上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が犬のお勉強をしているチャーリードッグスクールの真利子先生が、
セミナーを受講されたということで、その新着記事を読みました。

好子あふれる場所、時を作り続ける


きっと、深刻に悩んでいる方、相談が多いんだろうな・・・。



刺激に対する恐怖からくる、攻撃性。
ペコは芝生の広場へ行くと、
その場所への恐怖からスイッチが入り噛みが出ていました。



検索をかけると、だいたい2011年の2月ごろから芝生の広場に通いはじめ、
その年の10月ごろには、なんとか普通に歩けるようになっています。
8か月くらいかかってる。

カテゴリー 芝生の広場


当時、ベソかきながらも頑張って記録したことが、
こういう時に役立つんだなぁ・・・と、
改めて、記録の大切さを感じています。


この芝生広場、今ではよほどチビッコの大群がいなければ
走ったり、探索したり、その場所を十分に堪能できるようになりました♪


この8ヶ月。という期間を、長いと感じるか、
短いと感じるか、人それぞれかもしれません。

しかもこれ、
あくまでも「ペコが芝生の広場で普通に歩けるようになった期間」であって、
個体差や、恐怖の度合いにより、
その期間だって、もっと長くかかるかもしれない。

でも、それって、当たり前の事ジャマイカ?



私、今だに「歯医者さん」嫌いです。
いい大人だから、我慢して行きますけど、
喜んで行きたくはない。

歯医者さんに限らず、病院って、誰しも好んで行きはしないと思いますが^^;

幼稚園に入るか入らないかの頃だと思います。
虫歯の治療で歯医者に連れていかれるも、
頑として口を開かなかった、私。

困った母は、少し遠くの歯医者さんに連れて行きました。

治療台に座らせられると、いきなり「さるぐつわ」みたいな器具を口に取り付けられ、
身体をバンドで固定され、助手のおばさんが私の上に馬乗りに・・・( ̄▽ ̄;)

私、この時の光景を、今でも鮮明に記憶しています。


さすがに、今じゃこんな歯医者があったら、問題になると思いますが。
当時はあったんです。これ実話。


だから、ペコが8か月で怖くてしかたなかった芝生の広場へ、
普通に行けるようになって、
今じゃその場所を堪能できるようになったって、
ある意味すごい!事だと思うのだけど!



で、自分の芝生広場への取り組みを読んで、
その時は曖昧だった理論的なものが、今読み返すと、
これって、ちゃんと理にかなったものだったんだなぁ・・・と思います。
え?今更ジロー?( ̄▽ ̄;)




広場にいる事が恐怖であるならば、
その恐怖という反応に働きかけるために、広場でおやつを食べたり、
私をターゲットにして歩いたり、
前に立つと自動的にオスワリできるようにしてみたり・・・
コツコツ取り組んでいたんですよね。

で、いつのまにか、平気になった♪ヽ(゚∀゚)ノ


レスポンデント反応とオペラント反応

↑本家ブログの記事です。
恐怖などの情動からくる反応についての記事は沢山ありまして、
専門用語が出てくると、すっ飛ばしたくなりますが、
理論がわかると、理解も深くなる。
それが、応用できるようになれば、次に困った事が起きても、
オロオロして、先生に聞かなくても、自分で解決できる力がつく!!
私はペコの専属トレーナー!!ヽ(゚∀゚)ノ


・・・って調子に乗り過ぎ( ̄▽ ̄;)


自分が問題と思って取り組んでいると、
取り組みを同じくする方との出会いなども増え、
もしや、問題犬ばかりなのか?って思いがちですが、
実際のところは、ちっさい問題がチョコチョコありつつも、
平和に暮らしている人と犬の方が多いのかもしれません。


けど、ペコのように、おそらく先天的な要因と、
習得的な要因とが深く絡み合って、
自分ではどうしようもない「情動」を持ってしまう仔がいて、
でも、コツコツ取り組んでる人たちが、少なからずいる。
という事を知ってほしいと思います。


ショップから家に連れ帰ってすぐのペコ。
CIMG7510.jpg



チビッコの大群や、歓声が苦手なのは、
ショップにいた時に刻まれた、
深くて怖い記憶なのかもしれないね。


スポンサーサイト
夕方のお散歩で芝生の広場へ行くと、
複数の子供連れの家族が来ていました。

楽しそうに声をあげ、ボールを蹴り・・・

ちょっと緊張気味なペコさん^^;



