上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福井座学、昨日、無事に終了いたしました♪


遠方よりお越し下さった真利子先生!
連日のハードなスケジュールの中、
めいっぱいお話し下さって、ありがとうございました!
そして、ご参加のみなさん!お疲れ様でした~♪ヽ(゚∀゚)ノ



初めに申し上げておきますが、
今回、長いです。
画面スクロール、長~くなると思います。
だって、だってね・・・。



今回の座学、
横浜在住のはやままさんが、
飛び入り参加してくれました♪

はやままさんは、黒柴つながりで仲良くしていて、
以前、ペコ家に来客トレしてくれた事のある、スクールのお仲間です♪
来客トレーニング@はやままさん


久々に会ったけど、
全然久々感、なかったよね~♪ ( ̄▽ ̄)


そして、なんと!!
今回の座学、
水面下で、ドッキリが仕掛けられておりました((((;゚Д゚))))


教室で、みんなの到着を待っていると、
真利子先生と、はやままさんと、もうひと方が教室に入ってきました。


「新しい方よ♪」と真利子先生。


「はじめまして~♪よろしくお願いしまぁ~す♪」


ん?


にこやかな中にも、キリっとした感じ。
第一印象から、おぬし、やるな!な。雰囲気を醸し出しているその人は・・・


なんと、大阪散トレ幹事の、ダクママさん!!Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ダックスだからダクやねん



えぇーーーーっ!! Σ(=゚ω゚=;)
思わず叫んでしまった私。

ダクママさんには、
以前から、ネット上ではやりとりさせて頂いてましたが、
実際、お会いするのは、初めて。
いや~・・・やられましたよ。
驚きと、感動と、嬉しいのと、わけわからない私。

ダクママさん、私の想像通り、熱い方だった!ヽ(゚∀゚)ノ
いつか、倍返ししてやるぜ!待ってろよーー!ヾ(。`Д´。)ノ


ドッキリ企画。って、
スクールの行事になってきてるの? ( ̄▽ ̄;)


そんなビックリから始まった福井座学。
さて、どうなることやら・・・。



座学の総括については、
スクールの方でまとめ内容をアップして下さるとの事ですので、
私としては、今回、心に残った事を、
ダイジェストでアウトプットしておこうと思います♪


古典的条件づけを重視するトレーニング・しつけという意味
※記事更新後、アップされていましたので、
 追記いたします♪


あー、自分でも、混乱してくるので、
専門用語は控えめにして、
現時点で、私が理解した、私の言葉。で書こうと思います。
ふふふ。あらかじめ、予防線張っとこう♪ ( ̄▽ ̄)



犬の社会化。


この言葉について。



犬の社会化期。
犬と暮らしていると、なんとなく耳にしたことがある言葉です。


子犬を迎えて、成犬になるまでの間に、
この社会化期は訪れる。と言われています。
その間に、犬を色々なものに慣らしましょう♪


そんな風に言われてしまうと、
社会化期を過ぎてしまった犬は、
慣らすことはできないのでは?と諦めてしまう人や、
社会化期の扉が閉じる前に、
色んなものに慣らさなくちゃいけないのかな?と、
極端に焦ってしまう人。がいるのかな?


けれど、私たちが学んでいる「社会化」は、
そのような狭義な意味の社会化。ではなく、
犬が最期の時を迎えるその日まで、
ずっと継続していく「社会化」なのです♪


だって、例えば、社会化期に慣れてしまったもの。でも、
成長と共に、それを恐れるようになったり、
警戒するようになったり・・・って、
これ生き物にとってごく自然なこと。だから。です。


成長過程で表れた、また今後現れるかもしれない、
犬にとっての様々な刺激の調整をしてあげる役目が、
私たち、飼い主である。ということ。


そのために、
刺激の調整に使う「二次強化子」をたくさん作ること。
また、
インターセプト、リードワークで、犬にわかりやすく伝えること。
伝えるために、犬のシグナルを学ぶこと。


これが、基本。であります♪


犬だけでなく、生き物の行動には、
オペラント行動(意識的に行う行動。行動の後に原因がある)と、
レスポンデント行動)(無意識に行う行動。行動の前に原因がある)
の二つがあります。


