上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく雪がなかったペコ地方ですが、
昨日から一気に冷え込みが増して、
今日は時折、横殴りの雪が降っていました。

春はまだまだ先なのかなぁ~。


先日メールを下さった、柴犬パピーちゃんのママさん。
お返事送ったのですが、うまく送れないみたいなのです( ̄▽ ̄;)
えっと、私へのエールは、しっかり受け取りましたから!
パピーちゃんのママさんへも、エール送りますね~!
メール嬉しかったです。ありがとうございました♪ヽ(゚∀゚)ノ
これ、読んで下さったら、いいなぁ。


さて、さて。


パピーちゃんのママさんからメールをもらって、
ふと自分を振り返った時、
当時の事を忘れつつあることに気づいたんですよねぇ。

それは、本当に大変な時期って、
後になって思えば、
案外、短い期間だった。からかもしれません。


けど、どんなだったのか、忘れないように、
今日は自分の覚書として、残しておこうかなぁ。と思います。


ペコは、興奮しやすくて、噛みが激しい仔でした。
室内では、サークルから出すと、走り回り、
ソファに噛みついて、中身を引っ張りだしたり、
家族に向かって噛みつきにきたり。


出してる、出してる・・・( ̄▽ ̄;)
CIMG8319.jpg


散歩中でも、何がきっかけなのかわからないけど、
突然クルリと向きを変えて、こちらに飛びかかって噛みついてきました。

今思えば、それは、子犬ならあたりまえの事だったり、
また、若さで脳が未熟だったり。
そして、後々てんかんが現れたことを思えば、
脳の器質的な問題もあったり・・・。
そんな風に、
色んなことが影響していたのかなぁ。と思います。


で、当時は、楽しいワンコライフなはずが、
こんなハズじゃなかった・・・と、
目の前真っ暗(大げさじゃなくて)で、
頭の中は、ペコとの生活をどうしたらいいのか・・・で、
いっぱいになっていました。


こんなにちっこいのに、怖かった。
CIMG7564_201408240956041f0_20150131212304d83.jpg



そんな時、
チャーリーママさんのブログに出会い、
毎朝5時に更新される記事を、布団の中で読んで、
「よし!今日もガンバロウ!」って、自分に気合を入れていました。


今、そのブログも、過去記事が膨大になっていて、
遡って読むのも、大変なのかなぁ。

そんな風に思っていたら、先日、新しい読者さん向けに、
続編のブログを作って下さいました♪

続編・私は社会化のドッグトレーナー

新しい読者じゃないけど、更新がとても楽しみです♪


話を戻しますが・・・。


じゃ、いったい何をしたから、今の暮らしがあるのか?
色んなことがリンクしすぎていて、
これ!ってひとことで言えないんだけれど・・・。


ペコブログを始めようと思ったきっかけは、この記事でした。

お散歩トレーニングと同時進行で行ってほしいこと

これを、ひとつずつクリアしていこう。


それと同時に、
やられて困ることは、未然に防ごう。


上に書いた、
ソファを噛んで、中身を出しちゃう。には、
カバーをかけて、中身が出せないようにしたり、
ゴミ箱も、棚の上にのせたりしました。


ソファには、頑丈なカバーをかけ、
お揃いのスツールにも、白黒チェックのカバーをかけました。

ペコが1歳の頃♪
まだ室内では、ハーネスつけていたのねぇ。
DVC00074.jpg


それから、興奮して、噛んで、噛んで仕方ない。
これには、興奮を鎮めるための「保定」

暴れているのを抱く、抱え込んで動きを止める。

ある意味抑え付ける風味な保定って、
可哀想。って思う人がいるのかもしれないけど、
私にはまったくそんな風に思えなくて、
興奮してパニックになってるのを、救い出せる。と信じています。


