上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きです♪
この頃の変化をつらつらと。


ペコのボディランゲージを見て、
リードを緩めたり、脚側で歩いたりすることで、
苦手だった人や、チビッコとも、
今では、緊張感なく(私が)すれ違えるようになってきました♪

1913252_415349238645973_8912175660314975806_o_20150328201918713.jpg

けど、そんなペコにも、まだ難関があった。
ペコには、超苦手ワンコさんがいます。
ご近所で、ペコと同い歳男子で、ペコより一回りくらい大きいのです。

その仔が前方から来ると、ガン見したり、
激しくガウガウしたり・・・。

家の前でバッタリ出会った時なんて、
そのガウガウの激しさは凄いですよ ( ̄▽ ̄;)
止めようとしてガッツリ抑えると、
転位的に噛みが出る時もありました。


そんな超苦手ワンコさんですが、
何か月前からか、その仔が去っていくと、
キュンキュンと鼻鳴きするようになったのです。


その様子を見た時に、私の思い込みが、
ガラガラと音をたてて崩れたのです。←おおげさ ( ̄▽ ̄)


ペコは、その仔を苦手なんだと思っていたのです。
好かん奴!あっち行け!かと思っていたのですが、
そうじゃない、自分でもどうしていいかわからない混乱みたいな。
それをうまく表現できないんジャマイカしら?と。


先日、久しぶりにその超苦手ワンコさんと出会ったのです。


もちろんペコも気づきました。

いつもなら、すぐおやつをあげてみたり、
インターセプト発動!ってなわけで、
視界を遮ったりしていたのですが、
ペコが、いつもと違って、落ち着いています。


だから、私は、何もしませんでした。
ただ、リードを緩めるのみ。


ペコは、ワンコに気づいているはずなのに、
背を向けて、道端の草の匂いを嗅いだり・・・。


そうしているうちに、超苦手ワンコさんが通り過ぎるのを、
何事もなかったかのように、やり過ごすことができたのです。


こんなの初めて!と、驚いているのもつかの間、
そのワンコさんの後を、嬉しそうについていこうとするペコ。

11082501_414661798714717_3396029909483369212_n_20150328202104fd3.jpg


14986_414661818714715_3910579705246459837_n.jpg


苦節四年と数か月!
全私が感動したーーっ!。・゚(゜´Д`゜)゚・。


もしかして、もしかしたら、
ペコは、ずっと前からこうしたかったのかもしれない。

けど、自分自身でどうしていいのか、
わからなかったのかもしれない。


きっとまた、家の前でばったり出会ったら、
ガウガウしちゃうと思うのだけど、
そこには、テリトリーという要素も含んでいたりすると思います。


むむん。テリトリー。
これは、また別の機会に ( ̄▽ ̄;)


でもでも、今となっては、
それが困ると言うよりも、とても興味深くなってきています♪1932764_415349245312639_779835581537570341_o_20150328205723ea9.jpg


今、振り返って思うのは、
犬の成長段階によって、
こちら側のはたらきかけは、違ってくること。かなぁ。

小さな仔犬の時には、舐めるように可愛がり、
大人の階段を上りはじめる頃には、
こちらも逃げずにきっちり向きあう強さが必要だったり、
階段を上って、大人になったら、
犬に一目置くような接し方を心がけたり。


まぁ、今だから言えるシリーズで( ̄▽ ̄;)


ペコ父、ペコを抱っこしたい衝動にかられました。
ペコちゃん、ありがとうね♪
犬に癒されたいから飼うというのは違うと思うけど、
癒し癒される関係でありたいものです。
1489173_414003865447177_4395624338048596497_n.jpg