背を向けたけど、顔が固まってます(笑)
11101902.jpg


この芝生の広場は、ずっと苦手な場所だったんです。

カテゴリー 芝生の広場

だった。という事は過去形なわけで、
恐れからくるスイッチも入らなくなりました。

このカテゴリーにこれまでの広場に対しての取り組みが書いてあって、
自分で読み返してみたのですが・・・。

ペコさん、すごく成長してる!頑張ってるじゃん!!って感動してしまいました。
親バカ炸裂!!自画自賛^^;



その後は度々お散歩で来ていますが、
たいてい誰もいないか、1ワンコさんと飼い主さんに出会うくらい。

それが、今日は↑の写真には写っていないけれど、もう少し沢山の人がいました。


ルンルンで広場に足を踏み入れたペコさん。
人がいることに気づいた瞬間、緊張が伝わってきました。

それでも、ペコ母をターゲットにしつつ、
広場を一周し、そして、落ち着いてから撮った写真です。

ターゲットにする。

ペコ母の場合は、ペコが視線を「人」に集中させるより前に、
先回りして、前を横切ったり、名前を呼んで歩かせたり、
とにかく母が動く。そして、こちらを見るようにしながら、歩く、歩く。

そんな感じでしているのですが・・・。

ペコ母、チャーリー組の通信課程なので、
ママさんのブログや、皆さんのブログを見ながら、
見よう見まねでやっている事なので、
実際それが合っているのか、間違っているのか、
時々不安になる事があります。

けれども、この芝生の広場もなんとか普通に歩けるようになった。
ということは、方法は間違ってはいないのかな??


ま、大丈夫なんじゃない?by.ペコ
111019.jpg


朝散歩 7時00分〜8時20分 
噛み噛み なし
お天気 はれ
ワンコさんとの出会い なし
ペコ母担当


夕方散歩 18時10分〜18時50分
噛み噛み なし
お天気  はれ
ワンコさんとの出会い なし
ペコ母担当

チャーリー組の皆さんがチャーリーママ先生の

book.jpg
8月1日出版「私は社会化のドッグトレーナー」の感想や、
宣伝を続々とブログにアップされているので、
ちょっと焦っております。

23073002.jpg

今日こそは書こう!!と思っていましたが、
想いがありすぎて、なかなかまとまりそうにないので、
今日のところはとりあえず、いつもどおりで・・・。


朝のお散歩では、芝生の広場へ行きました。
すっかりこの場所にもなれ、バッタを追いかけて狩猟モードのペコさん。

23073005.jpg
(暴れたりするとハーネスの脇のフリースがひっくり返っちゃいます。これ、ゆるいのでしょうか)

丸々と太ったトノサマバッタを完食してしまいました。

最近は拾い食いで、口の中に入れちゃっても、
下あごを持って吐き出させる事ができるようになったのですが、
さすがにトノサマバッタの入った口をつかむことができず・・・。

ヘタレな母でごめん。


家に帰って長男に言うと、
「トノサマバッタって、イナゴみたいなやつでしょ!大丈夫じゃん?」

そういうもんかー(笑)


芝生の広場も数ヶ月前は入った瞬間に興奮して、
スイッチが入りまくり、落ち着きなく、尻尾が下がる状態でした。
それでも、あきらめずに通った日々。

だから、バッタを探したり、楽しそうに駆けたりするだけで、
ペコ的には相当な進歩だと思っています。

少しずつ色々な場所や状況に慣れていこうね。
朝散歩 5時40分~6時20分 
噛み噛み なし
お天気  くもり
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当


夕方散歩 17時10分~18時20分
噛み噛み なし
お天気  雨→大雨→小雨
ワンコさんとの出会い 5ワンコさん
ペコ母担当

今朝も体調不良の父に代わって、母がお散歩に行きました。
風が強いせいか、涼しく感じられて、ペコは元気、元気!!
走ったり、歩いたり、楽しそうです。

でも、朝はあまりゆっくりできません。
子供たちを起こす時間も迫ってくるのに、立ち止まってしまうペコ。
視線の方向に行きたいようです。
インターセプトしたり、オンリードのおいでも不発^^;

23070401.jpg

時間がないから、「じっくり構えて自分から動く」までを待ってられないのよ。
ハーネスを平行に少し引き、「オットットッ」と身体のバランスを崩して、
そのまま母の進行方向に歩きだすと、ついてくる事ができました。

