上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤途中の桜並木も、ちらほら咲き始めました♪
ペコ地方にも春がやってきたよ♪

11046367_416580728522824_184105083525093540_n.jpg


さてさて。

長男の彼女にペコが心を許すまで。を、
記録しておこうと思います。


時々家に遊びに来る彼女。


テリトリーを守る意識が、激しく強硬なペコのこと。
凄い勢いで飛びかかって行くのを想像することは、容易にできて ( ̄▽ ̄;)


彼女が家に来るようになった頃は、そんな状況を回避するべく、
抱っこしたり、デッキに出したり、
とにかく事故のないようにしていました。


抱っこされても、デッキにいても、
凄い勢いの吠えは、
なかなか変わることはありませんでした。


ペコは飛びかかっていくかもしれないけれど、
何もしなければ、手を出さなければ、
噛むことはない。と実は思っていて、
もし彼女がそれを受け入れてくれるなら・・・


そんなわけで、
ある時から、長男と彼女の理解もあり、彼らの協力の元、
ペコをフリーなまま家に入ってもらうことにしたのです。


おおきいおにいちゃんのことは、
ぼく、だいすきなんだけど・・・
11075164_416630881851142_1102656474754994974_n.jpg


初めのうちは、案の定、
凄い勢いでガウガウ吠えながら、飛びかかっていきました。


犬好きでも、
これはさすがに怖かろう。


けれども、さすが彼女!
肝が据わってる!


ペコは飛びつき足をかけても、
何もしないで立っている彼女の匂いを嗅ぎ、確認できれば、
自分から離れることができるようになってきました。


そして、
彼女の来訪を重ねるごとに、ペコの吠えが減ってきて、
この人知ってる。
ちゃんと判断してることが
とてもよくわかるようになってきて・・・


そして、先日。


家に入ってきた彼女の元へトコトコ近づいて、
彼女の匂いを嗅ぎました。
しゃがんだ彼女の顔を舐め、緩やかに尻尾を振りながら、
身体を横に向けたのです♪


とても平和的な親愛のしるし。


よっしゃー!
ペコと彼女は、もう大丈夫!!ヽ(゚∀゚)ノ



いち早く危険を察知して、
飼い主の役にたとうとしている。
そのために、立ち向かっていくこともあるんでしょうね。


危険じゃないよ。


心穏やかに、
受け入れてくれた彼女のことを、
ペコも認め許しました。



ソロモンの指環。にあります。


ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)ソロモンの指環―動物行動学入門 (ハヤカワ文庫NF)
(1998/03)
コンラート ローレンツ

商品詳細を見る


飼い犬のティトーは、
どんな人がいつローレンツをいらだたせるのか、知っていました。
とくに、君はまだ若い、若い。そんな態度には、断固として懲罰を加えます。
来客のお尻に噛みつく!という方法で!((((;゚Д゚))))


言語を持たない動物たちは、
それゆえに、感覚が研ぎ澄まされているのです。


だからこそ、
犬の前では平静であれ。
彼女に教えてもらいました♪
素敵な彼女。
長男よ、大切にしなさいな。


まだ目を閉じると、
ペコが緩やかに尻尾を振って、
彼女に近づく姿が浮かんできます。

それくらい、嬉しかった!

11083666_416013805246183_867996342108573904_n.jpg



ペコを制止せずにお客さんを迎えるなんて、
絶対無理でしょ!って思っていたからね( ̄▽ ̄)


絶対無理!
それって、自分が決めるものかもね。
ペコ家に不可能の文字はないのだ!


今年度の目標。

ピンチはチャンス!これでいこー!!ヽ(゚∀゚)ノ



スポンサーサイト
お散歩は、いつものコースを歩きました♪
行きは私がリードを持ちました。

普段のお散歩でも、とりあえずうん様をするまでかなり早足なので、
一緒に小走りしてもらいましたが、
はやままさん、全然息があがりませんよ。鍛えてますね~~!!
はやてくんとのお散歩では、もっと走るんだって!!
私、すぐ息上がっちゃうからなぁ^^;

途中、私が舌べらクリッカーで「タンタン♪」をしたら、
イイ音♪って褒められました~ヽ(^o^)丿


家の中ではあんなに警戒していたのに、
一緒に歩いている間は、全く警戒していない様子です。

よし、リードを持ってもらおう!
今までにペコのリードを持ってもらったのは、
ペコ家以外では、チャーリーママさんだけ。

まだまだ、誰かにリードを持ってもらうのは、不安です。
けれど、はやままさんには、安心して任せられました。

ペコは時折、はやままさんを見上げて「あんた誰?」って顔して、
次に私を見て不思議そうにしたり、可愛かったなぁ(親バカ)

いつもの芝生広場です。



はやままさん、さすがリード使いは慣れたものです。
帰りはさほど早足にもならず、始終ユルユルと歩くことができました。

途中で、吸い殻とか、紙とか拾い食いしそうになるも、
二人して「ベ~♪だよ~♪」「わ~お利口さん~~♪」と絶賛。
ペコさん、まんざらでもない様子^^


12120105.jpg



家に帰り、今度は先に部屋に入って、着席してもらいました。
足拭きをして、ペコを中に入れると、
はやままさんの存在をすっかり納得している様子で、
ソファに行くと、そのままウトウト眠り始めました。