そんなわけで・・・。



便りのないのは良い便り。なんて言ってないで、
もう少し頻度を上げて、
ペコとの大切な日々を記録していきたいな。


噛み噛みペコが大人になった記録をね♪


10947304_415411635306400_3927435732020325259_n.jpg



関連記事
スポンサーサイト
続きです♪

自由なペコが見たい。と書きましたが。


それは、放任とか、何をしてもいいというわけではなくて。

人の社会で暮らすためには、
犬の気持ちのままに行動してもらっては困ることもあって。

それをいかに教えていくか。
それがトレーニングっていうものなのかしら。



10559771_414305795416984_3246259012658525652_n.jpg


で、はた。と気づきました。


困ったこと。とひとことで言うけれど、
犬が、犬としてふるまうことが困った。になることと、
人と暮らす上での、困ったこと。

それって、同じ困ったことでも、
種類が違うんジャマイカしら?と。



ムツさんの無人島記に、グルという秋田犬が登場します。
グルはムツさんが初めて飼った犬。

無人島には、グルの他に、
ムク、ナギ、ロク、ケンがいました。

ご飯の時も、
グルムクナギロクケン!とまとめて呼ぶと、
いっせいにやってくる♪

寒い夜は、グルムクナギロクケン!と呼ぶと、
いっせいにやってきて、
ムツさんの周りを囲んで、暖めてくれる♪


想像しただけで、嬉しい気持ちになってきます♪

ぼくもやってきたよ!ペコ
11045391_415349241979306_5344988689650969432_o.jpg



このグルは、犬の中のリーダーで、
犬たちを教育する役目を持っています。

それはそれは、厳しく・・・( ̄▽ ̄;)


犬は犬を厳しく教育する!!

そこだけに注目して、じゃぁ、人も犬と同じように!
そんでもって、怒鳴ったり、叩いたり、蹴飛ばしたり、
とことん追いつめたり・・・。
(犬はとことん追いつめないのですよ)
それが、間違いの始まり・・・だったりもする。


かと言って、いい仔、いい仔♪だけじゃ、
教えられないことだってある。


噛んで噛んで血が出るほど噛むのはルール違反だよ。
ってことを教えるためには、
こちら側の気迫や、目ヂカラが必要な時だってあって。


こういうのは、
犬が犬としてふるまうことが困った。ことにあたるのかしら。



でもって。
グルには、犬を教育する面がある一方で、
人の行動や、人が人に接する様子を見て学び、
自分の役割を持って行動するところもある。


ヘンな人がやってくるのを、吠えて撃退してくれたり、
馬が野菜畑を荒らそうとするのを、入らないように見張りをしたり、
娘さんと友達になって、守ろうとしたり・・・。



犬ってホントに素晴らしい!ヽ(゚∀゚)ノ


ふしんしゃはいないか?ペコ
11090995_415349391979291_665823418075245806_o.jpg


話を元に戻しますが・・・ ( ̄▽ ̄;)


人が犬と暮らすうえで、困ったこと。
これが、グルのこの別の一面に通じてくるのかしら?


会う人、会う犬に、いちいち吠えかからないですむように教えたり、
よそ様の玄関先に、おしっこしないように教えたり、
・・・・・あとなんだろう? ( ̄▽ ̄;)え?


他に人と暮らす上での問題を絶賛募集中!ヽ(゚∀゚)ノ


じゃなくて ( ̄▽ ̄)


気迫や、目ヂカラだって、
そんな簡単にできるようにならないのが人で。


そしてまた、
犬が真似したくなるような、
どっしり構えた心境には、
なかなかなれないのも人で。


一緒に泣いて、一緒に笑って、
一緒に頑張って、一緒に生きてくー!ヽ(゚∀゚)ノ

そう思って日々過ごしているうちに、
少しずつお互いにわかりあえるようになってくるんジャマイカと。


もうすぐ5歳のペコと私は、
それを実感するようになってきた今日この頃なのです。



そして、③へ続くのであった・・・・ ( ̄▽ ̄;)





関連記事
なんてこったい!
前回の記事から、またまたすっかり空いてしまいました( ̄▽ ̄;)

えっと・・・
「便りのないのは良い便り」・・・って違っ(笑)

ブログを始めた当初は、毎日、毎日休まず記録していたのにねぇ。
仕事だって今と同じようにしていたし、
夕んぽだって、噛みスイッチが入って帰れなかったりで、
けっこう長い時間行ってたりしたのになぁ。


だから、忙しくて時間がない!ってのは言い訳で、
時間は捻出するものだってことが、よくわかります ( ̄▽ ̄;)


おかーさんは、いいわけだいじんだよ。ペコ
10933715_409396492574581_1967641330154605328_n.jpg



いやいや(汗)
一応、便りがない間にも、いろんな事は考えている私です。


毎晩お風呂で、ムツさんの無人島記と、その続編読んでます。
のぼせちゃうから、少しずつですが( ̄▽ ̄)


