上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝散歩 6時30分~7時10分 
噛み噛み なし
お天気  くもり
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当


夕方散歩 17時20分~18時20分
噛み噛み 1スイッチ
お天気  はれ
ワンコさんとの出会い 2ワンコさん
ペコ父担当

夜、一番遅く帰ってきた長男が、一人で晩御飯を食べていると、
そばにきてウロウロしたり、オスワリしたり、フセをして待つペコ。

おこぼれを狙っているのか(笑)

食べ終わった長男。
あまりの可愛さに、フードを3粒あげてしまいました。
(強化になっちゃう^^;)
そして、いい子だね♪と撫で撫で。

DVC000330.jpg

最近の変化について。

甘噛みから、興奮して、ガウガウモードになり、
傷や、打身の跡が残ってしまうくらい強く噛んでしまっていました。
それがほとんどないんです。

ほんの少し前までは、
撫でれば、ガウガウ、かまってほしくてガウガウしていたのです。

それが今は、撫でるとお腹を出したり、出さないまでも、手や腕を舐めたり・・・。
少しハウハウと興奮して口を開けはじめると(開けるだけで噛みません)、
自分で自分の興奮がわかるのか、
おもちゃを取りに行って、もどってきます。



ペコ家の噛みに対しての取り組みは、

噛んだら反応を返さないで、去る。
しないよ。と静かに言って相手にしない。
それでも興奮しすぎて収まらない時は、無言でホールドラッピング。
父の場合は、抱っこ。


そして、おもちゃや、ガムを噛んでいる時は、「いい仔ね~」と褒めていました。


※ハーネスをつける時や、ブラッシングをする時などは、
抵抗して噛んできても、それでやめる事はせず、
そのまま「ハイハイいい仔ね~」と言いながら、ちゃっちゃっとやってしまう。
これらは、その方法が功を奏したのか、今はもう平気です。


これを家族全員で徹底してやってきました。
それがペコに理解できる日がやってきたのでしょうか・・・?
でも、まだまだ半信半疑です。
なので、途中経過ということで、記録しておこうと思います。


すべてはチャーリーママさんのところで学んできました。
上記以外にも、色々な方法があります。
その時の成長に合わせ、チャーリーママさんが、アドバイスして下さいました。

ペコの場合は、もっと月齢の低いころ、噛んだら別の部屋に行くをしていたら、
それがだんだん遊びになってきて、興奮が酷くなった事もあります。

それぞれのワンコの性格や、成長段階、なにより飼い主の成長^^;で、
その時々の取り組み方法も違ってくるのだと思います。


でも、何より一番大切な事は、「辛抱」。
今だから言える事ですが、渦中にいる時は、
これがなかなかつらい事だと思います。

そんな時、いつもチャーリー組の皆さんが、励まして下さいました。

そして、気を取り直して「辛抱」
その繰り返しの日々です。

また明日になったらペコは変わっているかもしれません。
また「辛抱」が繰り返されるかも。

きっと、それが成長。その変化も楽しみのひとつです。



今日は有給休暇の消化で、仕事がお休みの父。
朝と夕方の両方のお散歩に行ってくれました。

夕方のお散歩では、スイッチが入りました!!

いつもなら
「アチャー!入っちゃったよ^^;」と思う父が、
今日は
「キター!!よっしゃ!!」とガッツポーズ^^;

この頃ずっとスイッチが入らなかったので、
父も相当気がかりだったんでしょう(笑)


マズルの痒みは、少しずつおさまってきているような気がします。
気がつけば掻いていたのですが、昨日、今日は、掻いている姿をあまり見かけません。

このままよくなってくれると良いのですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。