上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出勤する前や、夜寝る前。

いい仔ね~♪ネンネ~♪の声かけで、
あっという間に眠りにつくペコさん。
のび太くんもびっくり!の速さです。


言葉を聞いただけで、リラックスへと導かれる・・・。
それを目指してるつもり・・・です^^;


愛犬に「リラックス」を教える(dog actuallyより)

上記リンク先に、2つの動画があります。
特に、2つ目の動画に注目したいです。

引っ張りっこで、激しく遊んでいるペアですが、
イ~ジ~♪の声かけで、ワンコさんが身体全体の力を抜いて、
ゆったりと落ちつきました。
これ、やめ!などのコマンドで中止した感じには、まったく見えないです。


本文より
※この「リラックストレーニング」は犬の条件反射を応用したもので、
犬の意識を介さず、不安による興奮・緊張による興奮・過度の興奮状態の対処に効果を発揮してくれるそうだ。


緊張して、ガウガウしてしまっても、
私の声掛けでリラックスに導けるように・・・なるといいなぁ。
の願いを込めて。


おいもをたべるときも、おかーさんは、いいこね~♪っていうんだよ。
1474436_221786431335589_1825229043_n.jpg


さて、続きです。


水曜日の夜。
バイトから帰った長男、塾から帰った次男。
家族がそろったまったりタイムに事件が起こりました。

録画していたリーガルハイを追っかけ再生して、みんなで観よう♪
おやつでも食べながら♪な、ひととき。

串に刺さったお団子を食べていたのですが、
手から滑って落っこちて、串ごとペコの口の中へ!
慌てて、口の中に手を突っ込むものの、時すでに遅し(T_T)

串は長さ5センチほど。
短めではありますが、串は串。
以前、お散歩中に、ビニル袋入りのさんまを拾い食いし、
その時は数週間後に下から出ましたが、
今回ばかりは、それを待つわけにいきません。

時刻はすでに22時を回っていましたが、
かかりつけ獣医さんに慌てて電話しました。
診察券を持つ手が震えます。

とにかくすぐに来て下さい!!

茫然とする家族を残し、私はペコを車に乗せました。



もちろん病院は、時間外。
先生が処置室で待っていて下さいました。


ペコは、パピーの頃から病院通いの多い仔でしたので、
病院では、今までさほど暴れたり、噛もうとする事はありませんでした。

私がしっかり保定して、「いい仔ね~♪」「頑張れ~♪」の声をかけて、
注射も、採血も、頑張ってくれていました。

そんなこともあって、私は今夜も、そのつもり。でした。



まず、止血剤を血管注射し、副作用で嘔吐させる。
嘔吐できなければ、内視鏡で取り出すことになります。と。


内視鏡ということになると、きっと麻酔が必要になるんでしょう。
飲み込んでから、時間がたっていないので、
とにかく吐いてくれるのが一番いい。
私は、注射で吐けることを願いました。


VTさんがいない夜間の病院では、
処置が手早くできるか否かは、私の保定にかかっています。
今までの注射のように、ペコをしっかり保定して、
「いい仔ね~♪」と声をかけました。

ところが、どうしても動いてしまうために、
血管にうまく針が刺さりません。
血管を外れてしまうと、その部分が腫れてきます。
両方の後ろ足でチャレンジしますが、なかなか刺さらず・・・。
次は、両前足で・・・。

初めは頑張っていたペコですが、さすがに我慢できなくなったのか、
悲痛な叫び声を上げながら、
保定している私を振りほどくように暴れてしまいます。
先生が消毒のコットンを足に近づけただけで、大暴れ(T_T)


初めて見る表情でした。
頭を低くし、耳は下がり、目は真っ赤に充血し、
激しくパンティングしています。
このまま意識がなくなってしまうのでは?と、
心配してしまうくらいのパニック状態。


一秒でも早く、なんとかしてあげたい。
保定している私の顔あたりに、転位的に口が出ますが、
もう、顔でも、どこでも、噛んでいいよ!とさえ思いました。



先生も、「ここで決めよう!がんばれ!」と励まし、
私もとにかく、抱きしめながら、「がんばれ!いい仔だよ!」
と声をかけ続け、ようやく注射針の中の止血剤が血管に入ってくれました。