犬のしつけ。は、
たいてい、上の、オペラント行動。にたいする、
オペラント学習。を元にして行われます。


犬の良い行動を増やす。
犬の悪い行動を減らす。


「行動」に着目して、その行動をした後に、
飼い主が働きかけをして、増やしたり、減らしたり。
ざっくり言うと、そんな感じ。


それも、もちろん大事。
大事なのだけど・・・。
なんとなく、モヤモヤするもの。を感じていました。


だって、
その行動。をした「犬の気持ち」はどこへ行った?って。



吠えて何かを知らせたい。
怪しいものを確認したい。
気配を感じたので、走りだしたい。
驚いて、跳びあがった。


これは、犬だけじゃなく、人だってそうだし、
生き物に備わっている感覚。本能。


我が家のペコ。もそうです♪
デッキでのんびり昼寝していたかと思ったら、
突然、庭にピューーーっ!っと飛んで行った!!


何?何?と思って見ると、
隣の空き地に、のら猫がいました♪


犬が持つ、こんな能力って、
素晴らしいと思いませんか?


私は、素晴らしい♪と思います。



この「素晴らしい能力」はそのままに、
その行動を別の行動に置き換える。ばかりでなく、
二次強化子を使って、
その行動が起きた感情に働きかける。というのも、
同時進行で行う必要がある。

その行動は、犬にとっては正解♪だけど、
今は、しないよ。
わかったから、もういいよ♪
びっくりしたね。けど、そんなに怖がるものでもないよ。
が、伝えられるようになる。を目指すこと。


自分で書いてて思いますが、
こうやって書くと、「じゃ、具体的にどうしたら?」
という疑問が沸くのがあたりまえ。なんでしょうか。


特に、今、大変な渦中にいる人にとっては、
今、この行動をなんとかしたい!って必死なのだから、
そんな気の長いこと、やってらんねー!って思うのかもしれません。


そんな人が、
心を開いてみよう!
考えを変えてみよう!って、自分自身で感じるためには・・・。


犬を厳しく叱らなくても、痛い思いをさせなくても、
たまに失敗しても、病気があっても、
それでも、楽しく暮らせている、私たち、犬と飼い主を、
実例。として、伝えていくこと。

また、具体的に説明できる力、
伝えられる力を身にをつけたい。



今回の座学。を受講して、
一番大きな私の感想。は、ココ。につきます。



P1010001_201408310940161a2.jpg




普段、お散歩をしていて、
リードショックをかけられたり、
吊り上げられたりしている犬のことを見たりすると、
何もできない自分に、がっくりすること。があります。


それについて、
印象に残ったお話しを・・・。



何か継続してできなくても、
その犬にとって、今この瞬間に、自分をどう印象付けられるか。が大事。
犬は、瞬間を生きています。
その時、一瞬でも、嬉しい!楽しい!気持ちがあれば、
犬はその時、満足してくれる。

