上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんには、大変ご心配おかけしております。
少し落ち着いてきたので、途中の記録をしようと思います。

その前に・・・

沢山の方々から、拍手コメント、ツイッターでのDM、
そして、ブログのメールフォームからもメールを頂きました。

個別にお礼をさせて頂けず、申し訳ありません。
本当に心から感謝しておりますです。

もうねぇ、泣けちゃいました。
やさしいです。皆さん。

チャーリー組さんでない方々からも、
色々アドバイスや励ましを頂きました。

ひとりで悶々としていた中、
「ひとりじゃないよ。」と言ってもらって。
だのに私からはなかなかアウトプットできず、申し訳なく思います。

今色々勉強中でありまして、
こちらもまだ途中の段階です。
ツイッターも復帰できていませんが、
チャーリー組さんのお散歩トレーニングの記事は、
時間のある限り、拝見させて頂いています。

皆さんの頑張りを見ると、つい焦ってしまう自分もいたりしますが、
ここはひとつ、今目の前にある「課題」に集中しようと思います。



前回の記事の最後の方に書きましたが、
「甲状腺機能低下症」の血液検査を受けてきました。

サイロキシン(T4)
遊離型ホルモン(FT4)
血液の甲状腺刺激ホルモン(TSH)

診断に、擬陽性が多いということから、
確実に診断できるよう、この3つを測定してもらいました。

血清がたくさん必要なので、採血の時間も長かった~!
ペコちゃん、よく頑張りました。



結果は、「問題なし」


先生からは、可能性は低いと言われていましたが、
ずっと気になっていたので、かなりホッとしました。
そして、皮膚炎との関係がない事がわかり、
原因からひとつ「除外」できたことで、
今後の指針にもなると思います。


その後、引き続き療法食を続けていて、
それ以外は口にしていません。

こまめな掃除。

敷物(クッションや毛布)の頻繁な丸洗いと乾燥。

お散歩から帰った後の、念入りな身体拭き。

とにかく原因と思われるものを排除!排除!です。


ステロイドは、4-5日間隔でプレドニゾロン1.25mg(四分の一錠)を飲ませ、
足舐めが酷い時には、外用のコルタバンススプレーでしのぎました。



赤みが増え始めた頃のペコさんの口周り。
12112305.jpeg



今夜の口周り。
12112304.jpeg

今夜の肉球。
12112303.jpeg



最高にひどかった時の写真を撮っていないので、
比較にはならないのですが、
ずいぶん治まってきたと思います。



メールやコメントで色々アドバイスを頂きました。
獣医さんとも相談しました。
自分でも、あれこれ本を手に入れて、読み、勉強中です。
で、今思っていることを、記録しておこうかなぁ。



結局、原因はよくわからない。のが現状です。
食物アレルギーなのか、季節性なのか、環境によるものなのか、
それが全部混在してるのかもですね・・・。


・・・そんな中、食べ物についてアレルギーがあるのであれば、
リンパ球反応検査を受けてみると良いのでは?というメールも頂きました。


ペコは以前、アレルゲン特異的IgE濃度検査は受けています。

これは、環境(ダニ、カビ、草花など)や食物のうち、
Ⅰ型と呼ばれる、即時性アレルギーの検査です。

食べてすぐに反応しますよ。というもの。

リンパ球反応検査というのは食物アレルギーのうちの、
Ⅳ型アレルギーの検査です。


これは、食べてから24時間~48時間後に、
アレルギー反応が起きるもの。
遅延性アレルギーの検査です。


私も一時は考えたんです。
受けてみた方がいいんじゃないかなぁ・・・。と。

獣医さんにも何度か相談しました。

でも、結論としては、受けない方向で行こうと思っています。


これは賛否両論で、それぞれの飼い主さんが決めることだと思います。


人のアレルギーやアトピーの本も読みましたが、
この検査結果はあくまでも「血液中」の検査結果であって、
実際それを食べたときに、反応が出たり、出なかったりする。
検査結果は、「確定」ではないこと。