今思うと、それは、
口角を上げる。のと同じように、
暴れている動きを止めることで、
止まっていることが、脳に伝わる。を目指していたんだろうなぁ。


そして、落ち着いたら、いい仔ね~♪と声をかける。
その状態が、いい仔~♪を条件づけていたんだよねぇ。

だから、今では抱っこすると、
バクバクしてた鼓動が、
スーッと収まるし、
いい仔~♪だけでも、
落ち着けるようになった。



それから、
スモールステップで頑張ったこともありました。


カテゴリー芝生の広場


今じゃすっかり散歩コースになった芝生広場ですが、
小さい頃は、バーーンと広がった場所にくると、
それだけでスイッチが入っていました。

それも、この記事を読んで、納得したんですねぇ。
ターゲット


犬の感覚。
人とは違う感覚。

人には困ったことでも、犬にとってはあたりまえの事。


それが犬にとってあたりまえの事であっても、
人にとって困ること。は、やめてもらわないといけないこともある。


ムツゴロウさんの記事です。
#79◆人気ドッグトレーナーの説について>小次郎さんへのお返事:その6


ペコブログにも以前書きました。
叱らないこととは2012年02月01日(水)


そっちは、お餅が落ちてたから、いかないんだよ!
10928967_390314041149493_3680122759858307446_o.jpg


なんだー、いいにおいがするのに!
10334341_390314044482826_3099653335808530005_n.jpg


本当に、いろんなことが繋がって、
そして、今日がある。

このブログも、私には大切な宝物です。


来て下さって、ありがとう。
読んで下さって、ありがとう。


おかーさん、
きょうは、りんくおおめで、てぬきだな。ペコ
10269223_390314037816160_8766909968539101261_o.jpg



関連記事
スポンサーサイト
金曜日。
各種お薬の血中濃度や、状態を調べるために、
ペコの病院へ採血に行ってきました。

いつものように、とても頑張ってくれたペコ。
10947503_387304618117102_500171386524138009_o.jpg

検査結果、良好だといいなぁ!


そして、今朝んぽ♪

散歩の途中で、私の匂いを嗅ぎに来てくれるのが、
恒例になってきました♪

もしや来る?っていう雰囲気がわかるようになってきて、
今日はグッドなタイミングで撮れた!!
1781892_387890581391839_3489266256622115969_n.jpg

やらせ。じゃないよ ( ̄▽ ̄)



さて、さて、
実はワタクシ、夕べ、ペコ県で行われた、
福山雅治のライブに行ってきましたー!ヽ(゚∀゚)ノ

ライブなんて、独身の頃以来で、
朝からソワソワ、ワクワク落ち着かず・・・( ̄▽ ̄;)

良かった―!
言葉に表せないくらいの感激でした!

福山がペコ県に来たのは、21年ぶりなんだって。
ちょうど長男が生まれた頃だったのですねぇ。

私の21年間って、どんなだっけかなぁ・・・。

そしたら、色んな気持ちがブワーッと押し寄せて、
涙でまくりんぐ(´;ω;`)

思えば、私なりに、
その時、その時を一生懸命頑張ってきてて。
だから、これからも、
私なりに頑張ればいいよね!って、
福山タオルで涙を拭きながら、
心に誓ったのでありました( ̄▽ ̄)

ラストの投げキッス、
しかと受け止めたよー!♥️(´ε` )



「暁」という曲があるのですけどね。
これで、涙腺崩壊しました。

youtubeです♪よかったら⇒暁 福山雅治


お日様は、決して私たちのために光ってるんじゃないけど、
それが美しく見えたり、明日の希望の光に見えるかどうかは、
自分のきもち次第なんだよね!


しんぱいないさー!ペコ
10930171_387890571391840_6140491660688104399_n.jpg


せっかく、ライオンキングみたいに撮ろうとしたのに、
背景が、売地。ってのがちょっとね ( ̄▽ ̄;)



関連記事
この季節、雨の多いペコ地方。
お日様にお目にかかれることが、なかなかなくて、
たまにこんな夕焼けを見られると、
ありがたいなぁ!って思います。

お日様、ありがとーーっ!ヽ(゚∀゚)ノ
10940406_386344058213158_8454479844315429354_n.jpg

その後も、ペコは、散歩中、
欠かさず【私のにおい】を嗅ぎにきてくれています♪

飼い主のにおい。
dogactuallyさんに、こんな記事がありました♪

飼い主のにおい=癒し(dogactuallyより)

【私のにおい】が癒しになっているのだとしたら、
こんな嬉しいことはないっ!