・・・ところが、吐いてくれません(T_T)



気持ち悪そうな顔をするものの、吐くのを我慢しちゃうんですね。


すると先生は、大きなシリンジを持ってきました。
オキシドールを薄めた液体が入っているそうです。
オキシドールは胃にかなりのダメージを与えてしまうことから、
先生は注射で嘔吐をさせたかったんだと思います。
けれども、ここまできたら、胃のダメージも仕方ありません。




先生はペコの口にシリンジをねじ込みますが、
なかなか口を開けられず、口の脇から溢れてしまいました。
苦しそうなペコ。
なんとかして、飲んでもらわなくちゃ!!



私は咄嗟に「美味しいねー!美味しいねー!」と声をかけました。



するとペコがハっとして、口を開けてゴクゴク飲んでくれたのです。
目に涙をいっぱい貯めながら、大きな口を上げて飲む姿を見て、
私が美味しいと言ったから、
なんの迷いもなく飲んでくれたんだと思うと、
涙が出そうになりました。


おかーさんが、おいしい♪っていうからのんでみたけど、
あれは、ちっともおいしくなかったぞ。
1393456_220125158168383_92177748_n.jpg



飲み切ってすぐ、ペコの顔がゆがみ、嘔吐を繰り返し、
吐しゃ物の中から、見覚えのあるお団子が出てきました(T_T)


ありがとう!先生!!
ペコちゃん、がんばったね!!そして、ごめんなさい(T_T)


この後、最後に吐き気止めの注射をお尻に打ちましたが、
いつ打ったのか、気付かないほどペコは静かにしてくれていました。



今回、私の保定が甘かったために、
長い時間、苦しい思いをさせてしまいました。



強さって、なんだろう。
優しさって、なんだろう。



嫌な事。避けてはとおれない事。
嫌だと思わないで済むように、
時間をかけて「条件づける」ことはとても重要ですが、
こういう緊急事態の時は、どうすればいいのでしょう?
今からトレーニングしますから・・・って言ってる場合じゃないよね。

私の保定が甘く、どうしても暴れてしまうペコを見て、
先生が保定のお手本を見せてくれました。
首のあたりにガッツリ腕を回し、今にも窒息しそうな勢いです。
私には、それができなかった。
そこまでの「強さ」がなかった。
それは「力」でなく、「心」の強さ。



おいしいものがはいってるんだよ。
これは、「くちわ」のとれーにんぐらしいよ。
1471268_220388471475385_450028810_n.jpg



犬を飼う覚悟(私は社会化のドッグトレーナー)


私が守ってるのは何?私の自尊心なのか?




先日、ムツゴロウさんのショップで注文した、サイン入りの本が届きました♪
1465275_221564028024496_1780456776_n.jpg


ムツさんが、初めて飼った猫の名前は、ペコ。
腹ペコのペコ。
噛むし、引っ掻くし、猛獣みたいだったけど、
いつのまにか親友になった。甘えん坊で寂しがりやのペコ。
ムツさんに、猫という素晴らしい生き物について教えてくれた、
偉大な教師。
1476045_222022334645332_292412877_n.jpg


目の前にいる仔が、偉大な教師なのです。



噛みについて、色々取り組んできた私ですが、
だからこそ、最近は、
大げさに取り上げたくない気持ちになってきていました。

そんな事してるから。
だから、まだ噛まれてるのよ。
まだ噛ませてるのよ。

それから、
今取り組んでいる人が、私たちを見て、
あんなに取り組んでるのに、
まだ噛まれるんだ・・・って、がっかりされたくない。


そんなふうに思う人がいるかどうかわかりませんが、
噛みについて、触れたくない自分がいたのです。


けれども、そうじゃなくて、
取り組んでるからこそ、書かなきゃいけないんじゃないか?
私の失敗も、落ち込んだことも、すべて、ペコの成長とともにある。
ペコの成長を否定しちゃぁいけない。