それから、この数値は変化していくものであること。

だから、結局「イタチごっこ」のようになってしまい、
飼い主(私)の精神衛生上、極めてよくないと思われること^^;

食べることは生きること。
食べることは楽しいこと。


そういう方針でやっていきたい私としては、
症状が酷く出ないかぎりは、色々な美味しいものを食べさせたいということ。


今、療法食を食べていますが、
症状が落ち着いてきたので、もう少し落ち着いたら、
少しずつ他のものを食べさせてみようと思っています。

人のアレルギーの本を読んでいて、
疑われる食べ物を、除去⇒負荷していく。というのが、
もっとも確実であると読みました。

これまでは、そこまで深く考えておらず、
何を食べたら様子が変わった。という事がわかりませんでした。

ひとつずつ。
少しずつ、負荷しながら、様子を見て、
そして、美味しいものを色々食べさせたい。


人もワンコも基本的な身体の仕組みには、
さほど違いはないはずです。

除去の期間が長くなればなるほど、
負荷した時の反応が酷く出る。と書かれたものもありました。



おにいちゃん。さいきんおかあさんがおやつくれないんだよ。
12112301.jpeg




それから、薬について。


ステロイドについてです。

ステロイドは、悪者にされがちですが、
用法、用量を間違わなければ、怖がるものではないこと。

使い方のうち、重要なのは、「減薬」であること。


一番最初の獣医さんとは、ケンカ別れしていますが、
この先生が「減薬」を一番上手に指導してくれたと思います。

ただ、その薬がステロイドと知らされていなかった・・・。

昨年は上手に「減薬」できたので、
今の時期には、痒みが治まっていました。

今年は先生を2度変えていて、
ステロイドの指導が、飼い主任せだったこと。

これが痒みを長引かせたようにも思います。

幸いなことに、昨年の記録が残っていたので、
昨年の減薬を参考にすることができました。


もうちょっとです。
もうちょっとで、薬をやめられるかな。

焦らない。焦らない。


ダラダラ使うものじゃないと言いますが、
ほんの少しの粒が、弱っている副腎を助けてくれています。


方針としての結論は、まだ出ていないのですが、
今のところ、私としては今後・・・



薬ともうまく付き合いつつ、
QOLを著しく低下させないように、
美味しく楽しく過ごそう!


を目標にしようと思います。

まずは、食物負荷の勉強ですな^^;



それから・・・。


色々あって、すっかり疲れてしまった私。

弱音を吐いてちゃいけないんですが、
精神的にきつくなっていました。


チャーリー組さんのカイカイ大先輩、
Gくんの飼い主である、A兄さん(笑)に「レメディ」をお願いしました。
ペコと私が一緒に使えるバッチリなやつです。
ありがとう!兄さん!

プラシーボでもいいんです。
おかげで、かなり元気が出てきつつあります^^





明日は、家族全員、ペコも一緒に、名古屋の実家へ行ってきます!!


母が長男や次男の事を忘れてしまう前に、
みんなで行かなくちゃ!!


そんなこんなで、ぼちぼち頑張っています。



もう少し。もう少しです。



関連記事
スポンサーサイト
このひと月近く、ブログも書けず、
ツイッターでもつぶやけずにおりました。

未だ上がり調子ではないのですが、
こんな私に、DMを下さったり、気にかけて下さったり、
そっとしておいて下さったり・・・
ありがたいことです。本当に。

で、近況ですが書いておこうかと思います。

すごーーーく重くて、長くなりそうですが^^;


前回の記事の後あたりから、
ペコのカイカイ症状が悪化していました。

口の周りは以前のように赤くなり、
さらに足舐めが激しくて、真っ赤になってしまいました。
痒みのある皮膚は、ところどころハゲてきます。
お股やお腹は毛が抜けて、地肌が丸見えちゃん。

