上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビビリながらも、続くったら、続きます( ̄▽ ̄;)

最初にお断りしておきますが、
行動分析学を否定や、批判してるわけじゃない。です。
問題を改善するために、
環境を操作し、求める結果に到達するよう、行動させたり、
目の前の問題を整理するのには、
とても役にたつ。ものだと思ってますです。

ただ、私がひっかかってるところはと言うと・・・


行動分析学で取り扱う行動。の原因というのは、
前提として、
遺伝的・過去の環境要因・現在の環境要因の3つ。
そして、その中の「現在の環境要因」が最も重視されること。

そして、取り扱わない原因とは、
神経生理的(脳の機能や神経伝達物質)
心的(嬉しい、優しい、怖いなど)
概念的(能力や性格)の3つ。

10368338_293127020868196_7574827250423674144_o_20140629150901f01.jpg


だから、吠えている犬を見た時に、
怖いから吠えてるんだろう。
警戒して吠えてるんだろう。とは、考えない。

今「吠えている」という行動だけに着目する。
・・・んですよね? ( ̄▽ ̄;)


かなりビビリながら書いてます ( ̄▽ ̄;)
が、勇気を出して、続けよう ( ̄▽ ̄;)



これ、今日の朝んぽです♪


犬が傘に向かって、けたたましく吠えました。
ご近所から、いつも吠え声を非難されています。
あぁ、また吠えちゃった。飼い主慌てます。脇汗出てます。


さてどうする??
10497181_294157620765136_7043241906005907125_o.jpg


あ。実際は吠えてませんから(笑)

でも、以前は吠えてました。
固まって動かなくなってしまったこともあります。
それが、今はなぜだか大丈夫になりました。



なんでかな?



行動分析学だったら、どうアプローチするのかな?
よそのお宅の傘だから、取り除くことはできません。
じゃぁ、吠える。以外の行動をさせる。になるのかな?




私は、この時、
「ホントだね!傘があった。見つけてすごいねぇ!」と言いました。
ペコさんニッコリ♪歩き出しましたヽ(゚∀゚)ノ



傘を見て吠えなくなったのは、
私の声かけ。もあるかもしれないし、
ペコの成長。かもしれない。
その理由。は、わかりません。 ( ̄▽ ̄;)


動物は、いつも見慣れた場所や風景から、
何かが減った。時よりも、
何かが足された。時の方が、警戒心が強くなるそうです。


ソース元は、どこだか忘れました( ̄▽ ̄;)
これ、動物の危機回避の生得的な行動。なのでしょうね?


人は、その逆で、
何かが減った。時の方が、気づきやすい。らしい。です。


ビビリながら。なので、ことごとく自信なさげ・・・( ̄▽ ̄;)


今日は、傘。でしたが、
もっとわかりにくい、
ものすごーく地味な変化にも、しっかり警戒してくれます(笑)
素晴らしい能力だなぁ~!と、
いつも感心しています。



私は、この時、共感。な気持ちで声かけをしましたが、
一般的にはどうなのかな?


グイグイィーーーーっ!と引っ張って、
その場を立ち去るのかな?

それとも、小さな犬なら、
抱っこして立ち去るのかな?


上の2つとも、私の中ではNGですが ( ̄▽ ̄;)




でも、行動分析学では、
警戒心や、気持ち。なんてのは、目に見えないから取り扱いません。
だって、科学だから。


そうなると、
犬の警戒心、どこいった?
あれ、危険だよ!と、飼い主に知らせたかった気持ちはどこいった?
私の脇汗、どこいった?
って、なりません?

あぁ、科学には、脇汗関係ないのね・・・orz


がんばれ!おかーさん!
10329786_292792884234943_5909546822611621282_o_20140629150901d12.jpg


んじゃ、そもそも、科学って、何?

