとの「わだち」は、ペコ母もなんとか歩けますが、
お散歩コースは田んぼのど真ん中の道が多く、
車も通らないので長靴が埋まってしまい、うまく歩けません。

ペコがぐいぐい引っ張ってくれました。
そうそう♪お母さんを引っ張っておくれ^^;

リードゆるゆる、今日は勘弁してもらってもいいよね(ナイショ)

いつもの芝生広場もこの通り、雪景色です。

12012502.jpg



12012504.jpg

暗くて見にくいですが。跳ねるように走りました♪


家に帰ると長靴の中は、雪だらけ。
子供たちの通学の大変さ、ちょっとわかりました。

はしゃぎすぎて、お疲れ様のペコさん。
12012501.jpg


お散歩中に、雷が鳴っていました。
ペコ地方では、「雪雷(ゆきがみなり)」という、
冬に雪がどーんと降る前には、お知らせの雷が鳴ります。

明日の朝、たくさん積もってないと良いのですが・・・。
ペコ父がいないから、明日の朝もお散歩です。

身体がもつかしらん^^;

クリスマス3連休。
ペコ地方は大雪の恐れがあるらしいですが、
長男は最後のセンタープレ(模試)のために、
今日と明日は朝から夕方まで試験です。

先日、高校へ三者面談に行ったら、
後ろの黒板に「センター試験まであと25日!」
とピンクのチョークで書いてありました。

大変だなぁ・・・と思う反面、
青春だなぁ・・・と感慨深い思いに浸ってしまったペコ母です。

さてさて。

チャーリーママさんのブログや、皆さんのブログで、
お散歩トレーニングの様子を拝見し、
いつも羨ましく思っているペコ母です。

なにしろ、最近は毎日雨や、みぞれの天気が続き寒いせいか、
お散歩で、ワンコさんにさっぱり出会えません。

でも、羨ましがってたってはじまらない!
基礎トレに励むぞ!と、ひとりお散歩トレーニング気分で歩いています。

先日、ご近所の犬飼いおじさんが、犬なしウォーキングをされていました。

「寒いですね~!ウォーキングですか?」と話しかけたら、

「えらいねぇ、いつも。
 ずいぶん長い時間散歩してるよね。
 よく走ってるし(笑)
 今日も家の窓からペコちゃんと歩いてるのが見えて、
 それから随分たってから家を出たけど、今帰りなんでしょ?」

「アハハ!走ってるのも見えてましたか^^;」


その言葉がとても嬉しかったんです。素直に。


以前にも書きましたが、
うちのペコさん、家の中では尻尾が下がってるのがデフォルト状態なんですが、
最近はお散歩だと尻尾が上がるんです。
11121901.jpg


ってことは、家の中はどんだけ退屈なんだ?って気になりますが、
リラックスしてるって事にして、気にしないようにしています。
だって、尻尾に問題ないって、病院では言われているし、
もしやストレス??って考えても、どうしようもないですもんね。

だから、お散歩の時は、できるだけ楽しい気分にさせてあげたい。
走ると表情も生き生きするしね。

平日はペコ父、長男、次男の順に家を出て、
それから母が出かけるのですが、
次男が家を出たころから、ペコはお留守番モードに自分できりかえるみたいです。
こんな風に寝はじめる^^;
11122001.jpg

今日から雪が降るらしいけど、積もるのかなぁ?

たくさん積もったら、ペコはきっと楽しいだろうね。

ペコ地方、だんだん冬の気配が近づいています。

11月になると、空が低くなり、毎日すっきりしない曇りや雨のお天気が続きます。
北陸地方独特のこの時期の空模様。

今日は、そろそろそんな時期に入ったのかな・・・と思うような空でした。

そして、その空模様と同じようなペコ母の心模様^^;

昨日歩けなかった事をペコ父に話していたのですが、
なんと、朝は全く問題がなかったようなのです。

ガーーーン!!

ペコ父、無理矢理引っ張ってんじゃ?疑惑が浮上しましたが、
そんなこともなかったようです。


なんでーーー?