そっか!
私も【ペコのにおい】が癒しになってるんだった。
頭のてっぺんだけに香る、酢こんぶ臭や、肉球のにおい♪

犬飼いさんは、きっとやってるよね。
スーハースーハー♪(* ̄^^ ̄*)




さて、そんなペコですが・・・。


お天気や、気圧、風・・・などなど。
気候が身体に及ぼす影響が、とっても強い仔だなぁ。って思います。


本日の夕んぽ前のペコさん♪
けっこうな雨だったので、カッパを着てもらいました。
そしたら、カーテンの後ろへ籠城 ( ̄▽ ̄)
かわいい・・・(笑)
1380290_386998711481026_7723633781542313387_n.jpg

この後、知らん顔して支度をしていたら、
トコトコ出てきてくれました♪



・・・って、そんな話じゃなかった ( ̄▽ ̄)
かわいい写真を載せたかっただけ ( ̄▽ ̄)


小さい頃から、耳が汚れているわけでもないのに、
時々耳が傾くことがありました。


また、お散歩中のスイッチ噛みも、
どうしたわけか、雨の日は入らなかった。


ずーーーっと記録していましたが、
本当に、雨の日は一度もなかったのです。


犬のお勉強のために、色んな本を読む中で、
今まで謎だったことが、
私の中で、だんだんと繋がってきているような、
いないような・・・←どっちやねん! ( ̄▽ ̄;)


10933697_386725704841660_3183902516469601041_n.jpg



先日、ビュービューと、強い北風の吹いた日がありました。


どうしたわけか、こんな日は、
家を出るなり、北へ!北へ!と、グングン進むんです。



何かの匂いが風に乗ってやってくるのかなぁ。
なんて、ぼんやりと思っていたのですが、
そういえば、これ、どこかで読んだような記憶が・・・


それを、ついさっき思い出したのですよ。


ムツさんの本です♪

犬はどこから…そしてここへ犬はどこから…そしてここへ
(2007/01)
畑 正憲

商品詳細を見る



本文より引用

アラスカのオオカミは、極寒の原野で生きています。
たいていは、風に向かって行動するんですね。
追い風で行動するということは、めったにありません。

ひとつには体温のロスですね。
毛が頭から背へと順に生えてますから、
風下に向かって立つと逆立って体温をロスします。
体温をロスすると、
それだけ身体のエネルギーを燃やさなければならないから、
風に向かって行動することが多くなります。

同時に、風は大切な情報源です。




ねーーーっ!
北風ビュービューの寒い日に、
ペコが北へ!北へ!と歩く理由が、なんだか見えてきたような!!
しかも、ペコ地方、極寒だし ( ̄▽ ̄) え?


北へとグングン進むのは、犬の本能。
遺伝子に組み込まれた大切なもの。なんジャマイカ!


そう考えると、
耳が傾くのも、気圧の変化によるものだったり、
雨の日にスイッチが入らなかったのも、
きっと何かしらの影響によるものだったんだろうなぁ。


天気や気圧、風などなどで、
身体に影響が与えられて、
それに反応したり、行動するってことは、
困ったことや心配することじゃなくて、
動物がその環境に順応したり、
自然の中で生きていくために必要なことで、
もしや、生きる能力が優れてるってことなんジャマイカしら!


