上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャーリーママさんのオンラインスクールで、
犬の本が紹介されていると、ついポチっとしてしまいます^^;

なかなか読む時間がないので(言い訳^^;)
手元にはあるものの、ほとんど手をつけていない本も多くあります。

それなのに、またポチしてしまい、
昨日届いた犬本のうちの1冊。


DOG PARADISE―世界の犬100DOG PARADISE―世界の犬100
(2002/06)
藤田 りか子、オーサ リンドホルム 他

商品詳細を見る


犬種別にその特徴や付き合い方の解説と、
躍動する犬のカラー写真が美しいです。

真っ先に「柴犬」の項目を見ました。

以下引用

「キリリと引き締まり、誇り高く、我慢強い・・・」
つまり「日本犬」と一緒に暮らすというのは、
この「キリリ」の性格と真正面から付き合っていくことを意味します。
そう「自立性」と向き合うということです。



もちろんこれらの事は頭ではわかっていたものの、
この一文を読んで、改めて考えてしまいました。

個体としての様々な性格というのも、もちろんあるかと思いますが、
犬種としての性格を今一度しっかり念頭に入れておくべきではないか。と。

そもそも「柴犬」にベタベタした関係を望むのは、
はなから、おかど違いなんだよね^^;


おいら、キリリとしてるだろ!
CIMG8524.jpg



一昨日、全国的に荒れた空模様だったようですが、
ペコ地方も午後から例外なく大荒れになりました。

ひとりで留守番をしているペコが気がかりで、
仕事場から急いで帰宅した母です。

いつもなら「おかえり♪」と少し寄ってくるぐらいのペコが、
激しい雨と雷で不安だったのか、珍しく大歓迎で迎えてくれました。
そして、そのままずっと母の後を追うペコ。
おやつを持っている時以外、こんな事はめったにありません。

ここで母がバタバタしては、一層不安にさせてしまうと思い、
荷物を片づけ着替えると、静かに床に腰を下ろしました。

するとまたしても珍しく、ペコがスっとそばに来て、
身体が少しだけ触れる場所に座りました。

自分から寄り添ってくる事なんて、
めったにない、いや初めてですよ^^;

ペコの体温を感じながら、そのまま十数分の間、寡黙なふたり。

雷が遠くに去って行き、雨も止んできました。

ペコさん、おもむろに立ち上がって、
スっと離れていきました。

あぁ、ペコちゃん、行ってしまうのね・・・
そこで寂しがっていちゃぁイケナイ!


そうなんです。
これこそ「自立性」と向き合うってこと。(違うか)

まずは、母が考え直すべき思考回路がたくさんありそうです。


関連記事
スポンサーサイト
下の記事でカーテンについて書いたところ、
チャーリーママ先生からコメントを頂きました♪

カーテン・・・
同じカーテン。確かに。
でもペコ君が家に来た時にすでにあったものと、途中から出現したものとでは
えらい違いなんでしょうね。^^;
家には違いに敏感な、敏感すぎるココがいますし、猫はもっと敏感です。
ただ・・・
私がめんどくさがりのものぐさ^^;なので、とりあえず何もしないんですね。
その方が自分で近づくんですよ。
近づくときも声をかけないようにしています。
また、設置する時は必ずワンコの目の前で、ということは気をつけていますかね。
ペコ君がさらに成長したら、わざとカーテンを外したりまたつけたりを、声もかけずに淡々と行い、
それを観察させてあげると良いでしょうね~。



で、で、
端に寄せてあるカーテンにほとんど慣れたので、
閉めてみたんです。カーテンを引いた状態です。

母がカーテンを触りはじめた時から、すでに警戒モードのペコ。
で、ワンワン吠えはじめました。

でも、声もかけず、顔も見ず、
まさに淡々とカーテンの間を出たり入ったりしていたら・・・

なんのこたぁない。

ペコさん、静かになりました。

で、普通に閉めているカーテンでも、
自分で近づいてくる事ができたんです。


ありゃりゃ^^;


ペコ母、色々考えすぎました。


取り組み、取り組み!って考えると、
ついやらなくてもいい試行錯誤をしちゃって、
かえってごちゃごちゃになってくる場合もあるかも。


「臨機応変」


これ、重要ですね^^;



さて、さてーーーっ!
先日の事です。


唐突に次男が言いました。

「お母さん。6月30日にヨーヨーの全国大会が千葉であるんだけどさー
 その日、チャーリーママさんのトレーニングとかないの?」

ご存じの通り、次男はヨーヨーが趣味です。
きっといつかは - 2012.01.29 付

「え??なに??ちょっと待って!!」
すぐさまブログを確認いたしまして・・・


「あるよ!ある!しかも千葉だよ!座学だよっ!!」


ヨーヨーの全国大会と、チャーリーママさんの座学が、
同じ日に千葉で開催されるなんて、
これは、この日に次男と母が千葉へ行け!という、
ヨーヨーの神様とワンコの神様が、
まさにコラボして命じているようなものです。


そんなわけで・・・・


座学のお知らせ(私は社会化のドッグトレーナー)
6月30日の千葉座学に行くぞーーーっ!