なわけで、本を読みました。


科学の方法 (岩波新書 青版 313)科学の方法 (岩波新書 青版 313)
(1958/06/17)
中谷 宇吉郎

商品詳細を見る



本文より)
もちろん科学は、非常に力強いものではあるが、
科学が力強いというのは、ある限界の中での話であって、
その限界の外では、案外に無力なものであるということを、
つい忘れがちになっている。

いわゆる科学万能的なものの考え方が、
この頃の風潮になっているが、
それには、科学の成果に幻惑されている点が、
かなりあるように思われる。

・・・・・中略

まず第一に、一番重大な点をあげれば、
科学は再現可能な問題が、
その対象となっている。
もう一度繰り返して、やってみることができる。という、
そういう問題についてのみ、
科学は成り立つものである。



咬む。
吠える。
興奮する。


行動だけ。を見てしまえば、
それはどの犬も同じなのかもしれないけど、
環境や、犬のヒストリーって、それぞれじゃないですか?


それを原理原則にあてはめることって、
かなり難しいんじゃありませんか?


だのに、環境(飼い主を含む)を変えろ!って言われても・・・。



生き物(命)と向き合う時、
これは、科学だから、正しい。

それは、ひとつの目安にはなるかもしれないけど、
全てそれで解決!するようには、
どうしても思えないんですよねぇ。


・・・って、こんな風に書くと、
じゃ、どうすればいいのよ?ってなりますよね。


えっと、続きは・・・・


一週間、考えます ( ̄▽ ̄;)



おかーさん!そうくるとおもってたよー!
57537_293337920847106_457548722866307084_o_20140629150859451.jpg



関連記事
スポンサーサイト
ペコとのよりよい暮らし。のために、
犬のことを色々勉強しているつもり。な私ですが・・・。

その内容は様々で、それらは知れば知るほど、
なんだかもう、何が何やらわからなくなっている今日この頃です。

なので、前回の記事。
ペコがなんでできるようになったのか。の説明。
今の時点では、どうにも答えが出せなくて・・・。
ただ、思ってること、ひっかかってることを、
書いておこうかな。と思います。

どこのどなたがこの記事を読むかわからないし、
つっこみどころ満載かもしれませんが。


10256681_290046827842882_7557152302564600342_o.jpg


例えば・・・。

行動分析学を学んで、動物の行動の原理や、法則を知り、
その原理や法則に則ったはたらきかけをすれば、
問題行動(人から見た)は改善できる。ハズです。

行動分析学というのは、アレです。
好子、嫌子、強化、弱化ってやつ。
※解説は省略 ( ̄▽ ̄;)


じゃ、私にとって、ペコの問題行動は何かな?

対犬やチビッコへのガウガウ。
拾い食い(食べ物)
   ・ 
   ・
   ・
   ・
あれ?これだけ? ( ̄▽ ̄;)
もっと他にもあるかもしれないけど、
私が問題と思わなくなった。のかもしれない ( ̄▽ ̄;)

行動分析学って、大学で4年かけて勉強するものだから、
1、2冊の本を読んだくらいじゃ、なんちゃって。なのかもしれません。
けど、実際暮らしていて、
あぁ、私のこれが、ペコの行動を強化しちゃってるんだな。なんてのを、
気付けるようになったのは、メリットのひとつだったと思います。

強化しちゃってるんだな・・・と思いながらも、
ま、別にいいか。って思うようになったのは、
私の成長。でもあると思うのです。

なんかね、
犬にばかり色々求めすぎ。なんじゃないかと思うのです。

人だって、ダラダラします。
イライラもします。
時々、ヤケ食いしたい日もあります。


けど、行動分析は、それを許さない。ように思うのです。


全ての行動は環境によって制御される!(`・ω・´)キリッ
そして飼い主は、環境の一部なのです!(`・ω・´)キリッ
だから、犬を変えるためには、飼い主が変わらねばなりません!(`・ω・´)キリッ
行動分析学は、科学です!(`・ω・´)キリッ
科学は、常に正しい!(`・ω・´)キリッ
これからの犬のしつけは、科学的でなければ!(`・ω・´)キリッ


