上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまた前回の記事で、間違いがありました!!( ̄▽ ̄;)
お忙しいところ、読んで下さった上に、
ご指摘下さってありがとうございます!!

まだ、自分の中で咀嚼できていないので、
時間をかけて、修正したいと思います。
本当にありがとうございました!!ヽ(゚∀゚)ノ


※ご興味のある方は、まだ修正してないので、
 間違い探しだと思って、探してみて下さい♪ ( ̄▽ ̄)


間違っている箇所があるにもかかわらず、
次に進んでしまいます!!え?( ̄▽ ̄;)




私たちの日常生活では、
色々なところで古典的条件づけられている場面があります。

代表的な例では、梅干しや、レモンを見ると、
つばが出てくる。とかね(^ー^* )

本には、
美男・美女を見ることが生得的に「快」であると仮定すると、
美男・美女タレントがテレビCMで商品を宣伝することで、
商品と美形タレントが対提示されていることになり、
その商品に対しても、「快」の感情が生じるようになる。

とありました。

うふふ♪
これは、好みによる。ところもありそうですが・・・( ̄▽ ̄)


温かいところに陣取るのも、条件づけられてるの?
1487963_231936946987204_1003529839_o.jpg



で、前回の記事で書いた、白ねずみとハンマーで叩く音を対提示され、
白ねずみが怖くなってしまった、アルバート坊や。

このように、さまざまな感情(情動反応)も、
古典的条件付けによって形成され、
特定の条件刺激によって引き起こされるようになります。

私で例えると・・・
ちょっと素敵な人が通り過ぎた後の残り香に、
ほわ~ん♡とした気持ちになるのも←若干、変態チック? ( ̄▽ ̄)
テレビに映るヘビを見るだけで、ぞぞーーっ!っとするのも、
条件づけの結果によることが多いのですぞ( ̄▽ ̄)



それでは、基本の基。名前を呼んでおやつ。に戻ります。
これは、名前とおやつを対提示させる、古典的条件づけ。ですが、
条件刺激となった名前は、ヨダレ反応を誘発するのか?

まぁ、ヨダレも出るかもですが、
食べる時の「快」な情動とか、
穏やかな気持ち、満たされた気持ち。
そういうものも一緒に湧いてくるんだと思うのです。

だからこそ、犬がリラックスしている時に、
その条件づけの取り組みをしなければなりません。

自分の名前を聞いた犬が「快」の情動でいっぱいになるようにするには、
まず「快」の環境、状況で、対提示すること。



本当の大丈夫を対提示で作り上げる(私は社会化のドッグトレーナー)


取り組み?時間がない?
それなら、ご飯の時だけでも、
「ペコ~♪ご飯だよ~♪」と、優しい声で呼んで、
食べている間は、
「美味しいね~♪いい仔ね~♪」と声をかける。
これも対提示だよね(^ー^* )



犬が美味しい♪嬉しい♪時に「いい仔ね~♪」を対提示。
1403246_223171534530412_777758429_o_20131228201313274.jpg






古典的条件づけによって形成された反応は、
長期にわたって続くことがわかっています。

パブロフさん、実験から、犬には個体差があり、
刺激に対してのキャパシティーは、
先天的だったり、獲得的だったり、環境によったり、
それぞれに異なっている。と言っています。


だから、ウチの仔が大丈夫だから、
あの仔も、大丈夫。とは決して言えないのです。



音刺激に対して恐怖条件づけを施されたハト。
2年半後に、再び音刺激を聞かせると、
実験当初よりも、恐怖反応は全体的に弱くなるものの、
刺激への反応は、保持されています。


いったん条件付けられてしまった反応を、消去するために、
祈るような気持ちで取り組み続ける方々がいます。


そんなやりきれない気持ちを、共感し、悩みを共有し、
そして、共に励まし合い、学び合う。
それは、決して馴れ合いや、仲良しごっこではないのですよ。

いつも、嬉しい~♪楽しい~♪美味しい~♪
元気モリモリ~♪なんて言ってますが・・・( ̄▽ ̄;)


改めて、「古典的条件づけ」について、書いてみましたが、
まだまだ曖昧な部分が沢山あります。

だからこそ、ますますさらに知りたい!
きちんと理解したい!!という想いが沸々と湧いております。

あ。間違い箇所も、修正しまっす!ヽ(゚∀゚)ノ



学習のしくみ。は、古典的条件づけと、オペラント条件づけ。があり、
まだまだ今更ジローは続けていきたいと思いますが・・・。

今年は、これで、いったん区切りたいと思います。

読んで下さって、ありがとうございました。


2014年も、頑張ります!!
よろしくお願いいたしま~す!!