なんか、長文すぎて、まとまらなくなってきましたが^^;



気負うことなく、ペコの成長を信じて。
そして、自分の成長も信じて。
これからも、しっかり、がっちり向き合っていこうと思います。


ながすぎて、ねむくなりました~!
1403044_221344308046468_964820331_o.jpg
しつれいしました。
これからも、よろしくね。
偉大な私の教師さん。




関連記事
スポンサーサイト
福井散トレが無事に終わり、抜け殻になっております ( ̄▽ ̄)

散トレの翌日、風が強く吹き、その音が怖かったのか、
テーブルの下に避難するペコさん♪
本当に怖そうな表情です。


この後、一緒にお昼寝しよ♪で、安心したのか、
ふたりで爆睡いたしました(笑)


実は、この1週間、色々なことがありまして・・・。
書こうか、書くまいか、しばし悩みましたが、
これも、ペコと私の成長の記録。ということで、
覚書として、残しておこうと思います。

そんなわけで、長文の予感・・・ ( ̄▽ ̄;)


おかーさん、ながいぶんしょう?ほどほどにしてよ~!
1403047_220798701434362_474127555_o.jpg


まず月曜日。

夕んぽに出かけようと家を出て、すぐ横の道でのこと。
傘を差してこちらに歩いてくるご近所のおじさん。
チビッコ以外には、たいていガウることもないので、
私の気持ちが緩んで、リードも緩んで・・・。

ペコがいきなりガウガウ!とおじさんの腕あたりに飛びかかってしまいました。
おじさんのジャンパーに歯が当たり、ジャンパーが引っ張られる感じになりました。
幸いなことに、ジャンパーだけ。だったのですが・・・。
その場はおじさんに平謝りして、おじさんもそのまま歩き去って行ったので、
また後でキチンと謝りに行こう!と心に決め、とにかくお散歩へと向かいました。

私の頭の中は、先ほどの光景が繰り返し、繰り返しリピートされて、
気持ちはすっかり落ち込んで・・・。

そんな気持ちを表すかのように、冷たいアラレが降ってきて、
ますます気持ちが落ち込んでいきました。

一方ペコは、対照的に、何事もなかったように、元気!元気!です^^;
親の心、仔知らず・・・ってこういうことを言うのか?(T_T)
いや、ペコは悪くないんだものね。


家に帰ると、ペコを玄関の中に入れ、すぐにお詫びに行きました。

おじさんは、
「なんやー!わざわざこんでもいいのにー!なんともない♪なんともない♪」
と、言ってくれて、おじさんの明るさに救われました。


フェイスブックでは、その様子を書き込みしていまして、
チャーリー組さんから、たくさん励ましのお言葉を頂き、
よし!気持ちを切り替えて、ふんどしを締めなおして、
また頑張ろう!と心に誓いました。

ただね・・・。
怪我がなかったのが幸いだった・・・というだけで、
この件に関しては、また別の想いもよぎったりします。

ペコはパピーの頃から、「噛み、噛み、ペコ」でしたが、
チャーリーママさんと出会い、その取り組みを続けてきて、
今では、ほとんどその噛みはなくなりました。


今あるのは、
興奮して、自分でわけがわからなくて、そこから出てきてしまう転位噛み。
これは、ガウガウしているぺコの動きを止めようとした時に、反射的に出る。ものです。
それから、他人からふいに手を目の前や、頭の上に伸ばされて、防御のための噛み。でした。
(噛みと書きましたが、空噛みや、歯が当たった。のような感じです。)

興奮しての転位噛みについては、今色々考えながら取り組み中です。

遊びながら、唸っている時。興奮している時に、
あえて身体を触って刺激を与え、転位的に噛みが出る状況をわざと作ります。
興奮状態の時に、触られても平気になるように・・・。
ガウガウした時の高い興奮時とは、比べ物にならない興奮状態ではありますが、
以前は歯を当ててくることがありましたが、
最近、ペコも少しずつ慣れてきているように思います。