12121502.jpg

うむ・・・やるな。ペコさん。

調子に乗った私の中で、チャレンジ欲が湧いてきました。
ここではやままさんが動いたらどうなるかな?
お客様に、遠慮なく注文する飼い主。


「はやままさん、ちょっと動いてみてっ!!
 あそこのバラの本持ってきて♪」


まったくもう、私ってば、遠慮なさすぎ^^;


はやままさん笑いながら、
「あの本ね。よし!」


席を立って、本を手に取り、再び着席。
ペコは耳だけチラっと動かすのみ。


むむむ・・・。



その後、部屋から出てお手洗いに行ってもらいましたが、
かすかな「ワフ」はあったものの、ペコさん動かず。



一緒にお散歩へ行く。
同じ時間を共有する。
ほどよく疲れた状態。

すべてが警戒心を解き放ったのでしょうか。


ペコがいるからお客さんが呼べない。
ちょっとついでにって感じでは、部屋に上がってもらえない。
子供たちにも、なるべく家で遊ぶのを控えてもらう。


などなど・・・。

今まではずいぶんと消極的だった私^^;


強力な助っ人のおかげで、
チャレンジしてみることの大切さを、
教えてもらうことができました。


やってみなくちゃ、わからない。
チャレンジしたからこそ、わかる事があり、
次への教訓や、反省もできるってもんだ。


現在はやままさんは、はやてくんとのお散歩のために、
はやてくんがいるご実家と、今のお住まいとを、
行ったり、来たりしています。
でも、そんな生活ももうすぐ終わり、
はやてくんと一緒に暮らすんだよね。


一緒に暮らしはじめたら、
これまでとは違った色々な悩みも出てくると思うけれど、
ペコ家まで、遠距離来客トレーニングに来て、
ペコのガウガウを受け止めてくれたガッツがあるんだもの。

色々な悩みもきっと乗り越えて、
はやてくんとのぶっとい絆を作り上げていくんだろうなぁ・・・。

はやままさ~ん!
次は私がはやて家に行くからね~~!
待ってろーーーっ!!


ぼくはもうはやままさんのニオイをおぼえたよ。
またあそびにきてね。いっしょにおさんぽしてね。
12121501.jpg



そして・・・。


年明け早々、ペコ家にまた新たなミッションが・・・。

チャーリー組のアズアズさんが、
コーギーのルークくんと二人、
遠路はるばる、やってきてくれます!!


その目的は、越前ガニ食べ尽くし!!(笑)


お二人はペコ家から近いお宿にお泊りして、
一緒にお食事と、お散歩の予定です♪

今度は、ルークくんも我が家に!?


はてさて、どうなりますか・・・^^;
乞うご期待!!


チャーリーママさんが乗り移ったはやままさんに、
ガウガウ吠え続けるペコ。

これじゃ、部屋に入ってもらうことができません^^;

はやままさんとペコの間に入り、
ペコをインターセプトしながら、後ろへ下がらせます。

玄関から、リビングのテーブルまでは、2メートルくらです。(近っw)
あぁ、狭い家で良かった~~♪
イスに腰掛けてもらえば、ひとまず大丈夫でしょう。

ペコをなかなか私に注目させられず、すったもんだしていると、
はやままさんはその隙に、しっかり着席してました(*^_^*)

さすが!!タイミングばっちり☆


※ここら辺は、写真が全くありません^^;


着席してからは、はやままさんの足元をうろつき、
テーブルの下からも、匂いを確認するペコ。
はやままさんは、はやてくんの匂いがたっぷり染み込んだジーンズを履いてきてくれたんです。
こういう事も、警戒心をほぐすポイントになると思います。
そのお心遣いに感心し、そしてまた感謝、感謝☆

ここでも、はやままさんは、じっと動かず、視線は合わせず。

しばらくその状態が続きました。

「匂い嗅いでるね・・・」

「大丈夫そうかな?」

二人が会話していると、ペコは、はやままさんの事が気になりつつも、
少しずつ距離を置き始め、いつもの定位置である、ソファに退散。



おぉっ!!



語弊があるかもですが、
ここまでのペコの行動って「教科書どおり」なんですよね^^;


誰か来た!!
誰だ!?誰か来たよ!!みんな~注意して~~!!


まずは警戒で吠える。


こいつ侵入しようとしているぞ!!
あっち行け!ここはボクのなわばりだぞ!!


防御、威嚇でさらに吠える。


あれ?何もしない。されない。
こいつは、何者?