焦りました。

ステロイドを徐々に減らし、中止したところでした。

で、焦った私は、何を血迷ったのか、
手作り食に変えよう!!と思いたち、
須崎先生や、長瀬先生の本を再度読み、
必要なエネルギーや、食材を吟味し・・・

で、数日食べさせますが、症状はさらに悪化・・・(ToT)


この時点で、冷静な判断力がなくなっていました。


サードオピニオンで行き始めた病院では、
今の状態をリセットさせるべく、
またもやステロイド服用に逆戻り・・・。

食事も低アレルギーのものに・・・
といういつものパターン(ToT)

絶対にアレルギーがおこらないはず。の、
「ロイヤルカナン アミノペプチドフォーミュラ」に変えることになりました。


最後まで「酸化防止剤」を使ってるから嫌だーーっ!と抵抗しましたが、
先生からは「お薬だと思って、我慢してください。」と説得され。

泣く泣く食べさせることに。


このフード、原材料を見て泣きそうになりました。


フェザーミールって何よ・・・・


私の頭の中は、羽毛でいっぱいです。
まさか、毛を食べろというのですかっ!?


どんな味?いつものように一粒食べてみました。

まさに、コンソメパンチです。味も臭いも。
口の中に香辛料っぽい香りが残ります。
ここまで香りをつけないと、
消せない臭みなのかも・・・。


ご飯は一番の楽しみであるはずなのに、
毛を食べさせて、ごめんね・・・。

このフードをあげる度に、心を痛めていました。

そんな時調べていたら、知恵袋にこんなことが書いてありました。


以下、引用

アミノペプチドフォーミュラには蛋白質が入っていません。
ほぼすべてオリゴペプチド以下に分解されています。
なので蛋白源はないのです。窒素源といのは蛋白質、
ペプチド、アミノ酸の原材料のことです。

副産物を捨てる部分というのは間違った認識です。
副産物というのは枝肉以外の部分、
つまり内臓や骨、皮などを言います。
レバーやハツ、タン、ハラミ、ミノなど、
良く食べられているものも副産物です。
他にも副産物が原料となっている様々な食べ物や調味料を私たち人間も多く食べているんですよ。
フェザーミールは副産物を加工した飼料です。
確かに人間が食べることはないですが、
非常に蛋白含有率が高く、不純物が混じらない窒素源としてはかなり優秀な原料です。
不純物が少ない分、加水分解がより安全に行え、
より細かくできると思われます。
人間は羽を取って食べますが、肉食動物は羽ごと食べるものです。
羽だって重要な蛋白源なんですよ。
犬のことをなんでも人間目線で考えるのはよくない傾向です。

値段が高いのは、ここまで細かい分子量の加水分解食を作りつつ、
嗜好性や栄養性も高い食餌とするのに、
かなりの時間と労力、つまり開発費を使ったからでしょう。





少し頭を冷やそう・・・。
そう思いました。



ネットを見るとどうしても、
アトピー、アレルギーを手作り食で改善できる!という記事ばかりが目について、
療法食を与えていることが、「いけないこと」のように感じてしまいます。

でも、世のワンコさんの中には、療法食でなければ、
健康な状態を維持できない仔も沢山います。
(その思い込みが間違いと指摘されるかもだけど)

何かしら病気だったり、ペコのようにアトピーやアレルギーの仔が、
手作りでやっていくためには、
それを理解して、サポートしてくれる獣医さんの存在が不可欠なのです。


私が少しだけ手作りをしてみて、
症状が悪化した時も、「解毒」が起きていたから。なのかもしれません。


けど、それを「解毒の状態だから、もう少し続けましょう」と言ってくれる獣医さんがいないと、無理なのですよ。


犬飼いの経験が豊富だったり、
ずっとその病気とつきあいが長ければ、
今のこの状態が「様子を見てればいいのか、急を要する」のかわかるかもしれません。

でも、私にはまだその自信がありません。


どんどん状態が悪化していく仔を目の前にすると、
病院へ行かざるをえないわけであります。


ここで、色々な情報を見たり、読んだり、
今の思いを言葉にしてしまうと、
また私の迷いが出てくるような気がして・・・。
それで、色々断とう!と思った次第でございます。