そして、興奮した脳の深い部分に届くように、
感情をなだめる、古典的条件付け。
ペコのように、転位的な行動が出てしまう仔にとっては、
もっとも大切なことだと思います。

怒りや恐怖に蓋をすることなく行動を変えるために(私は社会化のドッグトレーナー)


ぼくに、「どんかん」になれっていうの?
1399175_221531918027707_840658500_o.jpg

いや、そうじゃないよ^^;


また、他人からふいに手を伸ばされた時の噛み。については、
事前に私がそれを相手に伝え回避するなり、
インターセプトで、噛ませない状況にする。ということも必要です。

・・・今のところ、噛みの取り組みは、そんな感じで考えていたので、
何もしていない、ただ歩いてくるおじさんに向かって、
ガウ!で噛みが出たことは、
私にとっては、かなりショックな出来事でした。


ぼくがわるいの?
1410853_221716298009269_1660218974_o.jpg

ううん。ペコは、なんにも悪くないんだよ。


落ち込んでるだけじゃ、前にすすめない。
何が原因か、そして、今後どうしていくか・・・。
犬のように、気持ちを素速く切り替えて、次を考えるしかないんです。



今回の事で、思いつくままに書いてみます。


まず、一番大きいのが、私の気持ちが緩んでいたこと。
仕事とか、受験とか、今夜のおかずとか・・・
お散歩のときは、考え事しちゃいけません。

それから、ペコがテリトリーや、家族への愛着の気持ちを強く持つようになったこと。
これは、最近特に感じることなんですが、
ペコの中に、家族を守りたい。という意識が強くなっています。

福井の散トレで・・・。
前から走ってくるジョガーが、通路の脇で写真を撮っているペコ父に気がつき、
ペコと私の前で立ち止まりました。
ペコ父がジョガーに「どうぞ!お通り下さい♪」と声をかけていると、
ペコは、さーーーっとペコ父の方へ寄って行ったんです。
私とペコ父は??だったのですが、真利子先生、
「今、ペコ君、ペコ父さんを守ろうとしたのね♪」と。

私とのお散歩の時、今までガウらなかった大人への警戒心も
出てきているように感じます。
家族への愛着はいい事なのですが、ペコが守るべきものではない。
私は守ってもらわなくちゃいけない立場じゃない。
守ってくれて、ありがとう。でも、お母さんには必要ない。
それを伝えたい。


それから・・・リードも緩めでした。
家の近くでテリトリーの意識が高い。
それを頭に置いておかなくちゃいけません。

ペコのガウに至るまでの、シグナルが見えていなかった。
咄嗟のことに思えますが、時間はあったハズ。

シグナルってひとことで言いますが、
これ、ぼーっと見ていて見えるものじゃないんだよなぁ。
精進あるのみ!!


などなど・・・。




そんな風に考えをめぐらしていた時、あろうことか、
また事件が起きたのでした・・・。


・・・続きます^^;







関連記事
本日、チャーリードッグスクールの第二回目福井お散歩トレーニングが、
まるで小春日和のようなお天気の中、無事終了いたしました♪

延期に次ぐ、延期で、大変お騒がせいたしましたm(__)m
晴れを祈って下さったチャーリー組の皆様、どうもありがとうございました。

また、なんと朝3時起床で、遠く福井へお越しくださいました真利子先生。
本当にありがとうございました。
ご参加の皆様も、お疲れ様でございました。


チーム福井、現在メンバー6組なのですが、今日は体調を悪くされた方、
また、延期日程でご都合のつかなかった方がおられまして、
参加は4組でした^^


元気いっぱいの陣くん♪
PB160004.jpg


1歳になりましたよー♪のモカちゃん^^
PB160014.jpg


石川県から来てくれた、さくらちゃん♪
PB160024.jpg


そして、ペコ♪です。
PB160022.jpg


春の散トレから以降、どんな事があったか。また、何か困っていることや、こんな事ができるようになったよ♪を含めて、一人ずつ自己紹介^^
PB160017.jpg


私は、現在取り組んでいることなどを話しました。
そして、最近、本家ブログにもよく出てくる「シグナル」がまだわからない。
なので、今日は、ペコからシグナルが出ていたら、教えて下さい♪と先生にお願いしました。