(`・ω・´)キリッ←しつこいw


なんだかなぁ・・・。です。



次男が生後4ヶ月の時受けた、乳児健診のこと、思い出します。


長男がまだ5歳で手がかかる頃だったので、
次男は酷くぐずらなければ、寝かしておくことが多かったんです。
それが原因のひとつ。だったのかもしれないけれど。

赤ん坊の次男は、顔を左側に向けて寝てることが多くて、
だんだん頭の左側が平らになってきました( ̄▽ ̄;)

絶壁頭って、後ろ側ですよね。
次男の場合は、左絶壁ですw

今だから笑い話だけど、
若いママだった私は、焦りました。

ドーナツ枕を買ってきて寝かせてみますが、
すぐに左を向いちゃう。
右に向くように左側にタオルを挟んだりしてみたのですが、
ぐいぃーーーっ!って元に戻っちゃうんですw


そんなこんなで、検診の頃には、
見事に左側がぺちゃんこになってしまっていたのです。


保健所には、同じ月齢のママとベビーが集まります。
順番がきて、保健婦さんの前に次男を抱いて座った途端、
保健婦さんは大きな声で言いました。


「その頭なに!?
 そんなにぺちゃんこにしちゃって!!
 それ、あなたのせいよ。
 そんなに酷いのは、治らない。あーあ、母親失格だわね。」


部屋にいたママさんたちが、一斉にこちらを見ました。


あぁ、このままどこかへ消えてしまいたい・・・。


半ベソで家に帰り、名古屋の実家の母に電話しました。
(当時、私たち家族は、東京に住んでました)


今では、認知症の症状が出てしまってる母ですが、
当時はまだ60歳になったばかりの頃。
血気盛んなおばちゃんだった母は、
すぐさま保健所に苦情の電話を入れました ( ̄▽ ̄;)


そしたら、保健所の責任者さんが飛んできて、
保健婦さんの言葉を謝るとともに、
もう少し大きくなって、頭をあげられるようになったり、
歩けるようになれば、徐々に治ってくるし、
髪の毛が生えてくれば、目立たなくなってくる。
よくあること。だから、大丈夫。心配しないで。と。


そして、その言葉どおり。になりました。


なんでこの話を思い出したかと言うと・・・。


行動は、すべて環境(飼い主も含む)によるもの。
かもしれないし、
赤ん坊が左側を向いてしまう行動。も、
環境(母親も含む)によるもの。なのかもしれないけど、
行動は環境(母親も含む)のせいするのは、どうよ?って思うのです。


犬が咬む。
吠える。
拾い食う。
などなど・・・

行動のすべては、
環境(飼い主も含む)との関係性で起きる。んですよね?
っていうか、ほぼ9割方、飼い主のせい。にされますよね?


わかってる。けど、
どうしようもないこと。もあるんジャマイカ?
だって、枕をしたって、タオルを挟んだって、
左側に向いちゃうんだもん。


犬に優しい。しつけは、
飼い主を傷つけてはいませんか?


時間がかかった割には、
結論に持ってこられませんでした ( ̄▽ ̄;)


続きます。


10478693_290106457836919_6093400077270540992_n.jpg

関連記事
梅雨だというのに、あまり雨がふらないペコ地方です。
ペコは変わらない日々を送っています。

朝んぽ行って、朝ご飯を食べた後、お庭ドッグランに出て、
サラダバーしたり、ペコムしたり・・・
10497976_290984937749071_2180487626627379642_o.jpg


登校の中学生が通る度に、吠えかかって走って見送ります(笑)
10368367_290681131112785_8089304133446313524_o.jpg


カエルを追って、ラベンダーの茂みの中へワシワシ入り込んだ朝。
しばらく身体から良い香りを漂わせていました♪
10293666_291263004387931_4080010714262183203_o.jpg


それから、こうして私のそばに落ち着いてくれたり♪

おかーさんはぼくがまもるよ!ペコ
ありがとう♪でもペコちゃん、おかーさんは、つよいから大丈夫!
10348681_291697977677767_8628764230117436029_o.jpg



