上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末の大掃除買い物でバタバタしているうちに、
あっという間に大晦日になってしまいました~!^^;

今年も色々ありました・・・。


ペコ母実家の母が認知症と診断されるまで、
何度も名古屋に通いました。
なんとなく心の片隅にいつもそれがあるために、
関係ない事まで悲観的になってしまいがちでした。

春から冬までのペコのカイカイも、
根っこの部分に、母への心配があったために、
余計にイッパイイッパイになってしまったのかも。

そんな中、ワンコを懸命に学ぶことが、
私の精神状態を支えてくれていたのかもしれません。


4月には、小田原へ遠征し、
6月は千葉、9月は名古屋の座学に参加しました。
10月には、はやままさんがペコ家に来てくれて、
年明け1月にはアズアズさんも!!


色々な悩みや、心配がある中でも、
こうしてまた一年頑張ってこられたのは、
日々更新されるチャーリーママさんのブログや、
チャーリー組の皆さんの励まし、
そして、愛しいペコの存在に他なりません。

ありがとーーーっ!!



先日、ペコ父の古い携帯に入っていたペコの写真を見つけました。
ペコが家に来てすぐの頃。まだ2か月です。


不信感いっぱいのまなざし。


緊張で食いしばっている口元。
12122901JPG.jpg

ワンコを学んできたからこそ、
わかる表情なんだろうな・・・。
あの頃は、ペコの不安や緊張をちっともわかってあげられていなかった。


先日久しぶりにお天気が良かったので、
ペコ父と母とで少し足を延ばして、海まで行きました。


ペコちゃん、今は幸せですか?
12122408JPG.jpg



この笑顔をずっと見ていたいから、
私はこれからも、学びの足を止めることはありませんぞ!




さて、そんな私の来年の抱負は・・・。


また明日にしましょうか^^;



皆様良いお年をヽ(^o^)丿



関連記事
スポンサーサイト
ペコの犬生が、犬らしく充実してほしい。
そしてペコの犬生に、
私たち家族が、なくてはならない存在になれますように。

あなたが大好きだから。
同じ時を共に過ごす、大切な家族だから。



むむ!あやしいぞ!



ねぇ、ねぇ、おかあさんも、なにかかんじるでしょ?
ぜったいに、あやしいよね!!
12121606.jpg


ぜんぽうに、いじょうなーし!
12122101JPG.jpg


ひだりも、いじょうなーし!
12122105JPG.jpg



おかあさん。きょうのおさんぽはさむかったね。
すとーぶは、あったかいね。
めがわるいのに、めがねはずしてるのはなんでかな?
そうか。ちいさいもじがよくみえないっていってたなぁ。
12122103JPG.jpg



だっこしてもらうと、おそとがよくみえるんだ。
ぼく、だっこして!っていえるようになったんだよ。
12122106JPG.jpg



おとうさんと、おにいちゃんと、ぼく。
みんなねむいんだよ。
12122104JPG.jpg



「犬がいる、ごく普通の生活」ができるだけでよかった。
でもその「普通」すら難しかった。


それが今では、
「犬と共に暮らせる、楽しい生活」になったと思います。


転位噛み。
家の中で、激しく遊んだ後、ガス抜きのように暴れまわり、
私の腕をガブーーーっと噛みにきていました。

興奮しすぎだよ。そろそろ静まりなよ。というタイミングに、
そばにいる私は、おもむろに立ち膝の姿勢になり、腕を組みます。
その姿を見るやいなや、自分でブルブルして、
興奮を鎮めることができるようになりました。

まだ、たまに失敗もあります。
勢い余るっていうか。小さな反抗というか・・・。
でも、もう大丈夫。
「噛み犬になったらどうしよう。」そんな不安は一切ありません。



興奮させすぎちゃいけない。と思って、
ペコのクッションや毛布などは、こちらを見ていない隙に、
急いでたたんだり、移動したりした日々もありました^^;