ムツゴロウの無人島記 〔正〕 (文春文庫)ムツゴロウの無人島記 〔正〕 (文春文庫)
(1977/04/25)
畑 正憲

商品詳細を見る



王国を作るよりも、前の話です。
ムツさんはなぜ無人島に住もうと思ったのか。
今更ジローですが、その理由が書かれています。

北海道の海辺の町を歩いていると、
自由に歩き回る犬たちがいて、
その犬たちは、ムツさんが飼っていた犬とは、
姿や表情がまるで違っていたんですって。

犬たちは自由に歩き回っているけれど、
かと言って、人間を無視しているわけではなく、
犬好きな人には、駆け寄って、甘えたりじゃれたり♪

それを見たムツさんは、
自分の犬の自然な姿や表情が見たくて、
それで無人島に住もうと思ったんだって!

へーへー!!

私も、このごろ特に思います。
ペコの自由な姿が見たい。と。


10711073_409530232561207_2892125395967088938_n (1)


けれど、無人島に住んでるわけではなく・・・。


だからできるだけ、ペコの自由な動きを妨げないようなリード使いを学んだり、
今ここで介入するべきか否か。を判断するために、
ボディランゲージを学んで、それを見られるように努力したいんだろうなぁ。って、
今更ジローに気付いたのでありました。


それは、私がそうしたい。ということ。なわけですが。



朝ご飯の後と、私の帰宅後、夕んぽの後は、
雨でない限り、庭に出すようにしています。
なるべく私が干渉しないように。


13424_413784318802465_2099331238285222755_n.jpg


10408090_413784422135788_5727881925665798343_n.jpg


1385884_413944525453111_6706777859322358150_n.jpg



庭で自由に過ごすペコを見ていると、
気付くことが沢山あります。


その中のひとつ。


じーーーーーっ。と立っていたり、
じーーーーーっ。と座っていたり。


どんだけ、じーーーーーっとしてるんだろう ( ̄▽ ̄;)


退屈じゃないのかな?
はじめは、そんな風に感じていました。


何か一緒にした方がいいのかしらん ( ̄▽ ̄;)

ボール投げでもしようかしらん ( ̄▽ ̄;)



けれども、そのうち、
あぁ、これが、ペコの自然な姿なんだろうな。と思うようになりまして。



散歩中にもよく立ち止まったり座り込みます。

何かが怖かったり、集中しすぎてしまったり。
そんな場面もありますが、
庭でのペコの延長?のような時もあることに気づきました。
10455746_409396472574583_6467345231864687318_n_20150327204103362.jpg


動かすことで、怖さや集中から脳を切り替えなきゃ。な時もあるけれど、
ただただ、じーーーーーーっとしていたいだけな時もあるんだろうな。


そうそう♪
庭でぼーーーーーっとしていても、
晩ごはんの頃には、自分から部屋に入ってきます。


そろそろごはんですよね?ペコ
11075137_413944545453109_1703073160901864727_n.jpg


人と犬の暮らしを遡ると、
そこには長い歴史があるんだよねぇ・・・。


そんな事に想いを馳せながら、
犬との暮らしを見つめ直すと、
心が洗われてくるような。

この頃、ちょっとひと味変わってきたような、
それは、気のせいなような、
ペコと私ペアなのであります ( ̄▽ ̄)


長くなったので、続きます ( ̄▽ ̄;)


関連記事
今日は10度を超えて、暖かいペコ地方。
しかし一転、来週は雪マークが並んでるんです。
信じられない!

三寒四温かぁ。
ペコ地方は、五寒一温くらいだけどね ( ̄▽ ̄;)
こうして春は少しずつやってくるのだよねぇ。
11043078_404998799681017_8748142446864087014_n.jpg


さて、ペコさん。

先週は、気圧や気温の激しい変化で、耳も傾いた。と書きました。
前回の写真 ( ̄▽ ̄)
10440977_401312723382958_5622262062125384100_n.jpg


今まで、耳の汚れってあんまりなくて、
だのに、耳が傾くんです!と病院で訴えると、
汚れてもいないのに病院で耳洗浄されちゃって、
とっても理不尽に感じていたのです。