人間目線ではない、犬目線での、
この人、いい人!を、印象付けられるか。が大事なこと。


それは、自分の犬だけでなく、
関わった犬、すべてに対して・・・。



思わず、実家の母が浮かびました。



ワタクシゴト。ですが。
実家の父のいきつけの喫茶店に、連れて行ってもらった時。
そこのマスターがとても感じの良い方だったのです。

口調は穏やか。
そして、私たちを見る目が優しさに溢れてる。
初対面の私がそう思ったほど、感じが良かったのですよ。

そしたら、食事中に、認知症の母が、
何度も、
あの人、いい人♪
あの人、いい人♪と、
繰り返し言うのです。

認知症は、
論理的な記憶や感覚を先に失い、
情緒的な記憶や感覚は、
いつまでも残ると言われています。

嬉しい、楽しい、好き♪
辛い、怖い、嫌い!
の記憶や感情は強く残るのです。

そんな母が、
いい人♪認定したと言うこと。


たぶんね、母の異常な行動から、
母なりに、まわりからの視線を感じとっている。んだと思います。


だから、母にとって、マスターは、
きっと、脅威を感じない視線であり、
物腰だったんだと思います。



今朝のペコです。


10368899_326436744203890_5230838681016180843_o.jpg


朝んぽでのこと。
前方から女性が歩いてきました。


こんなシーンでは、
どーってことなく普通にすれ違えるところなのに、
ペコがふと立ち止まり、女性もこちらを向いて立ち止まり。


ウチも、この前まで黒い仔がいたのよ。
歩いてくる姿を見て、
ウチの仔を思い出しちゃったわ。

涙ぐみながら、優しい声と、
優しい視線で、
ペコを愛しそうに見つめる女性。


何かを感じとったかのように、
佇むペコさん。


あら、わかるのかしらねぇ。
ありがとう。
さぁ、涼しいうちに、お散歩行ってらっしゃい♪


何度も振り向きながら、
去って行く後ろ姿に、
もらい泣きしそうになりました。


ファンタジーでも、
妄想でもなくて、
犬って、そういうの感じ取る力があるのです。

やっぱり、
犬って、素晴らしい!
これからも、ずっと、ずっと、学び続けたい。



私は、そうしたい。



ペコのため、自分のため、
そして、すべての命のために。



最後まで読んで下さって、ありがとうございました。


スポンサーサイト
いよいよ来週、8/30(土)
チャーリーママさん(夏目真利子氏)が再び来福されます!!

2014年夏・座学のお知らせ(私は社会化のドッグトレーナー)

以下、転載です♪

【福井座学】8月30日(土)10:00~16:00
会場:福井市地域交流プラザアオッサ研修室604
http://www.aossa.jp/access.html

テーマ:犬との暮らし方の基礎
(犬ってどういう動物だろうか?犬語を学ぶ意味、
 動画で犬語を学んでみましょう、
 お散歩トレーニングの話、リード使いの話などなど)



さて。

【福井座学】のお知らせ記事を書くにあたり、
どんな言葉を綴ろうか・・・と、
かなり悩んで、なかなか書けずにいました。


なので、ペコ家のこと。
どういう経過をたどってるのか。を書くのが、
一番リアルでいいんジャマイカ?と。



犬を飼いたい!

ネットで写真を見て、一目ぼれし、
ペコをペットショップで購入し、
「さぁ!楽しい暮らしが始まるぞ!」とワクワクな家族。
ところが、犬を飼う。って、こんなにも大変だったのか・・・。と、
ワクワクが一転した((((;゚Д゚))))


散歩へ行けば引っ張りまくり、
スイッチ入って飛びつき、噛みつき。服は穴だらけ。
腕や足は、傷だらけ。
犬と会えば、吠えかかり、人に会えば、吠えかかり、
チビッコに会えば、吠えかかり・・・ ( ̄▽ ̄;)

そして、部屋の中では、
サークルから出すと、すごい勢いで走り回り、ガウガウ噛みつき ( ̄▽ ̄;)


けど、それ、特別なこと。じゃなくて、
犬と暮らし始めた、ごく普通の家族の姿。なんです。


犬と暮らし始めた、ごく普通の家族の姿。


これは、その後、犬を学ぶことから、知ることになるのですが・・・。


当然ですが、
ごく普通の家族なので、
この犬を、なんとかしなくちゃ!と焦りました。
かかりつけの動物病院で相談し、しつけ教室へも行きました。


で、そこで、教えられたこと。と言えば・・・


柴犬は、小さい頃に〆ておかないと、大変なことになる。
だから、噛んできたら、
ひっくり返せ!だの、マズルを掴め、だの、グーで殴れ!
大きな音を立てろ!だの・・・。
それらは、楽しさのカケラがひとつもない方法。だったのです。



えぇ?そんなことしなくちゃ、犬と暮らせないの?
私も驚きましたが、一緒に行った次男が、ドン引きしている姿を見て、
これはイケナイ!と思いました。

なんといっても、
子供は親の背中を見て育つのですから。
しかも、私がそんな事、したくない。


それから、ネットで探して・・・

とうとう巡り会ったのが、チャーリードッグスクール。だったのです。



犬が飛びついたり、噛みついたり、部屋をすごい勢いで走り回ったり、
興奮して我を忘れて、どうかなっちゃったのか?と思うような行動をする。


人にとっては、困った行動だけど、
犬にとっては、ごく自然な行動であり、
そこには、激しく湧き上がる感情があったり、
本能が反射的に引き起こす行動だったり・・・。


犬って、そういうものなんだ♪♪


ぼくは、そういうもの。なんだよ!!
10560413_319687691545462_3565495657763163579_o.jpg




そんなことを学んでいくうちに、
少しずつ、犬。というものへの理解が深まると、
お互いが楽しく暮らせるような日常は、
どうしたら実現できるのか。を、ブログ記事を読みながら、
自分なりに考えるようになりました。