この写真、素敵ですよね^^
モカちゃんとママさん。自己紹介で自らフセる場面もありました♪
PB160025.jpg


こちらも自己紹介中のさくらちゃん。
パパさんが優しく声をかけていました♪
PB160030.jpg



陣くん!真利子先生のこと、覚えてたよね?(*^_^*)
PB160041.jpg



さぁ、歩きましょう♪
PB160059.jpg



ペコが陣くんに近づいた時、「シグナルが出ていますよ~♪」と、ママさん!


ちょっと写真が見づらいですが、ペコが近づきながら、頭を下げています。
この時、私のリードが張っているのはNG^^;
シグナルが出ているから、緩めてみるようにアドバイスを頂きました。
PB160061.jpg


緩めると同時に、すーっと横に回り込んだペコさん。
PB160062.jpg


回り込む間も、時おり頭を下に向けながら、陣くんの前に出ました。
PB160063.jpg


陣くん、ちょっと緊張したのか、地面を嗅ぎました。
PB160066.jpg


おぉ!お互いガウらずに事なきを得たよ♪
PB160067.jpg



いつもの私ならグっと止めて、
前に回り込んでインターセプトをしていたと思います。
ペコは相手をなだめるシグナルを出しているのに、
私がそれを理解せず止めることが、ペコにとっては、ウザかったんだろうな^^;

真利子先生曰く、別の場面でも、沢山のシグナルを出していたようです^^;
私がそれをもっと見られるようになれば、また他の問題にも良い影響が出てくるんジャマイカ?
あ、真利子先生は、ジャマイカ?とはおっしゃっていませんが^^;

「すべてはリンクしている。ってそういう事よ♪」と、名言頂きました(*^_^*)



さぁ、どんどん写真を載せていきましょう^^
PB160072.jpg


PB160090.jpg


PB160103.jpg

PB160086.jpg


PB160135.jpg


PB160153_201311162050578fb.jpg


PB160159.jpg


PB160193.jpg


PB160194.jpg


PB160232.jpg


PB160239.jpg





それでは、集合写真を撮りましょう♪ということで、
みんな、並んでみますよ~♪

さぁ、できるかな? ( ̄▽ ̄)
PB160251.jpg


ごちゃごちゃ・・・(笑)
私、コレ、車庫入れしようとしています( ̄▽ ̄;)
PB160253.jpg


おぉ!!並べたよ~♪
モカちゃんは、まだまだ自由なパピーちゃんだよ♪これでいいのだヽ(^o^)丿
PB160278.jpg



集合写真撮ってから、基礎トレをしました。



ワタクシ、初めて名前を呼んでおやつのデモをしました。
第一バージョンから!と言っています^^;
PB160298.jpg

陣のばぁばちゃんも、マグネット♪
PB160313.jpg

モカちゃんも上手♪
PB160320.jpg



チビッコが苦手で、細い道ですれ違う時など、どうしてもガウってしまったり、固まってしまうので、タンタン♪で歩きながらスルーしたくて、これまでずっと脚側の練習をしてきました。
その練習の成果を見て頂きました♪
こんな感じですが、良いですか?(*^_^*)
PB160321_20131116211005b6e.jpg



真利子先生からは、脚側よりももっと幅を狭めたい時の技を教えて頂きました^^
後ろ手についてくる。後側(笑)
この状態から、後ろをついてきてくれるのが理想^^
よし!これもぼちぼち練習してみよう♪
PB160327.jpg