それが今では・・・
私がクッションを干すために持ち上げると、
それをガウガウ噛みに来るので、
そのまま私も一緒にガウガウ言いながら遊んでしまいます。


今だからわかることです。
かかわりたい。遊びたい。
狩猟欲。攻撃欲。そんなものも混ざってるのかな。
満足すれば、自分で離せるし、勝手に冷めることもあります^^;


かといって、いつでも遊ぶわけではありません。
ガウガウ噛んでほしくないものもあります。

そんな時は、「マテ!」「それはやめてね!」と強めの声で伝えます。
もしくは、ガウガウしても、淡々と片付けます。

これで、座ってくれたり、やめてくれます。

これは、叱りじゃないんですよね。
こんな事も、以前は迷っていました。
強い声では、言えなかった。
言ってしまうと、築き上げてきた関係が壊れてしまうような気がして。
ただ単に自信がなかった。


でも、子供と同じでいいんだなぁ。って思うようになりました。
これも、今だからわかることです^^;


自分から、寄り添ってくるようになりました。
ただし、少し距離を置いて(笑)

それが、雷が鳴ったり、風が強かったり、
不安な時になると、かすかに触れ合うくらいの距離になります(笑)


家族が帰宅すると、喜んで出迎えるようになりました。
尻尾フリフリじゃないけれど、ペコなりの表現で。


デッキから外が見たくて、
抱っこを催促してくれるようになったんです。
「抱っこする?」と言うと、
抱かれやすいように、横向きに寄ってきます。


いろんなことを覚えてくれて、
少しずつ自分から要求をしてくれるようになって・・・


求めるばかりじゃなく、
私はペコを理解してあげられてるのかな。
十分受け止めてあげられているのかな。



おかあさんと、おともだちといっしょに、
はじめてどっぐかふぇにいったよ。
ぼくは、ワンワンいったけど、
おかあさん「えらかったね~♪」っていっぱいほめてくれたよ。
12122107JPG.jpg
くりすますだから、おかあさんがおもちゃをかってくれるんだよ!


犬との暮らし。
楽しいけれど、楽しいだけじゃない。
命を引き受けること。
その命を一生守ること。
幸せな犬生を過ごさせること。
そして自分も幸せになること。

関連記事
ロザリアンペコ父、先日念願だった「クリスマスローズ」を手に入れました。
今、たくさんの花を咲かせてくれています。
寒くてもこうやって凛と咲く姿を見ると、
私も寒さに負けず、頑張ろう!な~んて、思ったりします。



きょう、おそとがみたいっていったら、
おとうさんがだっこしてくれたんだよ。
12121603.jpg



ペコのカイカイも落ち着き、
ようやく皆さんのブログもじっくり拝見したり、
ツイッターでつぶやいたりする時間ができてきました。



そんな中、今まさに、私と同じように「噛み」や、
「お散歩中のスイッチ」や「突進」で頑張っている
お仲間さんとの出会いがありました(*^_^*)

手をつないで歩きたい
黒柴のクロマルくんです。
本家ブログにも、以前登場したことがありますね^^
ざっとまめてみました(私は社会化のドッグトレーナー)
トラコミュに参加されるために、ブログを開設なさって、
クロマルくんとの奮闘記を綴っていらっしゃいます♪
噛みに悩んでおられる記事は、気持ちがわかりすぎて、
胸が苦しくなりました。


それから・・・

Luigi de bracco
オランダ在住のルイジくんと暮らすカヤコさん。
オランダって、日本との時差が8時間あるんですね~!
日本は今、夜の8時だけれど、オランダはお昼頃なのかなぁ・・・。
カヤコさんも、ルイジくんのお散歩でのスイッチ噛みに取り組んで、
最近は、落ち着いていらしたようです。
私、ブラッコ・イタリアーノというワンコさんを知らなくて^^;
成犬になる頃には、40㎏になるんですって!!
引っ張りや突進は、きっと想像を超えると思います。



私は、ずっとチャーリーママさんのブログで、
通信過程でお勉強してきました。
今だから言える事ですが、ひとりで通信でお勉強していると、
とてつもなく不安になる時があります。


私が取り組んでることは、これで正しいのか?