ハーネスに頼るのは、チャーリー組としては褒められませんが、
いたしかたなし・・・です。名付けて、おっとっと作戦。(最終手段^^;)

これまでなら、こんな事をしようものなら、腹いせにスイッチが入るところですが、
なんだか素直についてきてくれました。
引っ張られたというより、「あ!そうだった!」と我に返った風にも見えました。


さて、さて・・・
夕方は雨です。小降りになるのを待ちますが、雨足は衰えず。
蒸し暑いし、雨だし・・・。ペコ母、カッパを着たら、きっと暑さで倒れそうです。

考えに考えた末、結局、ツバのある帽子をかぶり、
速乾仕様の半袖のパーカーを羽織るという、普通の格好で出かけました。

「雨の中傘もささずにずぶぬれで犬の散歩をするあやしい女」 です。
コレ、端からみたら、どんな光景でしょう・・・^^;

雨なのに、ペコは、またしても元気!元気!

23070402.jpg

途中、工事中の掘り返された道路が冠水していて、
端っこしか通れないところがありました。

23070403.jpg

右側の泥水が冠水している道路。深さ30センチはあると思います。
そんなこと全然意識してなさそうなペコさん。


その勢いで芝生の広場まで来てしまいました。
こんな雨なのに、短時間で済ませられないんですよね。
家ではいい仔にお留守番してたんだし、お散歩は一番の楽しみでしょうから・・・。

23070404.jpg

芝生の広場でも、こんなに自信満々な顔ができるようになりました。


お散歩から帰って、濡れた身体を拭こうとタオルを持ってきたら、
今日は楽しかったお散歩の興奮が冷めやらなかったのか、
タオルや、腕にガウガウ噛みついてきました。(久々に痛かったー)

それでも無理矢理拭いていたのですが、
「ペコ!いい仔は?」と、少し強めに言うと、
「あ、そうだった!」という顔で、オスワリできました。

けれど、身体を拭いた後、また興奮が戻ってきて、
家の中をすごい勢いで走り回り、ソファから何度もジャンプ!
これまた久々に、運動会が見られました♪

雨の日に、家の中でじっとしていたら、人間でもストレス溜まるよね。
そうやって走りまわって発散できたなら、それでオッケー☆
朝散歩 6時30分~7時00分 
噛み噛み なし
お天気  大雨
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当


夕方散歩 17時10分~18時40分
噛み噛み なし
お天気  はれ
ワンコさんとの出会い 2ワンコさん
ペコ母担当

今朝のお散歩は大雨。
帰ってきたペコをタオルを持って出迎えました。

これまでは、ただでさえお散歩から帰り興奮冷めやらぬ状態で、
タオルで拭こうとすると、タオルにガウガウしたり、
腕やら噛みついていました。

それでもひるまず拭くのですが、思うようには拭けませんでした。

でも、今日は違っていました。
嫌そうな素振りはするものの、ガウガウせずに我慢してるみたい・・・。


そして、夕方は、暑いながらも、風が吹き比較的さわやかだったので、
久々にペコがニガテな「芝生の広場」へ行ってみました。

この広場に来ると、いつもスイッチが入っていました。
広さからくる不安と、なんだかわからない興奮。

「少しずつでも慣れてもらいたい。」と思い、
ペコ母をターゲットにする練習をしつつ、
この広場へ出かけていました。

チャーリーママさんのブログにもあります。
パニックしているのに罰してどうしますか?

脳が未熟。
壊れたテレビの画面みたいに、
ジリジリした映像が脳に浮かぶ様子を想像すると、
パニックになるのも当然です。

その度「叱らないで」母をターゲットにさせ、我に返す。
そう思って、芝生の広場へ通いました。


このところ落ち着いているペコさん。
今日は全く様子が違っていました。
なにしろ、落ち着いている。
ペコ自身、周りがよく見えているみたいです。

23070101.jpg

ちょっと走って興奮しましたが、スイッチは入らず、
息が上がった程度で収まりました。
23070103.jpg

芝生の広場を出た歩道に、新しくベンチができていたので、
母は座ってひとやすみ。ペコが両足の間にきてフセして待っててくれました。
23070102.jpg


やっぱり、本当に落ち着いてきたのかな?
ペコさん、思春期のトンネルを抜けたのかな?
朝散歩 6時30分~7時00分 
噛み噛み なし
お天気  くもり
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当


夕方散歩 17時00分~18時40分
噛み噛み 2スイッチ
お天気 はれ
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当

夕べチャーリーパパさんのブログを見たら、

「動け!」と喝を入れられた母。
昨日は少し落ち込んだけど、いつまでも沈んでなんかいられない!

