上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝散歩 6時00分~6時35分 
噛み噛み なし
お天気  雨
ペコ父担当
その他詳細聞けず・・・

夕方散歩 16時50分~17時50分
噛み噛み なし
お天気  雨
ペコ母担当
ワンコとの出会い なし

昨日に引き続き夕方のお散歩は競歩!しました。

リードを短めに持ってグッパーしながら競歩していると、ペコもリズムよく歩けるのか、しばらく脚側について歩ける状態になったりします。3Mリードをいい事に、飼い主が疲れているときなどは、時々伸ばしっぱなしになってたんですよね(汗

ちょっと心を入れ替えようかと思います。

今日はペコが匂い嗅ぎで一生懸命の時に、はるか彼方にノーリードのワンコを見つけました。
以前のブログにも書きましたが「動かないから通っていいよ」と言った飼い主さんのワンコです。

これまでも急に草むらから飛び出してきて吠えられたり、飼い主さんがめちゃくちゃ遠くにいて、ワンコだけがペコに近寄ってきたりと、ちょっと怖い思いをさせられています。

今日はペコが匂い嗅ぎをしている事を幸いに、そのワンコさんと出会わないようにコースを変えてしまいました。

ノーリードについては、いろいろな意見があるかと思いますが・・・

ペコ母は損保でパートのお仕事をしているのですが、ワンコさんが車にひかれて死んでしまった事故も入ってきます。

ワンコさんの場合は「対物事案」になります。

対物ということは、ワンコさんは「物」として扱われてしまうんです。とても可愛がっていた愛犬でも、そのワンコさんの「時価額」が損害賠償の金額になります。(基本的な場合ですが・・)
車の場合と同じように「高額で買った!」と言っても、年数がたてば価値も下がってきます。

何よりお金に換算という処理が考えられない事ですよね。

車と愛犬とは全く違うと思いますが、人間の社会では悲しいかな、そう決まっています。

過失割合というものもあり、ワンコさんが道に飛び出した場合は、飼い主にも責任割合がかかってくるんです。

大切な愛犬を事故で失った上に、その死を物と一緒に扱われてしまうんです。そんな悲しいことがあるでしょうか。



ノーリードは犬に自由を与えている!と思っている飼い主さん。犬の命の危険については無関心なのでしょうか・・・

CIMG82121.jpg

夕べ寝顔があんまりかわいかったので、そ~っと写真を撮ろうと思ったら、起きてしまいました♪寝ぼけた顔がかわいい♪
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。