お散歩トレーニングに参加できたら、
どんなにいいだろう!!不安もきっとクリアになる!!
そう思い、小田原まで出かけて行きました。
それから、座学にも参加しました。


小田原では、先輩方の歩き方や、ワンコさんとの接し方を学び、
座学では、犬と向き合う根っこの部分を学びました。


それでね、通信でも大丈夫だって確信しました。
たとえ遠く離れていても、根っこの部分さえ抑えていれば、
わが仔と楽しく暮らせるようになれるんだ。って。


じゃ、根っこって何よ??


むむむ・・・


叱りや体罰をしない。
褒めて正解を伝える。
名前を良いものにする。
犬という動物を学ぶ。

そして、一番大切なのは、
飼い主が、強い心を持ち、どんな状況でもそれを楽しむこと。


え?それだけ?
あはは^^;
まぁ、そこに色々枝葉がついていくんだろうと思いますが^^;



ひとつひとつのテクニック的なものって、
ワンコさんと飼い主との間に作り上げていくもので、
すべてのワンコさんが同じ方法なハズがないんですよね。

だから、お仲間さん達のブログで、
こういう時に、こうしたらうまくいきました!というのを読んで、
へ~!あの仔はそういう方法でうまくいくんだね!
ってことはありますが、それをそのまま持ってきても、
うまくいかなかったりします^^;


だから思考錯誤して、
ウチの仔と向き合っていくことになるのですが、
うまくいかなくて、失敗して、凹みます。


お散歩で拾い喰い!
あぁ、名前を呼ぶタイミングが遅かったのかなぁ・・・。
また食べそうになったから、今度はリードを引っ張っちゃった。

苦手なワンコさんに会って、
スルーできなくて、酷くガウガウしちゃって、
相手の飼い主さんに苦笑いされたよ。
もっと早めにこちらに注目させれば良かったなぁ・・・。

アイスバーンの道路で、急に走りだすから、
すってんころりん、尻もち☆でお尻に青アザできちゃったじゃんっ!

凹みますね。
凹みますとも。
お散歩から帰って、しばらく引きずります^^;


そんな時も、
次はこうしてみよう、あぁしてみよう!って、
前向きに、楽しめれば、
イライラやモヤモヤを家族や、
ワンコさんに向けなくてすみます^^;



でもね、
それって、ひとりじゃなかなか難しいんです。
負のスパイラルに陥っちゃいます。


思うに、私が今まで頑張ってこられたのは、
一緒に頑張るお仲間さんからの励ましがあったからに他なりません。



だから、同じように遠くでひとりで頑張っている方に、
どうか踏ん張ってもらいたいし、
ここにも仲間がいるよーーーっ!!って伝えたい。


ひとりじゃないよ。
12121605.jpg



関連記事
お散歩は、いつものコースを歩きました♪
行きは私がリードを持ちました。

普段のお散歩でも、とりあえずうん様をするまでかなり早足なので、
一緒に小走りしてもらいましたが、
はやままさん、全然息があがりませんよ。鍛えてますね~~!!
はやてくんとのお散歩では、もっと走るんだって!!
私、すぐ息上がっちゃうからなぁ^^;

途中、私が舌べらクリッカーで「タンタン♪」をしたら、
イイ音♪って褒められました~ヽ(^o^)丿


家の中ではあんなに警戒していたのに、
一緒に歩いている間は、全く警戒していない様子です。

よし、リードを持ってもらおう!
今までにペコのリードを持ってもらったのは、
ペコ家以外では、チャーリーママさんだけ。

まだまだ、誰かにリードを持ってもらうのは、不安です。
けれど、はやままさんには、安心して任せられました。

ペコは時折、はやままさんを見上げて「あんた誰?」って顔して、
次に私を見て不思議そうにしたり、可愛かったなぁ(親バカ)