部屋の中で一番暖かいところを選んで、
しっかり休息することも、
生きる能力が優れてるってことなんだよね! ( ̄▽ ̄)
ペコちゃんすごいねーーっ!
10922852_385198451661052_1221492479126715704_o.jpg




・・・ひとはそれを、おやばか。っていうんだよね。ペコ
1655608_387040844810146_2580815248306448144_o.jpg




・・・親バカ、ば、ばんざいっ!! ( ̄▽ ̄)


関連記事
今日は朝から、お日さまが顔を出してくれてるペコ地方♪

朝んぽも、モリモリ元気♪
やっぱり晴れは、気持ちいいね!
10847186_385569428290621_369155743118499242_o.jpg


匂い嗅ぎした後、
次の匂いを求めて、頭を低くして歩き出す姿が好きです♡
10801657_385512931629604_2429424903612480496_n.jpg



さて・・・。

午前中、買い物帰りのFMラジオから、
とある水族館のトレーナーさんのお話しを聞くことができました♪

可愛らしい声のお姉さんですが、
なんと、「セイウチ」のトレーナー。
セイウチって、こんな動物♪


セイウチ No.5327セイウチ No.5327
(2011/08/01)
Hansa

商品詳細を見る



大きくなると、1トンを超えて、
その牙は、1メートルになるものもあるんだって!((((;゚Д゚))))

お姉さんの言葉で印象に残ったものを、ざっと・・・。

大きな動物だから、まずは信頼関係を作ること。
これは、どの動物でも同じで。
餌を与えたり、少しずつ近寄ったり、
その子の間合いというものもある。
時間をかけて、少しずつ、少しずつ、
信頼を築きあげていく。

また、
セイウチはケンカや、攻撃をする時に、
大きなキバで、グっと挟むようにするから、
そういう行動が出ないように注意する。

それは、その子が許せる距離を知ること。
攻撃というのは、嫌だったり、追いつめらて逃げ場がないような時に、
自分を守るためにすることであって、
これは、セイウチに限らず、どの動物でも同じ。

攻撃においては、
こっち(人間)側が悪い場合がほとんどで、
それが起きた場合は、こっちが反省する。

ごくたまに、わがままなんてこともあるけど、
近づかなきゃいけない理由を、
ちゃんと教えてあげることも、必要。

その距離や、間合いは、経験することで掴んでいく。



セイウチが1トンで、キバが1メートルある大きな動物だって知ってるから、
そりゃ、力ではかなわないし、
無理やり何かさせることもできないし、
攻撃されたらひとたまりもない。

だから、きっと、
少しずつ、時間をかけて信頼関係を築いていく。
という言葉も、すんなり耳に入るだろう。


けど、犬だと、なんでそれが、
小さい頃に〆ろ!だの、
主従関係をはっきりさせろ!だの、
厳しく叱れ!だの、
そんな風になっちゃうんだろうね。


それは、犬が人の手に負えるくらいの大きさで、
力ずくでもなんとかなっちゃう。からなんだろうな。


大きくたって、小さくったって、
動物は、動物。


犬だけ特別じゃないんだよねぇ。


犬は人と暮らしてきた歴史が長いから、
人の過ちも、許してくれてるんだよね。
10866115_385562021624695_8279790169159349065_o.jpg



これから犬と暮らす。その時に、
しつけだなんだ。って言う前に、
セイウチのお姉さんが話してくれたようなこと。

動物との関係は、
「一緒に少しずつ築き上げていくもの」だってことを、
誰も教えてくれないんだよね。
1658126_385569431623954_9009255137791833529_o.jpg



関連記事
今朝のお散歩。
いつものように、スッタカ元気に歩いたペコさん♪
10497423_383410235173207_584227316762173072_o.jpg

たいていは、こうして前を歩きます。
けど、私の足音や、気配を感じとってくれてることは、
耳の動きでちゃんとわかります。


#133お散歩の時前を歩く犬>麦さんへのお返事 第2回(ムツさんのブログ)


前を歩いたり、横について歩いたり、
色々犬がいて、面白い。ってことが書いてあります。

本文より
犬が自分が喜んで動いていく、
その動き方を手助けしてやって
そこを愛してやってもらいたいんですね。


私はこの言葉がとても好きです。

犬が自分が喜んで動く。


日々の暮らしの中で、
私自身のことを考えると、
喜んで動く。ってこと、なかなかないかも。

あー。お昼ご飯作らなきゃ。
あー。仕事行かなきゃ。
うーん。ほこりが目立つぞ。
掃除機、この前かけたのいつだっけ?
そろそろかけなくちゃ。とか。え?( ̄▽ ̄;)


けど、ペコとの散歩は、楽しい。
私の喜びになってるなぁ!