1274723_209229565924609_359234688_o.jpg


それでは、皆様、良いお年を~♪ヽ(゚∀゚)ノ

スポンサーサイト
前回の今更ジロー編①、に用語の間違いがありまして( ̄▽ ̄;)
ありがたいことに、お詳しい方から、ご指摘を頂きました。
すでに、こっそり、修正しちゃってますが( ̄▽ ̄;)

以降の記事についても、ご指摘、大歓迎です!ヽ(゚∀゚)ノ
せっかくお勉強しているのですから、
間違って覚えてしまっては、モッタイナイ!


そんなわけで、続きます(^ー^* )


さて、パブロフの犬。



こちらは、暖をとる、シバイヌ ( ̄▽ ̄)
1537956_230395903807975_732997873_o.jpg




空腹の犬に、餌を与えるとヨダレが出ます。(無条件反射)
この犬に、餌を与える前にメトロノームの音を聞かせることを繰り返すと、
メトロノームの音を聞いただけで、ヨダレを流すようになります。

メトロノームの音は、もともと中性刺激で、
犬が何も反応を起こさない刺激です。
これが、餌という無条件刺激との対提示によって、
条件反応(ヨダレ)を誘発するようになった。ということ。




専門用語を、確認していきたいと思います。

無条件反射、無条件刺激とは?
そんなのわかるよー!って思いがちですが、ホント?わかってる? ( ̄▽ ̄)


まず、パブロフの犬においての、無条件反射は、ヨダレ。
そして、無条件刺激は、餌。でした。


ヨダレは、口の中に食べ物が入ったことによる、
食餌性の反射(唾液反射)です。
この無条件反射というのは、生体に備わった反射のうち、
生得的なものをいいます。


このような反射、ヨダレ以外に何があるかな?って、調べてみました。


突然大きな音がして飛び上がったり、すくんだりする(驚愕反射)
光やほこりなどで、瞬きをする(瞬目反射)
四肢を強く刺激すると、関節が曲がる(屈曲反射)


などなど・・・。

また、もう少し広い意味で、
心拍や、発汗など自律神経系の支配下にある内臓筋や、
腺の活動を含む類似的なものとして、
無条件反応という用語があります。




で、このような反射を引き起こす刺激・・・
上の例で考えると、「突然の大きな音」「光」「四肢への刺激」
などを、無条件刺激。と言います。

これには、「餌」のように、生体にとって好ましい報酬的なものと、
生体にとって好ましくない、嫌悪的なものがあります。


あー、あー、ここまで、大丈夫かなぁー・・・間違ってないかな?( ̄▽ ̄;)




フェッチを見せても、ヨダレは出ませんがが、
ワクワクした気分になります♪
1526183_230840060430226_735335324_n.jpg




じゃ、メトロノームの音、にあたる中性刺激ってなぁに?


これは、生得的な行動も、習得的な行動も何もひき起こさない刺激。です。
「名前を呼んでおやつ」で言うならば、取り組みする前の、「名前」です♪



実際に行われた実験で、用語を確認してみます。



ワトソンという人が、その昔←昔って、アバウトですが。
アルバート坊や(8か月の乳児)で実験を行いました。

アルバート坊やは、はじめ、白ねずみ(中性刺激)を見ても平気だったのに、
白ねずみ(中性刺激)と、鉄棒をハンマーで叩く音(無条件刺激)とを、
対提示され、白ねずみを恐れるようになりました。(恐怖条件反応)

その結果、白ねずみだけでなく、
うさぎ、犬、毛皮のコート、毛のついたお面、脱脂綿などが、般化され、
恐怖を感じるようになってしまいました。


坊やにとって、元々白ねずみは、中性刺激だったのに、
ハンマーで叩く音と対提示され、白ねずみが条件刺激になり、
白ねずみを見ただけで、恐怖条件反応が誘発されるようになったのです。
しかも、白ねずみに似た、白いふわふわっとしたものまで(T_T)


あぁ、なんて酷い実験でしょう!…と悲しくなります。

人の子だと、酷い!って思いますが、
犬の子だと、「しつけ」と称して、
これに似たようなこと・・・大きな音で驚かせるとか、
他にも、あんなこと、こんなこと、していませんか?




まとめてみますと・・・。

初めは反応を引き起こさなかった中性刺激が、
無条件刺激との対提示によって、
条件刺激となり、条件反応を誘発する。
これが、「古典的条件づけ」
でありますっ!!