犬って、そういうものなんだ♪♪


でも、そこで終わりじゃない。


犬って、そういうものなんだ♪♪
それを受け止めた上で、こちらの提案を聞いてもらう。

吠えたのは、警戒してお知らせしてくれたんだね。
ありがとう♪もうわかったから、吠えなくてもいいよ♪
そっか、あっちへ行きたいんだね。
でも、今日は時間がないから、やめとこうね。
などなど・・・。

それらを伝え合う術を学び、自ら考えて、実践してみる。


一度でわかり合えるものでもないです。
ありゃ?失敗だったね!(私が)
なんてことも、ありますよ♪


でも、その過程がなんと楽しいことか!ヽ(゚∀゚)ノ



犬をひっくり返したり、
マズルを掴んだり、グーで殴ったり、
大きな音を立てて、驚かせたり。


命と向き合う時。
子供にお手本として見せられない方法は、
するべき。ではない。と思います。




私は、ペコと暮らすまで「動物愛護」について、
ほどんど関心がありませんでした。


けれども、犬を学ぶにつれ、
「飼育放棄」される犬が沢山いる現実を知りました。


放棄された犬たちが、
なんとかしてその命をつなぐことができるように、
様々な活動が行われていることを知りました。



そんな現実を知るだけで、
私には、まだ「愛護」な活動はできないけれど、
ペコと最期まで一緒に楽しく暮らし通す。ことが、
愛護にも繋がっていくんじゃないかしら。と思うのです。



犬と暮らし始めた、ごく普通の家族。



目の前が真っ暗だった家族が、
こんなに楽しく暮らせています♪


歯磨きトレーニングはじめました♪
チャーリードッグスクールで学ぶ方法で、
力で抑えつけなくても、ちゃんと協力してくれるんだよ!
10631292_318969548283943_4818673237061407104_o.jpg



あぁ、めっちゃ長くなったね ( ̄▽ ̄;)



えっと、言いたいことは、コレです。



あなたも一緒に学んでみませんか?



オチないんですかー!?
10629316_317999275047637_519373139358898703_o.jpg



座学を受講してみよう♪と思われる方は、
冒頭スクールのリンク先から、
直接メールにて、お申込みをお願いいたします♪




今日は、待ちに待った、チャーリードッグスクール福井座学の日!

前日あわててパーマネントをかけてきた私は、
朝から爆発した頭のセットで、かなりの時間をつぶしてしまいました!
大切な日の前日に、パーネントをかけるのは、やめよう。
これ、今後の教訓にします ( ̄▽ ̄)

そんなことはさておき^^;

北陸地区では初めての座学です。
福井、石川、富山、そしてなんと岡山から駆けつけて下さった方も!!


真利子先生、ご参加下さった皆様、
ありがとうございました。そして、お疲れ様でした!!


真剣に受講する生徒たち。



みなさんお悩みは色々です。
咬みや、吠え、興奮、突進・・・。
そんなワンコさんとの暮らしだけれど、悲観的な様子が全くないんですよねぇ。


成長の過程で出てくる問題や、犬が持っている欲求、感情・・・
そこから出てくる行動であるということがわかれば、
犬の気持ちに寄り添うことができる。

犬を学ぶことによって、問題が、問題ではなくなる。
だから悲観的にならない。


お昼は教室を出て、みなさんでランチ♪
P9290004.jpg


午後の部後半では、実際にハーネスを装着し、
リードワークの勉強もしました!



今回は忘れずに集合写真を撮りましたよー^^
P9290015.jpg



それぞれが、今日のお話しを胸に刻み、ワンコさんの元へと帰りました。




北陸支部(勝手に命名)では、10月20日(日)に、
お散歩トレーニングを予定しています。


こんどはワンコさんと一緒に、お勉強です^^
皆さんと、またお会いできるのを楽しみにしています!!


北陸支部、この勢いで突っ走りますよー!ヽ(^o^)丿


北陸地区、また近隣で、参加してみようかな・・・と思われる方。
私たちと一緒に、学びませんか?