ここのところ、連続して書いてますが、
散歩時のペコの様子が、なんだか変わったような気がするのは、
ひと月くらい前からかなぁ。
んー、ふた月くらいかな?
どっちでもいっか ( ̄▽ ̄)


そのひとつに、こんな変化が。


ふいに私のところへ自分からやってきて、
膝あたりの匂いを嗅ぐのです(笑)



え? ( ̄▽ ̄;)
ペコちゃん、おかーさん、臭い? ( ̄▽ ̄;)




たまたまかな?と思っていたのですが、
3日に一回くらいの割合で、
散歩中、私の匂いを嗅ぎにくるようになりました。


ウロウロあちこちの匂いを嗅いでいる途中や、
立ち止まって空気の匂いを嗅いでいる途中に、
その現象(笑)はおこります。


それが、今朝もあった。


写真は、私の匂いを嗅いだ後、
しばしそばにいるペコ。
10903931_383410225173208_1571994901326609891_o.jpg



不思議だなぁ。

何か気になる匂いや気配があって、
それで、私の匂いを嗅いで、
気持ちを整えてる。

そんな風味だったら、嬉しいなぁ。



ぼくは、そうしたくて、そうしてるんだ。
りゆうなんて、どーでもいいじゃまいか!
10917795_383410231839874_3001735833266165093_o.jpg



まぁそうだけどさ。
臭いから。じゃないといいな( ̄▽ ̄;)


関連記事
やっぱり今年の冬は、雪が多いような気がするペコ地方。

ペコは元気に過ごしています♪
お散歩で、歩く姿を見ているだけで、
私の口角は上がりっぱなし ( ̄▽ ̄)
そして、ますます楽しくなってくる♪


10869871_380452662135631_5468045493658130634_o.jpg



雨や雪で寒くて厳しいはずの散歩が、
こんなに楽しい気分になるのは、なんでだろう?
それは、やっぱりペコが可愛いから ( ̄▽ ̄)
・・・じゃなくてw


ちょうどグッドなタイミングに、
こんな記事を見つけました♪

脳の気持ちになって考えてみてください(ほぼ日刊イトイ新聞より)

<本文より>
「私は脳である」って考えてみてください。
すると、
脳は頭蓋骨の中に閉じ込められていて、
いわば幽閉された、
孤立した存在だっていうことに気づきませんか。
そこは、真っ暗闇なんですよね。
牢屋に入ってるみたいで、なんにも見えなくて、
外界から完全に隔離されてる
ひとりぼっちの世界なんです。
だから、脳それ自体では、
外の世界のことはわからない。



1973710_382378315276399_3790741800300159154_o.jpg



記事の中では、脳科学者の池谷裕二さんが、
ペンを横にして、口をイーッっという状態にして、
マンガを読む実験をしたことが書いてあります。

同じマンガなのに、
ペンを噛んだまま読むのと、
噛まずに読んだのとでは、
そのマンガを感じる面白さが違うんだって!
もちろん、噛んだ状態で読んだ方が面白い。


・・・で、
ペコの歩く姿を見てるだけで、
口角上がりっぱなし。に戻るのですが ( ̄▽ ̄)


私の脳に、口角上がってる♪っていう情報が伝わって、
ますます楽しくなるようなホルモンを出したり、
色んな神経が働いたのかな?なんて考えることは、
とても、面白くて興味深いのです。