しかも、これ、
ほとんど全ての動物で生じる学習のしくみ。なのです。



この「古典的条件付け」実はここからが、肝心。


続きます。



犬のお勉強をしているワタクシ。
先生のブログや、チャーリー組のみなさんのブログを読んでは、
ほうほう!なるほど!そうね!なんて、うなずいておりますが、
実際のところ、自分は理解できてるのか・・・。


頭の中で「わかったつもり」になってるだけじゃ、ダメなんじゃないか?
専門的な用語を、雰囲気だけで捉えてるんジャマイカ?


・・・ってなわけで、しばらくは、
今更ジロー風味満載で自分の理解度を、確認していこうかなぁ。
と思っています。


破壊活動中のペコさん。カケラは、ペッ♪してるよ♪
1534744_230421630472069_638422251_o.jpg



そんでもって、まずは、チャリ―ドッグスクールでお勉強する、基本の基。

「名前を呼んでおやつ」
名前を呼ぶと同時に、おやつを口に放り込む♪ヽ(゚∀゚)ノ

これは、「古典的条件づけ」というもので、
名前とおやつを対提示(むすびつける)して、
名前そのものに、意味を持たせる。
名前を聞くと、嬉しい♪楽しい♪美味しい♪という感情が沸き起こり、
なんだか、穏やかな気持ちになる。
それを目指している。

で、合ってますよね? ( ̄▽ ̄;)



この古典的条件付けに絞って、今一度確認したくて、
コチラの本を読みました。


学習の心理―行動のメカニズムを探る (コンパクト新心理学ライブラリ)学習の心理―行動のメカニズムを探る (コンパクト新心理学ライブラリ)
(2000/06)
実森 正子、中島 定彦 他

商品詳細を見る



レビューを見て、
「文章が平易で読みやすい」と書かれていたので選びましたが、難しかったです( ̄▽ ̄;)
いきなりハードル上げ過ぎです。
えっと、難しいところは、追々として・・←え?( ̄▽ ̄;)

今の私のレベルで、理解できた部分を、
覚書として書いておこうと思います。



次は、こちらを破壊しようか・・・
1493478_230433257137573_974935659_o.jpg



古典的条件づけは、人間を含め、
ほとんどすべての動物で生じる学習のしくみです。

ほとんどすべての動物ですっ!!ここ、重要です。

動物の中には、無脊椎動物も含まれるんですって!
無脊椎動物って、何よ?って調べましたら、
ウニ、ヒトデ、ミミズ、ヒル・・・などなど((((;゚Д゚))))

すごい。すごいねぇ。
ほとんどすべての動物で生じる学習のしくみ。
まず、ここで感動してしまいます。
・・・何度も連呼して、しつこい。とも言います( ̄▽ ̄)




「擬人化」は、いけない。って言葉、
目にしたり、自分でも気を付けたりしていますが、
古典的条件づけが、
「ほとんどすべての動物で生じる学習のしくみ」
であるならば、
擬人化もへったくれもなく、
私とミミズも共通と考えてイイ♪ってことジャマイカヽ(゚∀゚)ノ


ミミズだ~って、オケラだ~って~♪あめんぽだ~って♪
みんなみんな生きているんだ、友達な~ん~だ~♪

まさに、古典的条件づけは、手のひらを太陽になのだー!ヽ(゚∀゚)ノ



話を元に戻します・・・( ̄▽ ̄;)


古典的条件づけで、よく知られているのが、
誰もが一度は聞いたことがある、パブロフの犬。です。

空腹の犬に、餌を与えるとヨダレが出ます。(無条件反射)
この犬に、餌を与える前にメトロノームの音を聞かせることを繰り返すと、
メトロノームの音を聞いただけで、ヨダレを流すようになります。

メトロノームの音は、もともと中性刺激で、
犬が何も反応を起こさない刺激です。
これが、餌という無条件刺激との対提示によって、
条件反応(ヨダレ)を誘発するようになった。ということ。

あぁ、また専門用語です。

無条件反射?
中性刺激?
無条件刺激?
条件反応?



こちらの、専門用語について。と、古典的条件づけについては、
引き続き、次回、私レベルの「平易な文章」で書こうと思いま~す♪ヽ(゚∀゚)ノ


この調子で書いていたら、いったい、いつまで続くのか・・・少々不安( ̄▽ ̄;)


かほうは、ねてまて。ペコ
1498840_230434217137477_592611049_o.jpg



QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。