で、夕方です。


すごい引っ張り。
グッパーしながら歩きましたが、引っ張る、引っ張る。

歩かないよりましだ。と思っていたら、突然固まりました。


誰もいないのに、遠くを見つめて、鼻をひくひくさせています。


インターセプトで視界をさえぎったり、
少し横腹に足をくっつけたり(以前はこれで歩きだした事があります)してみましたが、
固まったまま・・・。


もう、こうなったら、待ってやれ!!

そう思って、少し離れたところでペコに背を向け、自ら歩きだすのを待ちました。
5時ですが、すっかり暗くなって、ハーネスだけが光ってる!

111107.jpg



・・・・・。



10分近く待ったでしょうか。


ノロノロとゆっくりですが、歩きだしたペコさん。

草むらの臭いを嗅いだら、落ち着いたんでしょうか。
その後は普通に歩けるようになりました。

向こうからくるウォーキングのおじさんにも固まることなく、
ペコ母が間に入り、やり過ごすことができました。

また固まるかな?と思いましたが、そのまま歩けた。



家に帰ってから、またママさんのブログを検索、検索。

一歩が動き出せない時には

以下 記事抜粋

我に返って、固まって動けない・・・シャイな犬。
さて、どうしましょうか?

実は何もこちらからはできなかったりするんですよ。

なぜか? 励ましたり、なだめたり・・・
いろいろするのは 人にとっては良いこと、なのでしょうけど
犬にとっては普段とは違うこと、なのです。
言葉が通じませんから、何だか様子が違うと感じます。

だから・・・ 心配そうな飼い主さんの顔といつもと違った雰囲気で
ますます固まってしまうのですよね。
だから・・・ 動きたくなるまでそのまま待ちます。
そのまま待っていることもトレーニングだと思えばいいのです。

何にもしないトレーニング。 少しは何かをするのでしたら・・・(笑)
飼い主さんはリードの長さ分離れて 地面に腰でもおろしてみましょうか。


記事は続きますが、最後に


犬はそんなに弱々しくはありません。
飼い主さんの大げさなフォローが、犬の自信を奪っていないでしょうか?
犬も飼い主さんも共に自信をつけるために、 どうしたらよいか考えましょう。



うひゃ~!やっぱり「飼い主が考える」これにつきるんですね^^;


で、思ったのですが・・・

ペコ父のお散歩では固まらない。
どこが違うのかな?


ペコ父、きっと考えすぎてないんじゃないかな?と思ったんです。

朝起きて、寝ぼけた状態で行くお散歩。
ペコ母のようにペコの行動を逐一観察していないと思われます。
とりあえずインターセプトはしているようですが、
それも怪しいかも・・・(笑)

で、ママさんの別の記事のコメントに興味深いものがあったんです。

一歳くらいの若い犬にはありがちな行動です。
犬は般化が苦手、と何度かお話していますよね。
人にはついて歩く、というように考えるのが苦手で
お父さんはさっさと歩く人、だから着いて行く
お母さんは、座りこむということを聞いてくれる、だからまた座っちゃおう~



うーむ・・・。

やっぱり私が改めるべきところがあるのかも・・・。


悔しいけど、ペコ父に聞いてみようか^^;
今日はとても暖かい一日でした。
早めにお散歩に出かけ、トータルで2時間くらい遊んでしまいました^^

途中で名前を呼んでおやつ、おやつマグネットを取り入れたり、
インターセプトでオスワリ、タンタン♪
オスワリしないで立ったままアイコンタクトでタンタン♪とか。

お散歩トレーニングには参加できないけれど、
毎日のお散歩が自主トレです。


前に立ったら自動的にオスワリできたよ♪
いやん、かわゆす☆(親バカ)
DSC_0123.jpg




・・・と思ったら、
なんか文句言ってるみたい(笑)

newimage1-Opt.gif


途中でお嬢ちゃんのおじいちゃんと、ヨーキーのおばちゃんに出会いました。
おじいちゃんと、おばちゃん、カラオケ喫茶の話で盛り上がってます^^

ペコがパピーの頃から、一緒に歩いてくれた貴重なワンコさん達なので、
ペコも落ち着いていられるんですよね。ありがたいことです。

おじいちゃんファンの方、必見動画です!!(ファンいるのかな?^^;)





こんなにおだやかに、楽しくお散歩ができる日が来ることを、
数か月前は想像できませんでした。


今、渦中におられる方。

どうかあきらめずに踏ん張って下さいね!!