トレーニングが終わり、みんなで青空ランチをしました♪
陣くん♪いい匂いだね~!(*^_^*)
PB160343.jpg


みんなお利口さんだったね^^
PB160338.jpg



いつものことですが、今日も、とても楽しく、実りの多い時間でした。

チャーリーママさんのところで学ぶトレーニングは、
コマンドを使って、何かをさせるものではありません。


犬の脳や、心に働きかける、「古典的条件付け」で、犬の存在そのものを認め、その感情を共有し、犬と人とが折り合いをつけ、暮らしていく。その方法を学びます。


「古典的条件付け」で、犬の脳や、心、感情に結び付けられらた「名前」や、「いい仔ね~♪」「タンタン♪」の音や言葉で、興奮した気持ちを鎮めることができるようになるように取り組んでいきます。


ガウガウ!!と激しく吠えたてた時、「ペコ~♪いい仔ね~♪」で、
興奮した状態から、すーーーっと気持ちが鎮まっていく様子は、見ためでもわかるようになります。


そこから発展させていけば、厳しいコマンドや、おやつで釣らなくても、脚側だってできるようになります♪
えっと、それは、ペコだけじゃなく、各地のチャーリー組さんのワンコさんが証明しています。


でもね、でもね、取り組んでいることが、たとえ今すぐできなくても、
時間がかかっても、もしかして、最後までできなかったとしても、ペコはペコ。
それがペコであって、愛しい存在なのですよ。


この感じは、わかる人にしかわからないでしょうね^^;



モカちゃんままさん。
甘噛みで悩んでましたよね^^;

このまま噛み犬になったら、どうしよう・・・って。
それが、チャーリーママさんに出会って、変わりましたよね。
モカちゃんも、そしてママ自身も。


色々言いたいことを言ってくれた人たちに、
この笑顔、見せてあげたいよね!!

PB160378.jpg



北陸はこれから冬へと向かいます。
アラレや、みぞれ、雪が降って、厳しい日もあります。
そんな私たち。チーム北陸は、心が強いですよー!!



また、来春。
真利子先生に、ひとまわり成長した私たちを見て頂きたいです♪



長文、読んで下さってありがとうございました(*^_^*)

関連記事
チャーリードッグスクールの福井お散歩トレーニング。
今のところ北陸では、春と秋の2回実施の予定です。

第一回をこの春開催しまして、そして、第二回目、秋・・・。

ところが、予定していた日の天候が悪く、延期に次ぐ、延期^^;


ペコ家が雨を呼ぶ^^;という噂がなきにしもあらずなので、
※本当に申し訳ないです(T_T)

しかもこれからの北陸地方は、独特のどんよりしたお天気となりますので、
延期日程をあらかじめ決めるのは、難しい・・・・。

こうなったら、お天気次第でいきなり先生にお越し頂こう!
・・・ということになりまして ( ̄▽ ̄)

週間天気予報によると、今週の土曜日、なんだか晴れの予感!


・・・というわけで、やっと第二回目が無事に開催できそうです。
そんなわけで、お知らせです♪



第2回 福井(北陸)お散歩トレーニング

日時:11月16日(土) 10時~14時ごろまで
場所:福井県総合グリーンセンター   
集合場所:園内「たまねぎハウス(熱帯展示温室)」前あたり



チャーリーママさんのブログの読者さんで、
お散歩トレーニングに興味のある方。
北陸では、今回を逃すと、次の開催は来年の春になってしまいます。

散トレに出てみたいけれど、
ワンコを連れて参加するのが、不安だわ・・・と言う方は、
単独でのご見学でもいいかと思いますし、
また、それも躊躇されるのであれば、
こっそり木の陰から覗いて下さるのもいいんジャマイカ ?( ̄▽ ̄)

ガウっても、暴れても、犬と人とが笑顔でいる。
その雰囲気だけでも、感じて頂けるのではないかと思います。


ぼくもおまちしています。
1425587_218416731672559_579463213_n.jpg


チャーリードッグスクールでは、犬について学びますが、
これ、犬を育てる自分はどうあるべきか。も同時に学んでいるように思います。

確かに技術的なことは色々ありますが、
一番大切なのは、私。
私の心のありようなのではないかな?と。



・・・って書くと、具体的に何ができるようになったのよ!?とつっこまれるかもしれませんね(笑)
拾い食い。しなくなりました。
よそのワンコさんにも、ガウらずスルーできるようになってきました。
それから、それから・・・もう、他にもたくさんありますよ~♪