夕方のお散歩。

行きはよいよい~~♪
10353399_290777794436452_3290941169697516643_o.jpg



帰りはまったり~♪
10448607_290439287803636_9204938895400249519_o.jpg



時々座り込むペコです。
座り込んだときは、無理に引っ張って動かさず、私も一緒に座り込みます。


以前はこれも、わがまま?とか、自己主張?
それとも、怖いから?それなら集中させすぎないように、
動いたほうがいいかも!!なんて、
あれこれ考えて、無理に引っ張らない方法で、
動かそう、動かそうとしていました。

けれども、最近気が付きました。

そんなに慌てなくていいんジャマイカ♪


もしやペコは私に
「夕陽はこんなに美しいよ!」って教えてくれてるのかも。
10372985_291083154405916_7858414626554425940_o.jpg



小さい頃から、遠くに何か見えると、
ガン見して固まってしまったペコ。

この頃なるべく心にゆとりを持って、
私が言葉にするようにしています。


おじさんがいたね♪
だれか走ってるね♪
ブ~ンって音がしたね!
トントン工事してるね♪


そうすると、納得したように見えるのです。

ワンコさんいたね~♪



拾い食いも、名前を呼ぶと、口にいれないでくれるようになりました。
食べ物はまだ難しいので、リードを止めて誘導♪

食べ物以外の、ティッシュや、牛乳パックなど、
美味しくないモノ。は、名前を呼べば匂いを嗅ぐだけでスルーできます。


お散歩後半でノロノロ歩きですが(笑)
前方に丸めたティッシュ。
ペコ~♪で、振り向いて、スルーしてくれました。




名前を呼んだり、
いい仔~♪
お利口さ~ん♪
で、たいていのことができるようになった。気がします。←当社比 ( ̄▽ ̄)


なんでできるようになったのか?
これを説明できるようにならないと。だよね・・・( ̄▽ ̄;)



それは、ぼくが、てんさい!だからだよ♪ペコ
1523483_292141907633374_2664276617644773335_o.jpg


関連記事
ブログを始めた当初は、毎日記録していたのに、
この頃、とんと書けなくなっております。

それだけ、穏やかに暮らせてるってことで、
よし。としよう。そうなのか?いいのか?( ̄▽ ̄;)


尻尾。

しつこく尻尾です。

だって、気になるんだものっ!!



2013.11ごろの尻尾



2013.05ごろの尻尾。たまに上がっても、ここまで。
DSC_0064_201406152033223d8.jpg


尻尾が下がるようになった、2011年ごろ。
懐かしい!!
ずいぶん、スマートだったわねぇ。
DSC_0029_2014061520571576c.jpg



でもって、最近の尻尾。
10463817_288398358007729_6252993119207786872_o.jpg


目が光っちゃったけど。堂々とした尻尾です。
くるんと巻かないのは、物理的に巻かないということで、
病院でも調べてもらってます。
骨折とかでもなくて、単純に硬くて巻かない。
1534889_289104081270490_6073893674878149102_o.jpg



最近のペコの尻尾は、今までと本当に違っているので、
ペコ父と、
「やっぱりてんかんの薬を飲んでからだ。」という結論に至っています。


ペコ本人にしかわからない、何かしらの症状。
耳鳴りとか、幻覚とか、そういうものがきっとあったんだろう。


薬のおかげで、そういった症状が消え、
尻尾が上がるようになった。としか考えられないジャマイカ?