待ってろ、千葉ーーっ!!



あ・・・。

また嵐を呼ぶ?
大丈夫ですよね、室内だし^^;



関連記事
ペコ地方、田んぼに水が入り、田植えの時期です。
イネ科の雑草が大の好物(汗)なので、苗を狙うペコ。

これこれ、それは食べちゃいけないんだよ^^;



日常の風景も、なんとなく趣があります。
12052103.jpg


久々なので、長文の予感です^^;


毎朝、ペコ父と、長男が家を出て行くのを、
デッキで見送るペコですが、抱っこが嫌な時もあるようです。
なので、そんな時は無理せず、下の隙間から見送るだけにしています。

今朝は、「抱っこしようか?」と言って手を差し伸べると、
嫌がる様子もなく、すんなり抱かれました。


あれ?

感触がいつもと違う・・・。


なんて表現したらいいのかな?
とてもやわらかく、力の入っていない、
ずっしりした感触なのです。

小さな子供を抱っこやおんぶをしていて、
そのまま寝てしまた時のような、ずっしりとした重さです。

起きている時は、本人が力を入れてつかまっているので、
さほど重さは感じなくても、眠ってしまうと脱力するからなんでしょうね。

本犬自身が、脱力したからなのかな?

とにかくコレ初めての体験でした。



そんなペコですが、
家の中ではクールガイです。

こちらからくっついたり、そばで横になると、
す~~っと離れていきます。

母が仕事へ出かける時には、
すっかりお留守番モードになっていて、
こちらが寂しいくらい素っ気ない(笑)

急いで帰ってきても、嬉しそうに寄ってきてくれますが、
そこまで興奮せず、すっと落ち着いてしまいます。



でもね、お散歩へ行くと、また違うんです。


スピードを合わせながら走ってくれたり、
楽しいね♪って言ってるみたいに、見上げてくれたり、
かなり意思疎通ができているような気がするのですが・・・。


お母さんの事、嫌いじゃないんだけどね~!
12052101.jpg




なので、母はペコの事を、
「ツンデレ」だと思うことにしました(笑)



さて、話は変わりますが・・・


諸事情により、自宅のキッチンを間仕切りしたくて、
カーテンを吊るす事にしました。

ペコ目線だとこんな感じ。
12052104.jpg


ペコは、吊るしたカーテンに向かい激しく警戒吠えして、
キッチンに近付けなくなってしまいました。

元々、日よけとかヒラヒラしたシートが苦手なのですが、
窓につけてあるカーテンは大丈夫なのです。

人間にとっては、同じカーテンでも、
ペコにとっては、理解できないんでしょうね。


テンプルさんの「動物感覚」の映画を思い出しました。

動物の視点で考える 2012.02.18付


この映画の中で、テンプルさんが自分の部屋のドアに、
「テンプルの部屋」と張り紙をしていたのですが、
風で飛ばされてしまって、なくなってしまいました。
その「張り紙がない」という事だけで、パニックになり、
それでも恐る恐る部屋に入ってみたら、
窓からの風でカーテンがひらひら揺れている!!

テンプルさんのパニックは頂点に達し、
その場からものすごい勢いで飛び出しました。


これと同じように、人間にとっては、どうって事ない情景も、
ペコにとっては理解できず、警戒の吠えとなる・・・。

そんなペコの様子を見て、
間仕切りカーテンなど、やっぱり無理だし、外してしまおうかな・・・少し頭をよぎりました。

でもね、でもね・・・

なんでもないって事をわかってほしい。
これから先、もっと色んな変化があるだろうし、
それを避け続けていくわけにはいかないもんね。


チャーリーママさんなら、どんなアドバイスをして下さるだろう・・・。
チャーリー組の皆さんならば、どう対処するだろう・・・。


とりあえず、警戒しているペコの気分転換にもなるだろうと、
お散歩に行きました。
お散歩中はカーテンの事など忘れているペコですが、
帰ってからは、また警戒し、キッチンには近づこうしません。


夕飯を食べながら、考えた末・・・


ペコから見えないキッチンの床に腰をおろし、
おせんべいをバリボリ食べ始めました(笑)

ここにくるためには、ペコはカーテンの下を通らなくてはいけません。



バリボリ、バリボリ・・・


ペコの足音が聞こえてきます。
立ち止まりながら、上を気にしながら、
こちらの様子をのぞきにきました。


ペコ母、後ろを向いて引き続き食べます。


バリボリ、バリボリ・・・


母の顔をのぞきこんできました!