まだまだ、失敗(笑)もありますけどね^^;



おかーさん、すぐにおちこむんだよ。
でも、さいきんはおちこんでも、すぐにたちなおるよ。
つぎいこう~!っていうんだよ。
563701_217776115069954_1854952785_n.jpg



この大切な命。
日々を楽しく、そして、穏やかに、充実して過ごしてもらいたい。
そして、私も、ペコと一緒に成長したいな。と心から思います。



あ。
お天気、このまま崩れませんように・・・^^;

関連記事
延期となった福井散トレを予定している日曜日の天気予報が怪しくて、
毎日、毎日、数時間ごとに天気予報をチェックしているワタクシです^^;

神様、多少雨が降ってもいいので←え?^^;
どうか散トレの時間だけは外して下さいませm(__)m


そんなこんなで、なんとなく落ち着きませんが^^;


先日、塾から帰った次男が、ひとりで遅い晩御飯を食べていました。
ペコはテーブルが気になって仕方がない様子。

私と違って、普段次男は食べ物を食べる時にペコが寄ってきても、
まるでいないかのように徹底して黙々と食べることができます。

そのため、ペコは次男が何か食べていても、
自分とは関係ないかのように、いつも寄ってくる事はありません。

私はそれが徹底できていないので^^;
私が何か食べ始めると、そばに寄ってきます^^;
ダメじゃん、私^^;

それは、さておき・・・←さておいていいのか? ( ̄▽ ̄)


さておき、話を戻しまして ( ̄▽ ̄)



次男がひとり晩御飯を食べていた時、
テーブルが気になって仕方がないペコ。

どうも、何か落ちてくるかと待ち構えているわけでも、
次男が何かくれるのを期待しているわけでもないように感じました。


「抱っこして、見せてあげようか?」


そう声をかけると、ペコは私のそばに寄ってきて、
ペロっと手を舐めて、抱かれやすい体勢になりました。


抱っこしてイスに座ったら、テーブルの上が見えて、
ペコはそれだけで、すっかり満足しているように思いました。

何か欲しかったわけじゃなく、ただ、見てみたかったんだね♪




そんなペコですが、抱っこを拒否することもあります。


デッキから外を見ているので、「抱っこして見せてあげようか?」と声をかけても、
まるで「抱っこしなくてもいいもん」と言っているように、スっと身をかわしたり。


かと思うと、2階に上がっていった子供たちのところに行きたくて、
階段を見上げているので、「抱っこしてお兄ちゃんのところに行く?」と声をかけると、
抱っこされやすいように寄ってきます。


犬だって、ちゃんと意志を持ってるんだよね。
それが叶えてあげられる要求であれば、
惜しむことなく、叶えてあげたい。


小さな意志をこちらがきちんと理解して、
その都度叶えていけば、エスカレートして困った!なんて事にならないような気がします。
ペコのように、要求が控えめな仔は、それがわかりにくいから、なおさらな気がします。


それを「問題行動」だとかなんとか言って、
こちらが犬を知ろうとせず、小さな要求を見過ごすことで、
少しずつ犬からの信用を失っていく・・・。


例えばもしそれが、今は叶えられない事であれば、
「ちょっと待ってね」とか、「今は無理だから、こうしようよ」
そんな提案だって、いつも叶えられているからこそ、了解してくれるってもんだよね。


人と犬との関係って、実はとてもシンプルだったりするのかも・・・。






自分からソファに座っている次男のそばに来て、寝始めました。
次男が頭に手をやっても、逃げていかない。
私が座っていても、来てくれません。羨ましい^^;
1397143_216308521883380_2028468267_o.jpg



甘噛みしてくれたよ♪
737230_216520638528835_1651006889_o.jpg



雨の日はきらいです(笑)
1394064_216295125218053_1613800352_n.jpg



小さな要求が叶えれられることで、
ペコの心が満たされるのであれば、
その要求を見落とすことのない私になるためには、
やっぱり私が犬を学ぶってことなんだなぁ・・・


関連記事
なんだって!?
ぼくのために、おとーさんと、おかーさんが、
お庭にドッグランを作ってくれたんだって!?