さて、夕方のお散歩。

今日ははじめから、普通に歩けている時の
「名前を呼んでおやつ」への反応がとてもよい気がしました。

これ、続けていると、日によって微妙に反応が違うことに気付きます。
まだ気付いただけで、「だから何?」状態なのですが・・・。

反応が良いと感じたら、なおさら「芝生の広場」へ行かなきゃ!

途中で意味もなく呼んでみると、立ち止まってこちらを振り返った。
DVC00087.jpg

よく声が届いています。
「そうそう♪」と声をかけながら小走りすると、
ほぼツイテの状態で一緒に走ってくれます。

広場についてからも、落ち着いています。
母への意識がかなりある状態です。

DVC00088.jpg

公園にいる子供たちにガン見したので、取り組み中のタンタン♪
DVC00089.jpg
ペコさん、なんだか得意げです(笑)


なるべくリードをのばさず、短めにして、
こちらに意識を持たせつつ、広場を一周しました。
よし、今日は調子いいみたい。


でも、突然何かの拍子に見えないものに突進してスイッチが入りました。
ガウガウ飛びついて噛んできたので、立ったままホールドラッピング。

それでも、これまでの、広場に対してのペコを考えれば、
少しずつでも慣れてきているんじゃないかなぁ・・・。
よく頑張ってるよ、ペコちゃん♪

朝散歩 7時30分~8時50分 
噛み噛み なし
お天気  くもり
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当


夕方散歩 17時20分~18時00分
噛み噛み 2スイッチ
お天気 雨
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当


今日買い物へ出かけた時のこと・・・

カラフルなボックスの前で、小さな子供さんにお母さんが聞いています。
「どの色にする?」
おもちゃ箱にするらしく、2つ買いたいみたい。
ピンク、グリーン、ブルー・・・色々あります。
「これー!」選んだのはピンクと、グリーン。

「え!?その2色!?グリーン2つにしようよ!」
「いやーーー!」
「だって、ピンクとグリーンじゃ、目がチカチカしちゃうよ!」
「いやーーー!ぜったいこれ!」
「ダメ!!グリーン2つ!それが嫌なら、もう買わないっ!!」


・・・お母さん、そんな無茶な(笑)だったら、はじめから聞かないでよ。


別の場所でのもう1シーン。トイレ付近で。

「〇〇ちゃん、トイレ行きなさい。」
「出ないーー!!」
「今行かないとダメ!!」
「だって、したくないんだもん!!」
「じゃ、今度行きたいって言ったら怒るよ!トイレ連れて行かないよ!!」


・・・お母さん、そんな無茶な(笑)生理現象を怒らないでよ。


今になって思えば、こんな事は笑って見ていられますが、
子育て渦中のお母さんは、必死なんでしょうね。
きっと自分もそうだったんだと思います。

で、思いました。

ワンコの事も、今渦中にいるから、冷静に見れないところがあるのかな・・・。って。
でもそれも、お互いに成長して、だんだん折り合っていけるんだよね。
だからこそ、今熱くなったっていいじゃないかーーー!!



ところで、朝のお散歩は、芝生の公園へ行きました。
今朝は雨上がりのためか、芝生の深いところは、水を含んで濡れていました。

昨日までのペコとは様子が違い、今日は落ち着いていました。

芝生の上でスリスリ遊んだり、何かを見つけて芝生の中を調査したり。
DVC00035.jpg

近づけなかったトンネルのそばへ行ったり
DVC00036.jpg

ベンチですわっていたら、少し離れてリードの届く範囲をウロウロしていたと思ったら、
そばにきてこちらに向かってオスワリ。かわいすぎる・・・
DVC00007.jpg

途中、ウォーキングのおじさんを見てスイッチが入り、
こちらに向かってこようとして、一瞬「はっ」として、
自分の尻尾を追ってクルクルし、自分でスイッチを切っていました。

尻尾を追うのもストレスだと思うので、良いのか悪いのかわからないけど、
母を噛むのを躊躇したのかと思うと、胸にグッときてしまいました。

そんなこんなで、30分は広場にいたでしょうか。
今日はやったぞ!とガッツポーズの母。
さぁ、帰りましょうか。

帰り道、前方にのんびりお散歩中のヒトが・・・
yukinohi

こうやって、いっしょに少しずつ自信をつけていこうね。ペコさん。
朝の気持ちのよい風の中、ひとり心に誓う母であった(笑)