おぉ!!すごいね!!

褒めて、褒めて、おやつをあげました。


ペコもちょっと自慢げな顔です。



そうです「やればできる仔」なんです。

母が限界を決めてどうする!



その後は、少しずつ間仕切りカーテンにも慣れて、
カーテンの下にある水も飲みにこられるようになりました。


すっかり慣れてしまえるように、
母の「お菓子バリボリトレーニング」続きます。
今日は初めての「かりんとうまんじゅう」





ペコの成長は、まだまだこれからです!
母の成長(体重)も、まだまだこれから?・・・(汗)
関連記事
すっかり週一のペースになっております^^;
いかん、いかん・・・。

それだけ、穏やかな日常が続いている。
ということにしておきましょうか(汗)

お散歩途中で落ちているボールを見つけました。

これ、ボクのっ!!


あんまり嬉しそうなので、取り上げるのも可哀想かな(笑)
で、咥えたままにしていたら、さすがにアゴが疲れたのか、
途中でポロっと落とし、うらめしそうに母を見上げるペコさん。

「はいはい♪それじゃ、持って帰ろうね♪」

カバンに入れると、納得して歩きだしました。



そうそう。小田原の散トレに行った時、
はやままさんが手作りの「砂肝ジャーキー」を下さったのですが、
それが相当気にいったらしいので、私もマネして作ってみました。

最近は、その「砂肝ジャーキー」を持ってお散歩に出かけています。

砂肝パワーで、アテンションが取れる!取れる!

今のところ 母<砂肝 かもしれませんが、
そのうち 母=砂肝 になる事でしょう♪

・・・えっと、母=砂肝が嬉しいかって言われれば、
砂肝と比較する事自体が、なんかヘンなのですが(笑)



取り組み中の、対人、対犬へのガウりも、落ち着いてきています。

とにかくリードを緩める事。
相手の人や飼い主さんに明るく挨拶をする事。
執着しそうな時は、インターセプトする事。
それでもダメなら、こちらにアテンションを取る事。
そして一番大切なのが、母が慌てない事(笑)

おやつをポ~ン♪と道に投げてみたり、
途中で「あ!」と言って座り込んで、
地面に落としたおやつをいかにも母が見つけたようにペコに教えたり・・・。

そうやって色々遊びながら歩いていると、
ひとり旅しているように見えても、
耳や気配は、母を意識しているように思います。

そんなこんなで、小さなコツコツが、功を奏してきているような・・・。

最もニガテとしているワンコさんにも、
突然間近での遭遇でなければ、
アテンションが取れるようになってきました。


な~んて、調子に乗ってると凹むことがあるので、
ほどほどにしておこう(笑)



ところで・・・。
毎朝、ペコ父、長男が先に家を出て、
次に次男が家を出ます。

その時ペコは、玄関を出たのを確認すると、
開けてある窓からデッキに出て、
いつも下の隙間からみんなを見送るのが日課になっています。

母もペコと一緒に見送るようにしているのですが、
先日ペコに「抱っこしてバイバイする?」と言うと、
ピョン♪っと身体を任せてきたのでびっくり。

これは朝のペコではないのですが、こんな感じ。
ちょっと重いので、片足の上にペコのお尻を乗せています(笑)
あ!ペコ母ナマ足じゃないですよ^^;ベージュのパンツ履いてます(笑)
12051101.jpg



ガウガウ、噛み噛みのペコですが、
叱らないで育ててきて、こんな穏やかさんになりつつあります。

関連記事
面白い表情が撮れました^^




GWに実家へ行ってきました。

以前もこちらに書いたのですが・・・

子の親であり、親の子であり(2011.09.19)

長男の受験や、進学もひと段落し落ち着いたので、
物忘れが激しくなってきた実家の母の様子を見に行くのが目的でした。
私ひとりでの里帰りです。

実は・・・。
母に対してずっとわだかまりを持っていたんです。
小さいころからいつも人と比較されて育ちました。

テストで頑張っても、
「ふ~ん。それで?○○ちゃんは何点だったの?」てな具合です。

頑張っても、頑張っても、いつも人と比較され・・・。
そんなことは、どこの家庭でも普通にあることなのかもしれませんが、
その程度が、やっぱりちょっと異常だったと思います。

私は、母の望む「イイ子」になろうと頑張りました。

高校は母の希望通りの進学校に進みましたが、
そこに来て気づいた。

何かが違う。って。
母に認められるために頑張ってるの?