ペコがフリーで自由に過ごせるスペースを、
ウッドデッキから庭まで広げてみました。

一度は、業者さんに頼もうかな?とも思いましたが、
それだとかなりお金もかかるし、始終外に出すつもりもなかったので、
柵はホームセンターで買った、簡易的なものを取り付けました。

私かペコ父が、必ずついていられる時だけ庭に出る。というルールです^^


いつも庭に出る時は、リードをつけていましたが、今日は、リードなし♪
でも、私が先に降りないと、ペコは階段を下りようとしませんでした。

おかーさん、先に降りて~!
PB1.jpg



柵の向こう側へ出られないんだな。って、
ちゃんと認識してくれたみたいです。
PB02.jpg


離れると、こんな感じ^^
何か上に気になるものがあるのかな?
PB4.jpg


小屋の裏に回ると、こんな感じ^^
塀の下は隙間があったので、塞ぎました。
PB5.jpg



おもちゃの肉と格闘したり^^;
PB51.jpg




ロザリアンペコ父の作業を見守ったり。
PB2.jpg



ペコはどこ?
PB3.jpg



これ、食べられないのかな?
PB7.jpg



お父さんの跡を継いで、立派なロザリアンになるんだぞ!
PB8.jpg


待て♪で待ってもらって、おいで~♪で、来れるかな?
タッタカ♪タッタカ♪シャキーン!!ヽ(^o^)丿
newimage1-Opt_20131103144859379.gif



少し慣れてきたら、自分で部屋へ水を飲みに行って、
また戻ってくることができたよ^^
PB6.jpg



ぼくせんようだよ!なかなかいいでしょ?
PB020077.jpg



フリーで庭に出られるようにしたことで、
色々な発見がありました♪


さぁ、出ていいよ♪って、デッキの扉は開け放ってあるのに、
私が先に外へ出ないと、自分から降りようとしなかったのです。
お散歩で玄関から出る時は、ピュ~~~!って飛び出すのにね^^;

そして、私が用事で部屋に入ると、一緒に部屋に入りました。
ペコ父は外で庭仕事をしていたのに、私がいないと、不安なのかな?
案外頼ってくれてる気がして、ちょっと嬉しかったです♪


それから、物音に警戒吠えしたり、
外を歩く見慣れない人には、ガウガウーーーっ!と吠えかかっていくのですが、
その姿を、正面から見ることができました^^;
これ、発見っていうのかな?

いつもはペコが先、もしくは、横を歩いていて、
そこからのガウガウ!なので、表情が見えなかったんです。

それが、正面からのガウガウ!!

実はムキ顔ってほとんど見たことがなかったのですが、
歯をむき出してガウってる顔、
初めてバッチリ見ることができました^^;

けっこう怖い顔だったよ(笑)
ペコも柴犬だったんだね ( ̄▽ ̄)




で、ガウガウ飛び出して行ったペコの前に立って、
インターセプト!!リードなし!!屋外バージョン!!やってみた。

ちゃんと自分からお座りして、こちらに注目できるジャマイカ!!

しかも、リードがついてる時よりも、
ガウガウが収まるのが、早い!!(@_@;)


むむ・・・・。



こうなってくると・・・
やっぱり私のリード使いと、タイミングってやつ?
時として、ガウガウが長引くのは、
これがうまくできてないからなのかなぁ。


リードを止められた刺激とか、
そういうのも関係してて、
ますますヒートアップさせてるのかもしれないぞ。



さあね。ぼくには、よくわかりません。
1425460_215990108581888_1815252646_o.jpg



庭でフリーにして過ごすことで、ペコのシグナルを客観的にじっくり見られるようになったのは、意外な収穫でした♪
ペコの出すシグナルを見分けられるようになって、
リードに頼らず私の意思を伝えられるようになりたいなぁ!!



関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。