・・・っていうか、私もまだまだ頑張りまっする^^;


数日前から、肩こりが激やばなペコ母です。

カッチカチやぞ!! マジです。

首から、肩から、サOンパス貼りまくり、
お年寄り臭(?)をプンプン放っています。

においのしないやつは値段も高いので、質より量!!の世界です。

こうして少しずつ体臭が、お年寄り臭になっていくのでしょうか・・・^^;
ナフタリンみたいな、仁丹みたいな、サOンパスみたいな臭いしません?お年寄りって。
でも嫌いじゃないです。私は。



さて、ペコさん。


今朝のお散歩は、河川敷に行きました!!
お嬢ちゃんと出会った頃に一度行って以来、2度目です。

家からは、いつもの芝生広場よりもずっと近いのに、
今までは、ハードルが高くて行けずにいました。

とにかく広い場所に行くと、脳の制御ができなくなって、
スイッチが入ってしまうペコさん。

芝生の広場にも慣れたし、そろそろ次のステップ♪ですよ。
だって、いつかはママさんの散トレに参加するつもりなんだもん。
それまでにメンタルキャパシティーを少しでも広くしておきたい。


河川敷を目にし、その広さに立ちつくすペコ。
その広さはいつもの芝生広場とは比べ物にならない!!
11102902.jpg



お母さん、この道は一体どこまで続いているの?
11102901.jpg



グランドゴルフ(ゲートボールみたいなお年寄りのスポーツ)のために、
ぞくぞくとおじいちゃん、おばあちゃんの車が河川敷の駐車場に到着。
いちいち反応し、固まるペコさん。
11102904.jpg



やばい、やばい!ぼくちゃん怖くなってきたよ!!(顔ひきつってる)
11102903.jpg



高速回転しちゃいました。テヘっ♪
11102905.jpg



やっぱりですね、広い場所が苦手なんです。
脳の制御が乱れるんですね。

高速スピンが2回ありました。
けれども転位的に咬みついてくることはなく。
頑張ったね!ペコちゃん!!


これ、「広い、広すぎる・・・」の感覚です。


チャーママさん本家ブログ 「広すぎる」検索結果



右耳なんてもう、ぺったんこですよ。
111029.jpg



右耳がマラセチアになりやすいペコですが、
つい先日病院で診てもらって、すっかりよくなっているはずです。

だから、この右耳のぺったんこは、
パニック状態で起こっているものだと思います。

何度か頭を振り、しばらくぺったんこでしたが、
いつものお散歩コースに帰ってきた頃には、元に戻っていました。


きっと、ペコの脳内では、
何かが起こっているんでしょう。



帰りはすっごい早足です(笑)
普通に歩いているように見えますが、これ、怖い時の歩き方です。
背中からお尻にかけて丸くなっています。
猫背気味っていうのかな?頭は下がり気味。
1年たって、ようやくそんなこともわかってきました。






脳の制御で疲れたのでしょう。朝ごはんを食べたらウトウト・・・
11102906.jpg



怖いからって避けていたらずっとそのまま。
あなたには、乗り越えるり力がきっとある!!
ゆっくり焦らず、一緒に頑張ろうね♪


夕方のお散歩で、お友達のトイプーちゃんに出会いました。
この仔はとっても積極的で、いつもペコにまとわりついてきてくれます^^;

で、今まではこの仔にまとわりつかれると、
ペコはとても迷惑そうにしていました。
(そういう感じに見えた)


いいかげんにしろっ!ガウっ!


それでも通じないと、クルクル高速回転をし、
自分で興奮を抑えようとするんですね。

もちろん母は、2ワンの間にインターセプトしますが、
トイプーちゃん、ちっちゃいから、すり抜けちゃうんです^^;
ダメじゃん、そこの飼い主!・・・って私かぁ!