いつもの芝生広場です。



はやままさん、さすがリード使いは慣れたものです。
帰りはさほど早足にもならず、始終ユルユルと歩くことができました。

途中で、吸い殻とか、紙とか拾い食いしそうになるも、
二人して「ベ~♪だよ~♪」「わ~お利口さん~~♪」と絶賛。
ペコさん、まんざらでもない様子^^


12120105.jpg



家に帰り、今度は先に部屋に入って、着席してもらいました。
足拭きをして、ペコを中に入れると、
はやままさんの存在をすっかり納得している様子で、
ソファに行くと、そのままウトウト眠り始めました。

12121502.jpg

うむ・・・やるな。ペコさん。

調子に乗った私の中で、チャレンジ欲が湧いてきました。
ここではやままさんが動いたらどうなるかな?
お客様に、遠慮なく注文する飼い主。


「はやままさん、ちょっと動いてみてっ!!
 あそこのバラの本持ってきて♪」


まったくもう、私ってば、遠慮なさすぎ^^;


はやままさん笑いながら、
「あの本ね。よし!」


席を立って、本を手に取り、再び着席。
ペコは耳だけチラっと動かすのみ。


むむむ・・・。



その後、部屋から出てお手洗いに行ってもらいましたが、
かすかな「ワフ」はあったものの、ペコさん動かず。



一緒にお散歩へ行く。
同じ時間を共有する。
ほどよく疲れた状態。

すべてが警戒心を解き放ったのでしょうか。


ペコがいるからお客さんが呼べない。
ちょっとついでにって感じでは、部屋に上がってもらえない。
子供たちにも、なるべく家で遊ぶのを控えてもらう。


などなど・・・。

今まではずいぶんと消極的だった私^^;


強力な助っ人のおかげで、
チャレンジしてみることの大切さを、
教えてもらうことができました。


やってみなくちゃ、わからない。
チャレンジしたからこそ、わかる事があり、
次への教訓や、反省もできるってもんだ。


現在はやままさんは、はやてくんとのお散歩のために、
はやてくんがいるご実家と、今のお住まいとを、
行ったり、来たりしています。
でも、そんな生活ももうすぐ終わり、
はやてくんと一緒に暮らすんだよね。


一緒に暮らしはじめたら、
これまでとは違った色々な悩みも出てくると思うけれど、
ペコ家まで、遠距離来客トレーニングに来て、
ペコのガウガウを受け止めてくれたガッツがあるんだもの。

色々な悩みもきっと乗り越えて、
はやてくんとのぶっとい絆を作り上げていくんだろうなぁ・・・。

はやままさ~ん!
次は私がはやて家に行くからね~~!
待ってろーーーっ!!


ぼくはもうはやままさんのニオイをおぼえたよ。
またあそびにきてね。いっしょにおさんぽしてね。
12121501.jpg



そして・・・。


年明け早々、ペコ家にまた新たなミッションが・・・。

チャーリー組のアズアズさんが、
コーギーのルークくんと二人、
遠路はるばる、やってきてくれます!!


その目的は、越前ガニ食べ尽くし!!(笑)


お二人はペコ家から近いお宿にお泊りして、
一緒にお食事と、お散歩の予定です♪

今度は、ルークくんも我が家に!?


はてさて、どうなりますか・・・^^;
乞うご期待!!