これは、以前の写真。
この時も、翌朝には元に戻った。と思う。
DSC_0300_20150308170006ada.jpg


だ・か・ら
気圧の変化で耳が傾く。っていうのは、
ペコ仕様なのだーっ!ヾ(。`Д´。)ノ

そう息巻いていたのですが・・・。


今回の傾きは、2日たっても戻らず ( ̄▽ ̄;)
11020785_402573603256870_5004244730058940088_n.jpg


これはおかしい。と、耳をペンライトで照らしてのぞくと・・・


けっこうな勢いで汚れてるジャマイカ!( ̄◇ ̄;)
数日前、念のためと思って見たときは、こんなに汚れてなかったのに( ̄◇ ̄;)



なんだ・・・。
今回は、気圧じゃなくて、耳が汚れてるんじゃないか・・・
私の勘って一体・・・orz


そんなわけで、イヤークリーナー注入したり、
コットンで拭いたりしましたが、
所詮、私のホームケアテクニックです。
このまま悪化しちゃいけない。ってことで、
病院へ行ってきました。

先生は、慣れた手つきで、鉗子を何度も取り替えながら、
グリグリと奥まで掃除してくれました♪

私は顔の前でほっぺを挟みながら、声をかけました。
ペコは、しかめっ面しながらも、ずっと私を見つめたまま。
唸ったり、口を開ける素振りは全くなく、最後までよく頑張りました!


10日後に再診ってことで、点耳薬を処方されました。


写真は、本文と関係なし ( ̄▽ ̄)
10429848_404993506348213_681257910436656752_n.jpg


点耳薬さすの、苦手なのよね・・・


柴犬の耳って立ち耳だから、中まで見えやすいと思ったら大間違いで、
入口付近にモフモフした耳毛が生えてるから、
グイ!っとひっくり返さないといけないんだよねぇ。

モタモタしてると、何すんの!?って、
お口が出そうになっちゃったりね ( ̄▽ ̄;)


先生の手つき見てると、とても素早かったな。
素早く耳をグリっとめくって、プチュっと落とす。
あまりの素早さに、何されたかわからないんじゃないかなぁ。

そんなわけで、この1週間。頑張りましたよ。点耳薬。


まずは、犬友さんに教えてもらったように、
点耳薬を温めます。
どうやって温めるのかと言いますと・・・

点耳する前に、下着に挟んでおくのです ( ̄▽ ̄)
すると、ほどよく人肌に温まる ( ̄▽ ̄)

さした時のヒヤっ!とした感じが、緩和されるよね♪

で、病院の先生のように素早く、素早く・・・。
ハイハイ♪いい仔ね~♪と言いながら、
グリ!っとめくって、狙いを定め、プチュ!
そして、素早く用意しておいた、チーズを口に ( ̄▽ ̄)


なんと、
あんなに苦手だった点耳が、あっけなくできちゃった!ヽ(゚∀゚)ノ
あっさりすぎて、私が拍子抜けたよ。


傾きもすっかり治りました♪
あ。この写真じゃ、わからないね ( ̄▽ ̄)
11032057_404851893029041_5917516058111825932_n.jpg


ペコのように、身体を触られるのが、好きじゃない子には、
やっぱり普段からのコツコツ。必要だと思いました。

ガッチャエクササイズ応用編 (私は社会化のドッグトレーナー)


いつも、喉元過ぎれば熱さを忘れる。になっちゃうから、
耳が治っても、コツコツ続けようっと♪ヽ(゚∀゚)ノ


それから、もひとつ、マメ知識。

イヤークリーナー。
容器が大きいから、それだけで警戒しちゃいます。

これも犬友さんに教わったのですが、
コットンにヒタヒタになるくらい染み込ませて、
耳の中でギュっと絞る。

これならペコでも大丈夫♪ヽ(゚∀゚)ノ


今回のことで、教訓。


耳が傾く=気圧


決めつけはいけませんね。

森を見て木を見ず。
木を見て森を見ず。

精進、精進なのだ。


関連記事
昨日の続きです♪


自律神経?で閃いて、
こちらの本を読んだのですが。

壊れた脳も学習する      (角川ソフィア文庫)壊れた脳も学習する     (角川ソフィア文庫)
(2011/02/25)
山田 規畝子

商品詳細を見る



高次機能障害←wiki

その症状は多岐にわたり、
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの認知障害等で脳の損傷部位によって特徴が出る。
損傷が軽・中度の場合には核磁気共鳴画像法(MRI)でも確認できない場合がある。
その障害は外からでも分かりにくく自覚症状も薄いため隠れた障害と言われている。