ご参加お待ちしています(*^_^*)

福井座学のお知らせです!※しばらくこの記事をトップに置きます。

9月に入りましたね!いよいよ今月末、
チャーリーママさん(夏目真利子氏)が再び来福されます!!
(チャーリードッグスクール)

福井座学9月29日(日)本家ブログ 座学のお知らせはコチラ
申込み書・チラシはコチラ




チャーリーママさんの言葉です。

私は生徒さんに
「あなたの犬は幸せですか?」なんて事は聞かない。
聞くのは「あなたは犬と暮らして幸せですか?」かな。
犬たちが最も望むことかもしれないですよ。
あなたの幸せ。



犬たちの瞳は、いつも私たちの事を見つめ、感じています。
その姿、動作、声、そして心を・・。


犬はそうやって、人と共にずっと生きてきました。


だのに、人はどれだけ犬を感じているでしょうか?
どれだけ犬を知っていますか?


これから犬と暮らしたい。と思う方、
そして、今問題を抱えて悩んでいる方、
今は問題がないけれど、もっと楽しく幸せに暮らしたいと思う方。


一緒に学びませんか?
犬が私たちを見つめ、感じているように、
私たちも犬を見つめ、感じられるように。


福井座学は、地方で開催される座学の中では、
この夏、一番ラストになります。

会場は、福井駅東口目の前!!

ジャ~~ン!!ヽ(^o^)丿

AOSSA(アオッサ)です。
1185144_189851137862452_110692356_n.jpg

こちらのビルの6F研修室604です!!

遠方の方も、福井駅に到着して頂ければ、
もう、目の前でありますよー!
関西方面、中部方面の方も、いかがでしょうか?^^;




ぼくらのために、いつもべんきょうしてくれて、ありがとう!!

1244583_190576184456614_1730362811_o.jpg
福井の座学。
いよいよ次の日曜日に迫ってまいりました。

ワタクシ、お昼のことで、頭がいっぱい!←じゃなくて^^;
お勉強ですよ!お勉強!


・・・でも、お昼の心配をされているのは、
私だけじゃないハズ!! ( ̄▽ ̄)


遠方からいらっしゃる方もおられますし、
福井と言えば、お蕎麦?海鮮?など考えまして、あちこち探したのですが、
やっぱり会場から近いところがいいだろう・・・というわけで、
先週、ペコ父と、次男を連れて、ちょっと下見に行ってまいりました^^

福井駅にある、八兆屋さんです。


その時、私が注文したのが、コチラ。
丹波しめじとみつせ鶏のつけそば
美味しかったです(*^_^*)



他にもランチタイムのメニューは、色々ありました。

メニューはコチラ
当日決めて下されば、大丈夫です^^
なので、くれぐれも、
お弁当とか、おにぎりとか、バナナとか持ってこないで下さいねー!
あ、バナナはいいのかな? ( ̄▽ ̄)





しっかりお昼を食べて、午後からのお勉強に備えましょう!



やっぱりごはんは、だいじだよね!
1236234_202260093288223_1398252384_n.jpg


名古屋座学に行ってきました♪



チーバの座学から2カ月。

ペコ家から電車に乗って2時間半ほどの距離ですが、
実家が名古屋ということもあり、
座学開催が決まった当初から、すっかり行くつもりでいたのですが・・・。

実のところ、ギリギリまでペコ父とのスケジュールが合わず、
前日にようやく参加できることが決まり、
急きょ受講の申し込みをした次第であります^^;


午前の部は「叱らない」トレーニング 支配性理論をぶち壊せ
午後の部は「グッパー体感体験」


今後もし名古屋でお散歩トレーニングが開催されたら、
開催地としては、一番近い場所になるので、
名古屋の皆さんと是非ともお会いしたい!そう思っていました。

本日の参加者さんは、総勢16名。
ご夫婦での参加もありました♪

チャーリーママさんのところに集う方は、
皆さん本当に熱心な方々ばかりですね。
今回も、皆さんのお悩みや、ママさんとのやりとりを、
自分のことのように聞き入っておりました。