療法食&ステロイドと抗生剤で数週間すごし、
状態はだいぶ改善してきました。

ステロイドは内服もしていますが、
副作用の少ない「コルタバンス」を処方してもらい、
内服を少なめにして、局所的に使用しました。


※コルタバンスは以前ツイッターで、
 ミシェルママさんが、教えて下さいました。


それから、こまめな部屋の掃除。
こまめな敷物の洗濯。

お散歩から帰った後は、蒸しタオルで顔から身体、
足の指の間まで、念入りに拭きました。

毎日、毎日洗濯ものが増え、
この時期、ただでさえお天気の悪い日が多いペコ地方。

半ばノイローゼ状態になりそうでした(ToT)




そんな精神状態な中、
私に追い打ちをかけるようなさらなる事件がありました。


お散歩中に「焼きサンマ」が入ったポリ袋を丸のみさせてしまい。
(2週間前ですが、まだ出ていません。そんな矢先、昨日も
 ペコ父がお散歩中に、ご飯粒が入ったポリ袋をまたしても丸のみ・・・)


おじいちゃんのお嬢ちゃんに咬まれ・・・
(これは、私の失敗です。目の前に落としてしまったおやつを、
 お嬢ちゃんが食べなかったので、拾おうとしたからです。)
ケガはありませんでしたが、カッパの袖が見事に引きちぎれました(ToT)
 
咬まれた事もショックでしたが、
私は今までいったい何を学んできたんだろう・・・という落胆が大きいです。




ペコの取り組みにしても、
一朝一夕にはできなかったこと。


アトピーやアレルギーもステロイドも、
ずっとつきあっていかなければいけないのならば、
もっとしっかり学んで、理解して、
そして、ペコの身体と相談しながらやっていかなければなりません。


あの仔がうまくいった方法が、
必ずしもウチの仔に合うとは限らない。

これは、ママさんの取り組みでも同じですね。

基本的な事、根っことなる部分は同じでも、
それぞれの飼い主とワンコさんで、
少しずつ違うはずです。


カイカイについても、
なるべく薬に頼らずに、私とペコにとって、
最善と思える方法を模索していこう。

それは、月単位、年単位になることでしょう。


まずはとりかかりとして、
ペットの自然療法事典を購入しました。


ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)ペットの自然療法事典 ペーパーバック版 (GAIA BOOKS)
(2010/12/01)
バーバラ・フュージェ

商品詳細を見る




それから・・・。


もうひとつ気がかりなことが。


ペコの様子をずっと見てきて、私の勘みたいなものなのですが・・・。



もしや、甲状腺機能低下症があるんじゃぁないだろうか。と。



ずっと薬を飲んでいるので、
肝機能を調べるために、先日血液検査を受けました。

ALTは範囲内。GGTはボーダーラインでしたが、
なんとか範囲内でした。

GGTはかなり数値が変わりやすいので、
ALTに問題がなければ、今のところ大丈夫とのこと。


そんな中気になったのが、貧血。


甲状腺機能低下症というのは、
犬にはわりと多い病気です。


ずっと気になっていたのですが、
今回「貧血」だったことで、ますます怪しいと思うようになっております。


このところ、寒い日が続いたのですが、
ストーブを出せてなかった数日、
丸くなって寝ているのですが、後ろ脚が震えていました。


元気がない。覇気がない。

寝てばかりいる。

小さいころから時々耳が傾く(頭が傾く)
これは、外耳炎などではなく、前庭症状に思えます。

眼やにがなかなか治らない・・・。


そんなに心配してどうするの!?って言われそうですが・・・。


私が納得したいので、
次回、再度検査に行く予定です。



そんなワケで、母の状況も気になりつつ、
ここが踏ん張りどころ!で過ごしております。




はやままさ~ん!来客トレの記事は絶対書くから待っててねーー!!


関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。