確認し、とりあえず距離を置いて様子を伺う。



いまさら言うのものなんですが、
ペコはかなりビビリ警戒心が強いです。
お散歩で出会う人も、子供も、みんな自分に向かってくると思っているみたい。
だから、目を離せなくなって固まったり、
先手を打って、へっぴり腰でガウガウ言ってみたり。

そんなペコでも、こんなふうに「教科書どおり」の反応になる!!
それがわかっただけで、はやままさんに来てもらった甲斐があったってもんです。



犬じゃなくて、人なんですよね。
犬ってこういう反応をするんだよ。
それは当然のことなんだよ。
だから、人がもっと犬を知ればいいんジャマイカヽ(゚∀゚)ノ


今回は、はやままさんに玄関から着席してもらうまで、
ペコをフリーにしていましたが、
すべてのお客さんに、はやままさんのような行動を求めるのは難しいと思います。

最初は、ペコを抱っこや係留しておいて、
お客さんには先に着席してもらう。
当然吠えるだろうけれど、匂いを嗅いで確認すれば、
距離を置いて落ち着くことができるかも・・・。


ペコが落ち着いたところで、ランチトレ♪


普段食事をしている時は、時折そばに寄ってきますが、
だいたい定位置のソファで、背を向けて寝ています。


ペコさん、はやままさんがいても、
いつもと同じ様子でいられました。


この後、はやままさんと私、ペコでお散歩へ出かけました♪


はやままさんにリードを持ってもらったよ(*^_^*)

12120106.jpg



その参へ続く・・・
10月のとある吉日。
はやままさん(チャーリー組 黒柴はやてくんのママ)が、
はるばるペコ家に来てくれました~~!わ~いヽ(^o^)丿

実は、前日京都でお仕事があり、
その帰りにわざわざ立ち寄って下さったのです。
立ち寄るって距離じゃないですよ^^;
すっごい寄り道です。

そんなすごい寄り道をして、来て下さったのは、
ペコ家で「来客トレーニング」をするため。であります!!

まぁなんでしょうね。
チャーリーママさんの元でお勉強しているお仲間さんたちは、
わが仔のことだけじゃなく、みんなの仔を一緒に育ててくれてるような気がします。
もちろん、飼い主のことも。

はやままさんと会うのは、これが3回目です。

一回目は小田原散トレ参加の記録6~2日目参加者さんのご紹介~

二回目は千葉座学


まだ、会うのは「3度目まして」なのに、
もうずっと前からの友人のような・・・。


美しいお顔を隠してしまうのが、とても残念なはやままさんと、
若干イナバウアー気味のペコ父^^;




ペコ家には普段から、あまり来客がありません。
ペコがいるから、「招待しない」っていうのもありますが、
断れない来客もあります。
たとえば、子供たちの友達とか、保険屋さんとか、車の契約とか・・・^^;
そんな時は、抱っこしたり、リードをつけて、窓際や階段の手すりに係留していました。
もちろん激吠えなんですがね。

これを、リードなしだったらどうなるのか・・・。
そんな危険(汗)なチャレンジを快く引き受けてくれるのは、
チャーリー組さんだからこそ。(多謝)

で、来客トレにあたり、はやままさんとは前もって打ち合わせしました。
・・・と言っても、ほとんどはやままさんが色々考えて下さったのですが^^;


はやままさんは、本家ブログの記事をあれこれ探して、
二つの記事を紹介してくれました。


私は社会化のドッグトレーナーより

先入観と思いこみと(誤った)情報の過多(2009年05月04日)

自分で近づけるように(2012年01月06日)


ふたつの記事を読むとわかりますが、
吠えていても、犬を見ない。そっぽを向く。動かない。
犬に観察させる。自ら近づいて、匂いをかがせる・・・などなど。


そうなんです。
手を出さなければ、いきなり咬みつくことはない。
・・・ハズなんです。


お散歩で出会う人の中でも、近づいてくる人がいますが、
「手を出さないで」というお願いをきいてくれて、
ペコが自分から近寄って、匂いを嗅いで確認できれば、
いきなり攻撃することはないんです。


でも、それが自分の家(テリトリー)となると、
はたしてどうなるのか、私にもわかりません。



はやままさんを駅に迎えに行き、先に私が家に入りました。
チャイムを慣らすところから。です。


いつも宅急便や、ご近所さんが「ピンポン」すると、
吠えて「お知らせ」してくれます。

なるべく慌てたり、バタバタせず、
「ペコちゃん、教えてくれてありがとう。」と声をかけ、
ゆっくり玄関に出て、対応していると、
まもなく吠えやむことができます。

でも、今日はそのまま家に上がるんだよね・・・。ドキドキ。



「ピンポ~ン♪」


ペコはいつものように吠えてお知らせ。
私が玄関に出て、はやままさんが入ります。

玄関とリビングの間には、引き戸があります。
その引き戸を閉めてしまえば、しばらくして吠えやむのですが、
この引き戸を開けたまま、ペコにインターセプトを試みました。
ところが、いつもと違う状況に興奮MAXなペコさん。

玄関から上がったはやままさんに激吠えしながら突撃!!\(◎o◎)/



これ、怖いですよ。
ひとごとみたいに言ってますが、
よそのワンコさんだったら、私、怖いと思います。


はやままさん、胸の前で両腕をクロスして、
そっぽを向いて石像してます。

ペコは、ガウガウ吠えてはやままさんを威嚇します。


はやままさん、さすがチャーリー組です。
全く動じることなく、目線をクイっと上に向けました。



チャーリーママさんだ!!



そこにいる石像は、チャーリーママさんそのものだったのです。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。