朝散歩 6時30分~7時30分 
噛み噛み なし
お天気 はれ 
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当

夕方散歩 16時50分~18時50分
噛み噛み 2スイッチ 
お天気 くもり
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当

夕方のお散歩で、芝生の広場に向かう途中、
おじいちゃんとお嬢ちゃんに出会いました。
今日はおじいちゃん、おしゃべりしながらも、
片手の単語帳に目をやりながら、なにやらブツブツ・・・。

昨日に続き、今日も英会話のレッスンがあるそうです。
レッスンでは、日本語交じりの英語になっちゃうので、笑われてしまうんですって。
なので、単語力をつけようと、お散歩の時間もお勉強に費やしてるんです。

「いくつになっても、向上心を持たんとな!!」
70歳のおじいちゃん、素敵♪です。尊敬します!

「今日も広場に行くんか~?」とおじいちゃん。
ペコのスイッチや、取り組みについて、おじいちゃんは理解してくれていて、
「何事も継続やな!」と励ましてくれました。

おじいちゃんとお別れし、広場へ向かいます。
ペコも行くのは嫌ではないらしく、特に誘導しなくても、
広場の方へは自分から歩いて行くんです。

雨が降りそうだった事もあり、広場には、だ~れもいません。
昨日までは、着いた途端に落ち着きがありませんでしたが、
今日は少し落ち着いているみたい。

20091026193318cf6.jpg


・・・と思ったのもつかの間、少年がひとりやってきました。

ペコは少年の姿を見つけた途端に、尻尾が下がり、
落ち着かなくなってしまいました。

昨日チャーリーママさんのブログのコメントにお返事を頂いたとおり、
前に立って、アイコンタクト、タンタンをしてみましたが、
やっぱり、徐々に興奮してきてしまいました。

こちらに向かってスイッチが入ったので、
立ったままホールドラッピングをし、静めました。

その後も、落ち着きなく尻尾を追ってくるくる回ったり、
再度スイッチが入ったり・・・

ターゲットにするための下準備が、まだできていないので、
なかなかこちらに集中してもらう事ができませんでした。

「こんなに怖がっているのだから、無理して来なくてもいいのかな・・・。
 広場以外では、ほとんどスイッチも入らなくなったし。」

ちょっとだけ弱気な虫が、母の脳裏をよぎりました。
だって、もしや「教育ママ」みたいになってる?って・・・。
でも、わが子にも、「教育ママ」的な事は一切ないんですよ。
人の道を外れないようにだけは、ちゃんと見ていないといけないけれど、
後は、見守っているしかない。って思ってますから。


いつも迷いが出てくると、チャーリーママさんの過去記事を読みなおします。
今日も家に帰ってから、記事を探しました。

ありました!ありました!
メンタルキャパシティー

記事抜粋
怖いと思う出来事に出会うと、瞬間的にプチパニックになり
見えるもの、周りにあるものすべてが、怖いものと区別できない混沌とした状態になっています。
そうすると、犬は、逃げる、吠える、とか
自分に取れる行動に支配された状態になってしまうのですね。
恐怖症もこういった感じなのかな。
このパニック状態になって、次第に落ち着いてくる時、その時怖い対象が消えている
そういう経験をしてしまうと、次からも吠える、や逃げるが強化されます。
始末の悪いことに、怖くて気分が悪い、それも消えてしまうために、
いつまでも怖いは怖いまま、なんですね。吠えたり逃げたりは強化され続ける。

怖いと思い込んでいるものが存在する時に、気分がよくなる、パニックがおさまる、
これが理想です。

で、もっと大切なことは
パニックに陥らないためにメンタルキャパシティーを鍛えよう、ということ。
思考を吹っ飛ばさないように、自信をつけるということが大事です。

「自分はやったわ」
って言う自信。犬たちにも経験させ続けたいと思います。


あぁ、まさにこれなんだなぁ・・・。
私が芝生の公園に通うのは、ペコにとって「かわいそう」な事じゃないんだ。


お散歩から帰ると、晩御飯までは、おにいちゃんたちのそばで、
支度ができるまでおりこうさんで待っています。
チャーリーママさんがおっしゃるように、根は穏やかさんなんですよね・・・。
DVC00074.jpg

焦らず、コツコツゆるゆると、取り組んでいこうね。
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。