それからというもの、
何か嫌なこと、気分が落ち込みそうな時、
意識して口角を上げるようにしていたら、
なんだか調子がいい♪



10841959_380222422158655_8731894054801790519_o.jpg



そんでもって、
そういうの、すぐに犬に結び付けちゃうんだけれどね。


ペコの脳も、
きっと、身体の声を聞いて、
そして、反応しているんだろうな。って。


何かを嗅いだ。
何かを見た。
何かを食べた。

それぞれの状態が、脳に伝わる。


散歩中、リードを緩めてウロウロと匂いを嗅いだり、
通る人、犬を見たり、
私が差し出したおやつを食べたり。


その時、脳は感じ取ってるんだ。



私が口角を上げるように、
犬にだって、自分自身で、気持ちをリセットする術を持ってる。


身体をブルブルっ!とさせたり、
地面の匂いを嗅いだり・・・・


けど、自分でそれができないほど、
何かを集中して見つめすぎてしまったり、
逆に、
何をターゲットにしていいかわからなくなって、
混乱してしまったり、
興奮しすぎて、パニックに陥ってしまったり。



そんな時、
例えば、ガン見しているペコの前を横切って、
視界を遮ったり、
前に立って自動的にオスワリさせたり、
条件づけられた名前を呼んだり、
身体を包み込むように保定したり・・・


10750112_380927832088114_614420922478464902_o.jpg



そんな風に、
私がちょっと手助けすることで、
ペコの脳はその動きや、視覚からの刺激、
耳からの音、身体に触れられるものなどから、
それにふさわしい反応をする。


・・・って思うと、
やっぱり私からの手助けは、
ペコが落ち着けるものであり、
口角を上げるものであり、
パニックから救いだせるものでなくてはならない。




そこで、ふと思ったのです。


私が犬のお勉強をずっとしている、
チャーリードッグスクールでは、
それら全部を、基本的な取り組みとしていたんだよねぇ。



こんな事がありました。


散歩中、人に出会うことが多かった夕んぽ。

最近私は、ペコの身体からでるシグナルを見つつ、
なるべく私から働きかけをしないように、
とにかくシグナルを妨げないように、
リードを緩める。そして、淡々と歩く。を意識しているのですが・・・。

そうすると、
大きく弧を描くように道の反対側へ行ったり、
少し近づきながら匂いをとったり、
色々な様子がわかるようになってきていまして。


そんな風に、自分の力だけでスルーできた時、
ペコが歩きながら必ず私の顔を見るようになった。

まるで、できたよ!って報告してるみたいに♪

そして、それに、すごいじゃん!と応える私。

10923815_381986185315612_7044160394052783097_o.jpg




大丈夫な時があれば、
混乱する時もあります。
そんな時は、前述したように、
条件づけられたアイテムの中から、
その時に合ったものを選び、
少しだけ私が手助けします。


その呼吸?チョイス?が、
ペコの求めているものに、
合ってきたように思う今日この頃。


そしたら、先日、
前から歩いて来る人が、怪しかったのか、それはわからないのだけど、
なんと、ペコが自分から、私の後ろに隠れるように歩いた!!


これって、もしや、
私を頼ってくれてるってことジャマイカ?


毎日ブログを読んで、
そこに書いてあることを続けていたら、
いつのまにか、こうなった。


うーん、
なんていうのかしら。


犬に信頼してもらおう。って思ってるうちは、
信頼って得られないのかもしれないな。


あんなにクールだったペコが、
最近、そばに寄ってくる。

私が首筋を掻くと、
とても気持ちよさそうな顔をするんだよねぇ。
そして、また口角が上がりっぱなしになる私なのです ( ̄▽ ̄)


関連記事
新しい年を迎えました♪
今年もよろしくお願いいたします!!
10830853_380059662174931_3171771867085400110_o.jpg


元旦から雪が降り続くペコ地方ですが、
それでもペコにとっては、カンケーない♪
雪が降ろうとなんのその。
いつものように、散歩へ出かけています。

10899968_379541608893403_590006914486449290_o.jpg

夜通し除雪車が走ってくれたおかげで、
道路は綺麗になっていて、
とても歩きやすかったよ♪

お正月の夜中も働いてくれる人たちがいることを、
感謝しなければだよなぁ。って思いながら。


雪かき中の人を立ち止まって見るペコ。
10914970_379749852205912_610502962155541727_o (1)