なので、ペコ母はそんなペコの姿を見て可哀想だな・・・と思ってしまい、
なるべく挨拶程度にしたり、しつこくされる前に一緒に歩きましょ♪と誘ったりしていました。


ところが今日は、様子がちょっと変わっていました。


久々に会ったので、いつもより激しくペコにまとわりつくトイプーちゃん。
ペコの廻りをちょろちょろしたり、ちょっとアタックしてみたり♪

で、ペコはそんなトイプーちゃんを無視してずんずん歩きますが、
それでもやめないので、時々パクっ!と空噛みをしました。

何度かトイプーちゃんに空噛みをしながら歩いていたのですが、
それがなんだか楽しそうに見えたんです。
明らかに攻撃や防御の空噛みではないような・・・。


中学生の男子が、女子に誘われて、

「おまえ~!しつこいぞっ!」

「いいじゃん!ねぇねぇ♪」

「いいかげんにしろよ~!」

「遊ぼうよ~!ねぇいいでしょ♪」

「も~しょーがないなぁ~^^;」


そんなやりとりに見えたのですよ。


擬人化はよくないと豪語していた矢先の、めっちゃ擬人化です^^;


その後2ワンはつかず離れず、時々お互いを確認し合いながら、
一緒に楽しそうに歩く事ができました♪


空噛みはあったけれど、ペコ母の目からみて、
楽しそうであったなら、2ワンのやりとりは間違いじゃないのかな??

もう、なんでもかんでも、「これでいいのかな?」って(笑)



もっと自信を持って!自分の目を信じろっ!!




お散歩から帰って、玄関でおやつタイムです。
そ~っとね♪と言うと、手を添えてくれるので、
それが可愛くて仕方ないの図^^

11102001.jpg




いつもペコに「自信を持たせてあげたい」なんて言ってますが、
一番自信がなかったのは、飼い主だったかも^^;




夕方のお散歩で、お友達のトイプーちゃんに出会いました。
この仔はとっても積極的で、いつもペコにまとわりついてきてくれます^^;

で、今まではこの仔にまとわりつかれると、
ペコはとても迷惑そうにしていました。
(そういう感じに見えた)


いいかげんにしろっ!ガウっ!


それでも通じないと、クルクル高速回転をし、
自分で興奮を抑えようとするんですね。

もちろん母は、2ワンの間にインターセプトしますが、
トイプーちゃん、ちっちゃいから、すり抜けちゃうんです^^;
ダメじゃん、そこの飼い主!・・・って私かぁ!


なので、ペコ母はそんなペコの姿を見て可哀想だな・・・と思ってしまい、
なるべく挨拶程度にしたり、しつこくされる前に一緒に歩きましょ♪と誘ったりしていました。


ところが今日は、様子がちょっと変わってきました。


久々に会ったので、いつもより激しくペコにまとわりつくトイプーちゃん。
ペコの廻りをちょろちょろしたり、ちょっとアタックしてみたり♪

で、ペコはそんなトイプーちゃんを無視してずんずん歩きますが、
それでもやめないので、時々パクっ!と空噛みをしました。

何度かトイプーちゃんに空噛みをしながら歩いていたのですが、
それがなんだか楽しそうに見えたんです。
明らかに攻撃や防御の空噛みではないような・・・。


中学生の男子が、女子に誘われて、

「おまえ~!しつこいぞっ!」

「いいじゃん!ねぇねぇ♪」

「いいかげんにしろよ~!」

「遊ぼうよ~!ねぇいいでしょ♪」

「も~しょーがないなぁ~^^;」


そんなやりとりに見えたのですよ。


擬人化はよくないと豪語していた矢先の、めっちゃ擬人化です^^;


その後2ワンはつかず離れず、時々お互いを確認し合いながら、
一緒に楽しそうに歩く事ができました♪


空噛みはあったけれど、ペコ母の目からみて、
楽しそうであったなら、2ワンのやりとりは間違いじゃないのかな??

もう、なんでもかんでも、「これでいいのかな?」って(笑)



もっと自信を持って!自分の目を信じろっ!!




お散歩から帰って、玄関でおやつタイムです。
そ~っとね♪と言うと、手を添えてくれるので、
それが可愛くて仕方ないの図^^





いつもペコに「自信を持たせてあげたい」なんて言ってますが、
一番自信がなかったのは、飼い主だったかも^^;






QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。