関連記事
チャーリーママさんが乗り移ったはやままさんに、
ガウガウ吠え続けるペコ。

これじゃ、部屋に入ってもらうことができません^^;

はやままさんとペコの間に入り、
ペコをインターセプトしながら、後ろへ下がらせます。

玄関から、リビングのテーブルまでは、2メートルくらです。(近っw)
あぁ、狭い家で良かった~~♪
イスに腰掛けてもらえば、ひとまず大丈夫でしょう。

ペコをなかなか私に注目させられず、すったもんだしていると、
はやままさんはその隙に、しっかり着席してました(*^_^*)

さすが!!タイミングばっちり☆


※ここら辺は、写真が全くありません^^;


着席してからは、はやままさんの足元をうろつき、
テーブルの下からも、匂いを確認するペコ。
はやままさんは、はやてくんの匂いがたっぷり染み込んだジーンズを履いてきてくれたんです。
こういう事も、警戒心をほぐすポイントになると思います。
そのお心遣いに感心し、そしてまた感謝、感謝☆

ここでも、はやままさんは、じっと動かず、視線は合わせず。

しばらくその状態が続きました。

「匂い嗅いでるね・・・」

「大丈夫そうかな?」

二人が会話していると、ペコは、はやままさんの事が気になりつつも、
少しずつ距離を置き始め、いつもの定位置である、ソファに退散。



おぉっ!!



語弊があるかもですが、
ここまでのペコの行動って「教科書どおり」なんですよね^^;


誰か来た!!
誰だ!?誰か来たよ!!みんな~注意して~~!!


まずは警戒で吠える。


こいつ侵入しようとしているぞ!!
あっち行け!ここはボクのなわばりだぞ!!


防御、威嚇でさらに吠える。


あれ?何もしない。されない。
こいつは、何者?



確認し、とりあえず距離を置いて様子を伺う。



いまさら言うのものなんですが、
ペコはかなりビビリ警戒心が強いです。
お散歩で出会う人も、子供も、みんな自分に向かってくると思っているみたい。
だから、目を離せなくなって固まったり、
先手を打って、へっぴり腰でガウガウ言ってみたり。

そんなペコでも、こんなふうに「教科書どおり」の反応になる!!
それがわかっただけで、はやままさんに来てもらった甲斐があったってもんです。



犬じゃなくて、人なんですよね。
犬ってこういう反応をするんだよ。
それは当然のことなんだよ。
だから、人がもっと犬を知ればいいんジャマイカヽ(゚∀゚)ノ


今回は、はやままさんに玄関から着席してもらうまで、
ペコをフリーにしていましたが、
すべてのお客さんに、はやままさんのような行動を求めるのは難しいと思います。

最初は、ペコを抱っこや係留しておいて、
お客さんには先に着席してもらう。
当然吠えるだろうけれど、匂いを嗅いで確認すれば、
距離を置いて落ち着くことができるかも・・・。


ペコが落ち着いたところで、ランチトレ♪


普段食事をしている時は、時折そばに寄ってきますが、
だいたい定位置のソファで、背を向けて寝ています。


ペコさん、はやままさんがいても、
いつもと同じ様子でいられました。


この後、はやままさんと私、ペコでお散歩へ出かけました♪


はやままさんにリードを持ってもらったよ(*^_^*)

12120106.jpg



その参へ続く・・・
関連記事
10月のとある吉日。
はやままさん(チャーリー組 黒柴はやてくんのママ)が、
はるばるペコ家に来てくれました~~!わ~いヽ(^o^)丿

実は、前日京都でお仕事があり、
その帰りにわざわざ立ち寄って下さったのです。
立ち寄るって距離じゃないですよ^^;
すっごい寄り道です。

そんなすごい寄り道をして、来て下さったのは、
ペコ家で「来客トレーニング」をするため。であります!!