皆さん「吠え」「咬み」「突進」「ワンコさんへのガウ」など、
お悩みは色々です。

そしてそのお悩みを、
チャーリーママさんの「叱らない」方法で取り組んでいらっしゃいます。

ネタバレになるので、細かいことは書けませんが・・・。
私の中で強烈に残ったことを少しだけ。


犬には欲求があります。
それは、もともと遺伝子に組み込まれたものであったり、
成長するにつれて芽生えてくるもの。

日本ではその欲求にフタをするトレーニングが行われています。
それが巷に溢れている、「犬の支配性」に基づいた方法。

でも、そうじゃない。
犬は人間を支配しようとなんて、これっぽっちも思っていません。
家族と一緒にいたい。
自分も家族の一員として、安心して暮らしたい。

そのために飼い主ができること。
それは犬の欲求を満たしてあげること。
そして飼い主は、犬が安心して暮らせるような存在であること。
犬を学び、犬を知り、
犬にわかりやすい方法で伝えることを学ぶ。


今回参加させて頂いて、
改めて「安心」がいかに大切か。ということを感じました。
だからアレです。
ひっくり返して押さえつけるとか、
リードショックで痛い目にあわせるとか、
「天罰」と称して「大きな音を出して驚かせる」なんてのは、
安心できる場所にはあり得ないものなんですよ。

巷に溢れる「体罰」「脅し」「叱り」「天罰」
それは決してやってはならないものであることは確かなのです。



さてさて、午後の部です。

12090103.jpg


グッパーの体感体験です。

名古屋の方の中にも、
以前、散トレに参加された経験がある方もいらっしゃったのですが、
ほとんどの方がグッパー初体験。

ブログでは聞きなれた、見慣れたものであるけれど、
実際体験されて、皆さん納得☆されていらっしゃいました^^


今回お会いした皆さん全員の方とはお話できませんでしたが、
またいつかお会いしたい。一緒に学びたい♪と強く思いました。

ご参加された皆様、素敵な時間をありがとうございました!

そして、チャーリーママ先生!
力強いお言葉、ありがとうございました!



そうそう。
帰りに、新幹線の時間まで、ママさんとお茶させて頂きました♪

12090101.jpg




「叱らない」トレーニングで成果が出ている方は大勢いらっしゃいます。
ペコ家も、お散歩スイッチは全く入らなくなりましたし、
咬みも抑制できつつあります。

自分の仔の問題が落ち着いてくると、
どうしても発信することが少なくなりがちです。

けれども巷に溢れる「支配性理論」に基づいた方法を、
少しでも変えていくためには、やっぱり発信すること。
それに他ならないのですよね。


これからも学び続け、発信を続けよう。
それがワンコの幸せにつながっていくのですから。



千葉座学に行ってきました!!

前置きはすっ飛ばして、本題に。

午前の部は「お散歩トレーニングを組み立てる」
午後の部は「グッパー体感体験」

当初、次男のヨーヨー大会と同日だ!と大喜びで申し込んだ座学。
そのお題が「お散歩トレーニングを組み立てる」だと気づいたのが、
ほんの数日前のことでした^^;


ペコ家のように、普段「お散歩トレーニング」に参加できない遠方の方だと、
「お散歩トレーニング」の講義は意味がないんじゃ?とお思いでしょうか?

もっと言うと、本家ブログにお散歩トレーニングの記事があると、
「いいなぁ!羨ましいなぁ!」まではイイとして・・・

「お散歩トレーニングに出てるから、あんなにワンコが変わったのよ!」
「散トレの記事は関係ないんだから、問題解決の方法を書いてほしいわ!」

・・・とか。


そんなふうに思うアナタ・・・(* ̄ー ̄)"b" チッチッチッ


すべてはリンクしている のですぞ。


っていうか、散トレの記事を含め、
ブログを読まずして、散トレ参加はありえない。と思いますですよ。


あ、小田原に1回参加しただけなのに、
偉そうなこと書きます。


お散歩トレーニングって、
「わ~い♪」「楽しい~♪」「ワンコが笑顔~~♪」で終わっていると思いますか?

ま、それは確かにそうですが、
その笑顔を引きだすために、飼い主さんたちは、
ブログを読み込んで、その場その場で対応されていらっしゃるんだと思います。

常連さんは、新しい方やワンコさんを気遣い、
いかにその仔たちが、リラックスできるかを考え、
新しい方は、そんな常連さんたちの力を借りながら、
わが仔をしっかり見て、時にはおやつ、時には介入して、
参加者全員が作りあげる時間なんだと思います。

だから、ブログを読まないで参加する方が、
怖いもの知らず・・な気がしますが。どうでしょう?