はい。
ここまでは、良い。作用です。



ただ、なんとなく元気がない。鬱っぽい。
そういう場面も多くみられるんです。
これは、薬の副作用。によるもの。な気がします。
10286903_287947051386193_6705742349956828485_o.jpg


そんなわけで、先週病院へ行き先生と相談して、
今飲んでいる薬を、4分の3の量に減らすことになりました。
※もちろん、薬の血中濃度は、検査しています。
 今後も、定期的に検査していきます。
 



梅雨時なのと、減薬のせいか、
数か月ぶりに、ガブガブしちゃった場面もありましたが、
こうやって、副作用とQOLのバランス、
少しずつ折り合いをつけていくんだろうな。と思います。



久々の重コレ♪
10382053_288228318024733_7814860920492025411_o.jpg


散歩で見つけた「やなぎはながさ」という野草をバックに♪
10269254_289273094586922_134644337259942656_o.jpg



お庭ドッグランの朝♪
10255522_289545041226394_1457007324683252914_o.jpg




スイッチ咬みのこと。
尻尾のこと。
てんかんのこと。
MRI検査のこと。


色々なことが起きるたびに、
ネットで情報を集めようとしている私がいました。


今もやっぱり何かあると、情報を求めてしまいますが・・・。


一番大切なのは、目の前の仔をきちんと見ることで、
その仔が必要としているのは、何なのか。
どうしたら、よりよく生き、幸せになれるのか?


それには、自らが学んで、
正しい情報を見極める力を持つ。
これにつきるのかな。と、今更ですが、強く思います。




ぼくは、げんきです♪
10455581_289335254580706_2719278873111215148_n.jpg


関連記事
庭のバラ。

ペコ・ドゥ・ロンサール♪
・・・じゃなくて ( ̄▽ ̄)
ピエール・ドゥ・ロンサールです♪

花言葉は、「愛を誓います」
10465452_287339021446996_7249907713933276708_o.jpg
今は、もう終わってしまいましたが、
とても優雅な雰囲気を醸し出してくれてました。


また、ある特定品種の葉っぱだけに、
まぁるい穴が・・・((((;゚Д゚))))
10339322_287339014780330_8814974025209895722_o.jpg


ハキリバチというハチさんの仕業のようです。
切り取る瞬間をバッチリ目撃したのですが、
それはそれはみごとに丸く切り取り、
それを足で抱えて飛んで行きましたヽ(゚∀゚)ノ

どうやら、葉っぱで巣穴を作るらしいです。


そんなわけで・・・・

ペコ父の趣味のおかげで、今まで知らなかったことを知ることができるのは、
ありがたいなぁ~♪と思っています。
んー・・・ま、家計を握る主婦としては、
これ以上増やさないでくれても、いいかなぁ~・・・
とも思ってますけど( ̄▽ ̄;)



さて。


ペコさんのこと。


抗てんかん薬を飲み始めてから、
尻尾が上がる頻度が格段にアップしました。


外でも、るんるん♪
10257747_285577551623143_2324629820375867390_o.jpg


そして、なんと、室内でも、るんるん♪
10355498_287341724780059_5369539525615007119_o.jpg


ご存じのように、
1歳くらいから、尻尾が下がるようになったペコさん。
巻かない。のは「太刀尾」だからで、
物理的に、くるんとは巻けないんですが・・・。


今まで、外でも家の中でもほとんど下がっていて、
あれこれその原因を考えていました。


ちょうど、季節性のカイカイで、ステロイドを飲む時期と、
尻尾の上がる頻度が少しアップする時期とが重なって、
もしや、薬のせい?って思ったり。


んー・・・でも、なんか違うかも。


結局、答えは出ないまま。になっていました。
今も、答えは出ていないんですけどね。


で、この頃、なんとなく、なんとなくですが、思うことがあります。



ペコは、散歩中に、よく座り込みます ( ̄▽ ̄)


ぼく、すわりたいの。
10317752_285566531624245_1100955396952450594_o.jpg


おかーさんも、すわってみれば?
1485975_286471498200415_248413518041719816_o.jpg



この座り込み。


理由は、ペコに聞いてみないとわかりません ( ̄▽ ̄) え?