まぁなんでしょうね。
チャーリーママさんの元でお勉強しているお仲間さんたちは、
わが仔のことだけじゃなく、みんなの仔を一緒に育ててくれてるような気がします。
もちろん、飼い主のことも。

はやままさんと会うのは、これが3回目です。

一回目は小田原散トレ参加の記録6~2日目参加者さんのご紹介~

二回目は千葉座学


まだ、会うのは「3度目まして」なのに、
もうずっと前からの友人のような・・・。


美しいお顔を隠してしまうのが、とても残念なはやままさんと、
若干イナバウアー気味のペコ父^^;




ペコ家には普段から、あまり来客がありません。
ペコがいるから、「招待しない」っていうのもありますが、
断れない来客もあります。
たとえば、子供たちの友達とか、保険屋さんとか、車の契約とか・・・^^;
そんな時は、抱っこしたり、リードをつけて、窓際や階段の手すりに係留していました。
もちろん激吠えなんですがね。

これを、リードなしだったらどうなるのか・・・。
そんな危険(汗)なチャレンジを快く引き受けてくれるのは、
チャーリー組さんだからこそ。(多謝)

で、来客トレにあたり、はやままさんとは前もって打ち合わせしました。
・・・と言っても、ほとんどはやままさんが色々考えて下さったのですが^^;


はやままさんは、本家ブログの記事をあれこれ探して、
二つの記事を紹介してくれました。


私は社会化のドッグトレーナーより

先入観と思いこみと(誤った)情報の過多(2009年05月04日)

自分で近づけるように(2012年01月06日)


ふたつの記事を読むとわかりますが、
吠えていても、犬を見ない。そっぽを向く。動かない。
犬に観察させる。自ら近づいて、匂いをかがせる・・・などなど。


そうなんです。
手を出さなければ、いきなり咬みつくことはない。
・・・ハズなんです。


お散歩で出会う人の中でも、近づいてくる人がいますが、
「手を出さないで」というお願いをきいてくれて、
ペコが自分から近寄って、匂いを嗅いで確認できれば、
いきなり攻撃することはないんです。


でも、それが自分の家(テリトリー)となると、
はたしてどうなるのか、私にもわかりません。



はやままさんを駅に迎えに行き、先に私が家に入りました。
チャイムを慣らすところから。です。


いつも宅急便や、ご近所さんが「ピンポン」すると、
吠えて「お知らせ」してくれます。

なるべく慌てたり、バタバタせず、
「ペコちゃん、教えてくれてありがとう。」と声をかけ、
ゆっくり玄関に出て、対応していると、
まもなく吠えやむことができます。

でも、今日はそのまま家に上がるんだよね・・・。ドキドキ。



「ピンポ~ン♪」


ペコはいつものように吠えてお知らせ。
私が玄関に出て、はやままさんが入ります。

玄関とリビングの間には、引き戸があります。
その引き戸を閉めてしまえば、しばらくして吠えやむのですが、
この引き戸を開けたまま、ペコにインターセプトを試みました。
ところが、いつもと違う状況に興奮MAXなペコさん。

玄関から上がったはやままさんに激吠えしながら突撃!!\(◎o◎)/



これ、怖いですよ。
ひとごとみたいに言ってますが、
よそのワンコさんだったら、私、怖いと思います。


はやままさん、胸の前で両腕をクロスして、
そっぽを向いて石像してます。

ペコは、ガウガウ吠えてはやままさんを威嚇します。


はやままさん、さすがチャーリー組です。
全く動じることなく、目線をクイっと上に向けました。



チャーリーママさんだ!!



そこにいる石像は、チャーリーママさんそのものだったのです。

関連記事
先週の週末は名古屋の実家に帰りました。

母は薬のおかげか、激しい感情の起伏が抑えられていて、
以前のように激昂する様子が見られませんでした。

でも、記憶の定着がますます薄くなっているようでした。

お昼にお寿司を食べたのですが、
母の取り皿に「穴子食べる?」とのせると、
「あなご・・・?あなごって何だっけ??」って^^;

あんなに好きだったのに。

父がすかさず「うなぎみたいなもんだよ♪」とフォローを入れてくれました。
父も日々、母の言動に困りつつも、
母に逆らわずにいてくれているようで、本当に頭が下がります。