で、そんな散トレなので、
日々の自主トレは欠かせないものだと思います。

言うなれば、散トレに出られなくても、
日々の「ひとり散トレ」でリラックスを作れればいいんですよね。

他の犬と対面しなくても、
わが仔とリラックスしながら歩く。
それも一つの散トレのかたち。

今回の受講で、「ひとり散トレ」の意義を改めて感じる事ができました。




まだまだ各地で座学は開催されますので、
ネタバレしません。



誰かから強制されるのではなく、
自分が学びたい!わが仔とよりよい関係を築きたい!
そう思ったならば、ぜひ受講してみてはいかかがでしょうか?

チャーリードッグスクール(座学の予定)




ブログの方は記事も膨大な量になっています。
まずは、最初のとっかかりとして、書籍を読むことから始められるといいかもです。


私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない私は社会化のドッグトレーナー もう、バカ犬なんて言わせない
(2011/08/01)
夏目 真利子

商品詳細を見る




さて、午後の部です。


ハーネスとリードを使い、ママさんのグッパーと、
自分のグッパーを体感したり、されたりしました。




私は、念願のハーネスを装着して、ペコの気持ちを体感しました♪

事前の情報では、ハーネス(6号)だと言う事で、
バックルが届くのか??と心配しきりでしたが、
なんとか大丈夫^^;でした。


ハーネスを装着し、次のシチュエーションでのグッパーをお願いしました。

●ペコが超ニガテなワンコさんに合い、ガウガウ突進するのを止めてもらう。

●壁際などで方向転換するためのスペースがなく周り込めない場合の誘導時、
 横から水平にリードをグッパーしてもらう。

上記の場面はいつものお散歩でよくある状況です。


ハーネスを装着し、ガウガウしながら突進しました。
前に進もうとしますが、止められているので、
突進できません。

と、その時、


「ほわ~ん♪」

なんとも言えず、身体が軽くなり、拍子抜けしたみたいで、
思わず後ろにいるママさんを振りかえりました。


「なに?」


う~ん・・・これだよ、これ。
このほわ~ん♪で自然に振りむきたくなる。

ワンコが突進して、リードを止めたら、歩み寄って緩めます。

ママさんのツイッターより

リードを緩める。この簡単なことは意識しないと難しいのですね。
緩めるために止める(グーする)んです。
止めるためにグーではなく。
緩めるために犬に近づくのです。
自分でバランスを取るためには引っ張ってはダメなんですね。
緩めてニュートラルに。ず~っとお伝えしたいこと。



2つめ。水平に横方向へグッパー。

横へ引っ張ると書くと、
ほら引っ張ってるんじゃん!って思われるかもですが、
全然違います!!


バランスを崩す。かな?

あらら、あらら・・・って勝手に動いてます。
動かされるのではなく、動いちゃう。



時々お散歩でも横にグッパーする事があるのですが、
こういう感覚なんだな・・と、
目からウロコの、面白い体験ができました。



それから、ハーネス装着自体に関して。

犬に優しい「フリースラインドハーネス」ですが、
突進すると、やはり苦しいです。
首が詰まります。

いかに緩めてあげられるか。
オフリードの感覚にさせてあげられるか。
今後の課題です。



自分が見たくない、聞きたくない情報は、
時に目をつぶりがちです。


犬を叱りや、時に罰を使って厳しくしつける人は、
褒める、叱らないをナンセンスだと思います。
そして、批判する。

逆に、褒める方法だけをとる人は、
制止することすらも罰だと批判する。


チャーリーママさんのトレーニングは、
「犬を叱らない」「褒める」ですが、
「適切でない行動は、制止」します。
その方法は、インターセプトだったり、
ホールドラッピングだったり。



うわべだけの理解ではなく、
もっと深いところで理解したい。

また、他の方法は関係ないわ!と目をつぶるのではなく、
色々な方法へのアンテナを持ち、
自分の倫理観にあてはめて、自分で判断できる目を養いたい。


今回の座学では、今まで以上に色々学ばせて頂きました。



ひとつ注文があるとすれば・・・。

もっと時間がほしい♪ですね。
合宿とか。

温泉の浴衣で、ハーネス体感!とか。

それこそ変態な集団ですかね(笑)




QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。