雪かきをしてる人に限らず、
通りを歩く人も警戒し、
時には吠えかかってしまう事もあったペコですが、
最近は、自分で距離を取ったり、
また、近寄ろうとする素振りも見えるようになってきました。


ペコは、人が苦手。
・・・と、私はずっとそう思い込んでいました。


んー、確かにそういう面はあるのかも。しれないけれど・・・。
もしかしたら、なんか違うかも。
・・・と思えた出来事が、このお正月にありました。


そこに匂いのある限りっ!(写真と本文は関係なしw)
10869649_379640545550176_291198575348588201_o.jpg


元日に、ペコ父の実家へ行きました。
親戚が集まっている場所にペコを連れて行ったのは3回目。

初回と2回目は、バタバタ落ち着きがなく、
誰かが動けばガウガウ吠え・・・な感じで、
私もオロオロ、オタオタ ( ̄▽ ̄;)
・・・だったのですが、
今回は、なんとなく「この雰囲気知ってる♪」な風味で、
とにかく、前回までとは落ち着きが全く違ったのです。

義妹ちゃんも甥っ子、姪っ子ちゃんも、
犬が好きではないので、
まるでペコがいないかのように。な対応は、
とっても上手にしてくれていました。
理解と、協力に感謝!!


トランプ中の子供たちを、こっそりのぞくペコさん♪
10862503_379214195592811_5068600998662719866_o.jpg


そんな中、ひとりだけ、
以前犬を飼ったことがあるという義弟さん。
ペコは、そーっと義弟さんに近寄っていきました。

ペコの事(触ろうとすると咬むかもしれない)は説明してあったのですが、
義弟さん、そばで落ち着いているペコの様子を感じ、
撫でても大丈夫かな?と思ったらしく、手を出しました。

そしたらペコが、小さく、そして短く、ウ!っと唸った。


雪まみれ ( ̄▽ ̄) (写真と本文は関係なしw)
1559286_379640542216843_7156280418943560580_o.jpg


義弟さん、「あぁ、やっぱり嫌なんだね。」と、
すぐにやめてくれて、しかも、ペコを責めたりせず、
唸ったことに理解を示してくれました。
一方ペコも、
そのまま義弟さんのそばから離れることはせず。


こういう時、ウ!っと唸ったことだけが、
クローズアップされがちだけど、
ペコは、きちんと意思表示をしたんだよね。
そして、それが伝わった。


その後も離れず、そばにいる。ということは、
触られるのは嫌だけど、
義弟さんを嫌いではない。んジャマイカしら?って。


人が苦手なわけじゃなく、
嫌なことをする人が、苦手なんだ。


手を出す、撫でようとする。だけじゃなく、
その人の動きや、視線。
その人の纏った空気みたいなもの。が、
ペコから見て、犬の目から見て、警戒に値するか否か。ってことなのかな。



ペコは人が苦手。
思い込みは、ペコの世界を狭くする。


10841745_380059582174939_8078121871774172999_o.jpg



尻尾を振って、喜んで人のそばへ行く。
そんなフレンドリーな犬になって欲しいとは全く思ってない。
けど、人社会で暮らすペコにとって、
人が脅威ではない事を、感じてもらえたらなぁ。
そしたら、もっと生きやすくなるんジャマイカしら?


ぶっちゃけ、
ペコが苦手なものは、ペコの敵!って思いが、
心のどこかしらにあったんだよねぇ( ̄▽ ̄;)
だから、人を見れば、私の方が先に緊張していたのかも。
人に慣れてほしいのに、その人が敵。なんて、
激しく矛盾してるよね( ̄▽ ̄;)


私が敵!って思ってたら、それは必ず伝わる。
犬って、それくらい感覚が優れていると思う。


大脱出!(写真と本文は関係なしw)
10897752_379640168883547_4106022154100329928_n.jpg



2015年。
私の思い込みを崩そう!


犬の学習は、レスポンデントと、オペラントだけじゃなくて、
「模倣」というのが、何かの本に書いてあった。



犬は飼い主の鏡。
模倣してもらえる私になろう。
まずは、そこから。


関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。