そんな父が、お散歩に一緒にいってくれました。
昔から写真を撮るのが趣味だった父。

父が撮ってくれたペコさん。




この写真を見たときに、私の胸の中のつっかえていたものが、
すーーーっと流れていくような気がしました。

カイカイを心配しすぎるあまり、私ってば、
毎日、毎日難しい顔をしていたんじゃないかな。

ペコはそんな私の顔を見て、
どんな気持ちだっただろう。


でもこの写真のペコは、清々しい表情で、
ずっと未来を見ているようで・・・。


私が暗い顔してちゃダメだ。



ペコはずいぶん痒がる姿は減ったものの、
時々足を舐めたり、噛んだりしています。
そんな時はにっこり笑って、

気にしない。気にしない・・・。
呪文のように唱えるようになりました^^;


口の周り、ずいぶん毛が生えてきました。
12120109.jpg


この口の周りは、お散歩から帰って体温が高くなっている時に、
痒みが酷くなるようでした。

我が家の玄関はとても狭いのですが、
そこで身体や足を拭き、ブラッシングをします。

その時に、ペコが壁に口の周りをこすりつけた跡・・・^^;
ペコの口の高さが黒ずんでいます(笑)

12120108.jpg

下の方の足跡は、コルタバンスをつけた足が、
乾かないうちに歩いた足跡。
この薬、強力なんでしょうか・・・。床を拭いても取れません^^;

そうそう。
最近は目薬も、ここで点せるようになりました♪
以前はテーブルの上にのせて、すったもんだしていたので、
これはカイカイの功名でもあります。


そんなこんなで、治まりつつあるカイカイ・・・。



こまめな掃除や、洗濯。
蒸しタオルで念入りに身体や足を拭く。
ごはんは、療法食のみ。


どれが良かったのか、今のところよくわかりません。


めっきり寒くなってきたので、
そのせいかもしれませんね。


それから・・・。


ここから先は、自分の覚書な感じになりますが。


カイカイが一旦治まりつつある頃(9月半ばくらいから)
アトピー、アレルギーは、腸内環境を整えると良い。と思い、
アミノコンプレックス ダイジェスティブサポートという、
消化酵素をフードに混ぜ始めました。


それとこれとは、全く関係がないかもしれないのですが・・・

今回、痒みが再燃した10月半ば頃、
1か月間使っていた、この消化酵素も同時にやめました。


で、1週間前の2日間、再び混ぜてみたんです。
そしたら、痒みが増えたような気がしないでもない。


むーん・・・。


原材料
ミルクカゼイン、ミルクプロテイン分解物、
鶏レバー加水分解物、キチンキトサン、
ビートファイバー、卵黄粉、豚膵臓抽出エキス、
食品規格消化酵素(タンパク、脂肪、繊維、乳糖、澱粉)、
サブチルス菌、ミルクオリゴ糖、タウリン、リゾチーム、ビタミン14種  


もしかして、
この中に、何かアレルゲンがあるのかな?
気のせいかな?


それを確かめるべく、消化酵素を再びやめてみました。
数日様子を見ると、また痒みも治まっているような・・・。


むーーん。
ミルクカゼイン?卵黄?に反応したのかな?
牛乳も、卵も検査では陰性だったんだよなぁ。




やっぱり食材をひとつずつ、試していくのが一番いいのかな。

というわけで、昨日、今日はサツマイモをあげてみました。
今のところ、こちらは大丈夫そうです。

久々のサツマイモをがっついて食べるペコ。
その目はキラキラしていました♪



おやつを食べて満足したかな?
ストーブの前でウトウトするペコさん。
12120101.jpg


やっぱり、美味しい♪楽しい♪で過ごしたいね。






※皆様、応援コメントありがとうございました。
 個別にお礼をさせて頂けず、申し訳ありません。
 ぼちぼち焦らず気長につきあっていこうと思います。
 本当にありがとうございました<(_ _)>

関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。