くんくん♪
10422455_401170806730483_3545441709472463383_n.jpg


著者の山田氏は、自らが医師であったという立場から、
病院での検査や診断、治療、サポートについて、
病気の内側から感じていることを伝えてくれています。

で、こちらの本に「てんかんの条件」という記述があります。

山田氏も、てんかん発作が起きることがあり、
それが、季節の変わり目。特に冬に、
「脳のご機嫌が悪い」状態になるんだそうです。


山田氏の「てんかんの条件」を、簡単にまとめますと・・・。

単純に言うと脳、特に傷のある方の脳が、
過剰興奮状態になってはいけないということが基本。

この、過剰興奮というのは交感神経優位状態ということで、
例えば体が冷えたという情報が入れば、
身体を自分で温めなければということになり、
脳は闘いモードになり、交感神経が興奮します。

そこに、同時に存在してほしくない悪条件が、強い空腹。

脳を動かす血糖の低下により、
何か食べ物を得なくてはならないという戦闘モードに入ります。
もし野生動物なら狩りに出かけなくてはなりませんから、
交感神経のエンジン全開の状態です。

それじゃ、空腹を満たそうと、温かい飲み物を飲む。
すると今度は急に腸管が過剰刺激状態になって、
吐き気が起こったり、下痢がおこったりして、
その刺激自体が脳を刺激して、直接てんかんを誘発することもある。


おやつキャッチ!
こんなのは、過剰興奮じゃないよ♪ヽ(゚∀゚)ノ


キターー!
1510373_390528287794735_1260003053702531408_n.jpg


キャッチ!!
なんて品のイイおやつキャッチなんだ! ( ̄▽ ̄)
551555_390528304461400_5701132885705070308_n_201503011413316da.jpg


・・・で、これを読んで、ピカン!としたのですよ。


ペコの①~⑤の条件に当てはまってますのです。

①気温が低い日。
②気圧が急激に下がって、それが急激に上がる日。
③寒い朝の寝起き。
④寒い日に、散歩から帰って、一息ついて、眠りにつく時。
⑤私が仕事から帰った時。


ん?よんだ?
1508181_397303717117192_4932339088384345379_n.jpg



私が仕事から帰った時。
「今、目が覚めました♪」な顔で、ぼんやりしているペコです。
頭をユラユラ~とさせることもあったり。


お母さんキター!って感じの、
いきなりの過剰な興奮ではなくても、
それまで寝ていたのが、
さて、これから散歩♪という準備状態に入るのかな?


著者の山田氏は、
こうした観察による状態の変化を医師に言っても、
それがどうした?になってしまう場合が多い事を嘆いています。

病気を観察する力は、医学知識の有無だけで決めつけられない。
本当は、患者さんの方が、医師やセラピストの知らないことを、
山ほど知っているかもしれない。と。


てんかん発作に向かって、これはまずい!と感じる前兆は、
まず最初に口腔内に感じるんだそうです。
口の感覚、味覚の感覚がない。ような。


ペコも時々あるのですが、
犬のてんかん発作にも、
チューインガム発作というのがあり、
くちゃくちゃと、ガムを噛んでいるようにするんですよね。


10993390_397524990428398_3681879461373883398_n.jpg


それから、
環境の条件や疲れなどでフラフラになっている。という時に、
何か言葉をつぶやくと、覚醒度が上がって、転倒の予防になる。と書いています。

「南無阿弥陀仏」や、
「がんばれ、がんばれ、おかあちゃん」など、
必ずうまくいく。という自己暗示のかかった言葉をつぶやくと、
意識がシャッキリするんだとか。


こういったことも、
内側から見て、経験しないと分からない事なんでしょうね。


実際、それが、医学的にどうなのか?という事ではなく、
まさにそれが、患者が自らの医師になる。ということなのでしょう。


気温や、気圧の変化は、どうしようもないことだけれど、
薬だけでなく、
何かしら、私ができることがあるのかもしれないな。


そんでもって、それは、私が学んできた事に、
ヒントがあるような気がする今日この頃なのです♪





関連記事
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。