で、そこからですね。反抗し始めました(笑)
そんな思春期の思いをずっと引きずったまま今に至ります。

そんな母が、何度も同じ事を聞いたり、
自信なさげな様子があったり、
あれほど強気だったのに、私に頼ってきたりすることが、
とても不思議な気持ちになりました。

実家にいるときに、
「この家には、今お父さんと二人しかいないんだよね?」と
母が確認するように、私に聞いてきました。

父によると、時々私や兄が一緒に暮らしていた頃と、
錯覚を起こす時があるようなのです。

これは、その頃の記憶が、
鮮明に残っているということなのでしょうか。


母がぽつりと私に言いました。

「アンタ(私のこと)いつのまに、そんなにしっかり者になったの?」

その時、私の長年のわだかまりが、
ふっと消えていくような気がしました。



ありのままを認めて、受け入れる。

比較しないで、頑張りを認める。


これ、ペコと暮らして、日々感じている事ですが、
人だって同じですね。

否定される、認められないことで、
心は固く閉ざされていきます。

人もワンコも同じです。絶対に!



母は今後、ものわすれ専門の病院への受診を予定しています。
それもどうやら数カ月待ちのようですが・・・。


これからは、
母の状態を受け入れ、できるだけのことをしていきたいと思います。



実家で母から買い物に誘われました。
母は、私に洋服と帽子を買ってくれました。

私に似合う服や帽子を選ぶ母は、すっかり母親の顔になり、
すっかりおばさんになった私なのに、
母には、幼い娘に見えているように感じました。




ぼく、ちゃんとお留守番できるから、
またおばあちゃん家に行ってもいいよ♪

12050902.jpg

よろしくね♪ペコちゃん。




関連記事
GWですが、昨日、今日と平常運転のペコ家でした^^;

明日からは4連休。
中の2日間は、ペコ母ひとりで実家に帰省の予定です。


チャーリーママさんの座学。
皆さんのブログで、その内容の濃さや、充実度が伝わってきます。

ママさんと出会ったのは、ペコの「噛み」がきっかけでした。

お陰さまで、ペコも転位噛みや、
スイッチ噛みがほとんどなくなってきました。

若さゆえ、脳のコントロールができず、
わけがわからなくなってしまう状態を、
ホールドラッピングや、
抱っこで我にかえる事を取り組んできました。

その一方では「叱らない」「正解をマークする」を基本に、
日常の生活や、お散歩も、今では普通にできるようになってきました。


そんな今日この頃・・・


落ち着いて暮らせるようになったけれど、
何かが足りない?


なんとなく、頭の片隅にいつもひっかかっています。


そのキーワードは「自信」。


犬の欲求を満たすことによって、
自然とわいてくる「自信」

その自信を引き出したい!!


・・・と色々な事を考えていた時、ふと思ったのが、長男の事。



長男は始めての子育てというのもあり、
育児書を片手に育ててきたような気がします。

離乳食だって、レシピを見て作ったり、
ニガテな野菜は細かく刻んで、ハンバーグに入れたり、
ホットケーキにしたり・・・。

そのせいか、未だに好き嫌いが多い長男^^;
次男はその点、テキトーだったので、好き嫌いナシです(笑)


外遊びでもそう。

当時は「公園デビュー」なんて言葉がはやり出した頃で、
私がめちゃくちゃ身構えてしまっていました。

「お友達を作らなきゃ!」とか、
「ママ友を作らなくちゃ!」とか(笑)

長男は大人しい子だったので、
砂場ではいつもおもちゃを取られっぱなし^^;

その時母は焦りました。


「返して!って言ってごらん!」


でも、長男、言えないんですよね。
そんな長男にイライラしたり、がっかりしたり・・・。


そのうちそういう自分が嫌になり、
だんだん賑わった公園から、足が遠のいて行きました。

誰もいない、人気のない(笑)公園で、
長男と一緒に遊んだり、お散歩したり・・・。

長男、自信がなかったんですね。
何をするにも「○○していい?」って聞くようになっていました。
そんな事いちいち聞かなくてもいいのに・・・。


その頃からです。
なるべく口出し、手出しをしないようにしよう。
その代り、本人が決めたことや、頑張った事は、
心から一緒に喜ぼう!と思うようになりました。

大人しかった長男も、大きくなるにつれ、友達ができ、
趣味を見つけ、自分にも自信がついてきたんでしょうか。

今、大学生になりましたが、
それなりに楽しくやっているようです。


あぁ、また何が言いたいのかわからなくなってきました^^;


とにかく、アレです。


ペコを見ていると、
砂場で「返して!」って言えなかった長男を思いだすんです。


だからなのかな、よけいに愛おしい。


楽しく、嬉しく、美味しく、満足した日々。
そんな毎日を送らせてあげたい。
しみじみそう思う、今日この頃です。





関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。