時間がある時は、一緒に座り込んで風を感じたり、
景色を見たりしますが、
いつまで待っても立ち上がらないから、
おやつをぽ~ん♪と投げて、遊びながら動かしたり、
少し離れて、地面に何か見つけたフリをすると、
おかーさん!なになに??なんかみつけたの??って、
ペコの好奇心をくすぐって、そのまま歩きだしたりしています。


私としては、別に困ってもいないし、
なんとかしたい。とも思っていないので、
それはそれでいいかな♪って思ってるんですが・・・。



たまにね、こんな表情で座り込むことがあります。
10333783_287291771451721_1655891127831127511_o.jpg


明らかに、何か不安を感じています。





小さい頃から、
散歩中、遠くに見える何かに意識が集中しすぎたり、
また、突然わけもわからずにスイッチが入り、
転位的に咬みつくことがあったペコ。


じてんしゃにのったひとが、
こっちにむかってくる!!
10461895_287338788113686_2046696509582203125_o.jpg



おかーさんの、さんだんばら。にかくれよう。
10428179_287267474787484_8119684325425637790_o_20140608144527c46.jpg


てんかんの痙攣発作が起きる、もっともっとずっと前から、
もしかすると、私が見えない、聞こえない何かを感じて、
それで、不安や、恐怖の感情が沸き起こっていたのかも・・・。


そんなふうにぼんやりと思っていた時、
ツイッターでフォローしている中里先生のつぶやきを見ました。



N Nakasato & bot @nkstnbkz · 6月1日
てんかん発作時の精神症状は多種多様.意識が完全に清明でも、
突然の恐怖感・寂寥感・恍惚感・既視感の短い発作や,
意識が混濁してぼぉっとしているだけの発作や,
ごく稀ですが凶暴なふるまいをする発作も.
本人の普段の性格とは無関係で,病気として一過性に出現するものです.


N Nakasato & bot
‏@nkstnbkz
てんかんでは慢性の精神症状をもつ方も少なくない.うつ状態はその代表。


N Nakasato & bot @nkstnbkz · 6月2日
てんかんでは、不機嫌状態の方も一部にあり。
理由なく不機嫌となって怒りや敵意が爆発的に出現し,
仔細なことで怒ったり徹底的に相手を攻撃したり執拗に食い下がったり。
意識障害は伴いませんが,発作に先立って出現し発作後に改善することもあり。
詳しくは兼子直「てんかん教室改訂第3版」。




これを読んで、ピカン!としました。



抗てんかん薬を飲むことによって、
大きな痙攣発作だけでなく、
その他のわかりにくい色々な感覚が軽減されたから、
尻尾が上がってきたのかもしれない。


まぁ、全て推測ですけれども・・・・( ̄▽ ̄;)




でね、改めて思うんです。




あぁ今まで、ペコがスイッチが入って咬んでも、
叱らないで育ててきて良かったなぁ!!って。


だって、もし私が、
なんだか得体のしれない不安感に襲われて動けない時に、
こっちよっ!ってグイグイ手を引っ張られむりやり歩かされたり、
怖いからわけもわからず叫んでしまうのに、
それをウルサイ!と叱られたり、叩かれたりしたら・・・と考えたら・・・。


たぶん、おかーさんは、なにがいいたいのか、
じぶんでわからなくなってきています。こまったねぇ。
10256743_286378861543012_3205885770689729652_o.jpg



そんな時、私なら、何が欲しいか・・・。


いきつくところは、やっぱりここです。

本当の大丈夫を対提示で作り上げる(私は社会化のドッグトレーナー)



おかーさんがいれば、だいじょうぶ。
おかーさんのこえがきこえたら、だいじょうぶ。
おかーさんが、そっとてをあてたら、だいじょうぶ。



ペコの場合、どうしても沸き起こってくる「怖いもの」は、
きっと一生なくすことはできないけれど、
脳で起きていることは、脳に働きかけるしかない。んジャマイカ?



てなわけで、今日も私はやっぱり、


ペコ~♪
いい仔ね~♪
だいじょうぶだよ~♪
と言いながら、おやつを口に放り込む。



あなたのこわい。に勝てますように・・・と、祈りながら。





うーん、ちょっとしりすぼみだけど、
まとまってよかったね。ペコ
10295436_284890951691803_4737074798786945519_o.jpg



関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。