FC2ブログ
本日も長文です。


日曜日の事です。
南極大陸が終わり、次男と夜んぽに出かけました。

夜んぽは、排泄のためなので、近所をぐるっと一周するだけです。

自宅が見える路地にさしかかった時、
ペコが空き家の垣根を見て、立ち止まりました。


何かいるの?


垣根をそっと覗くと、そこにはペコよりひとまわり小さい赤柴がいました。

ペコ母がその姿に気づいた時は、すでに戦闘態勢になっていて、
一瞬のうちにペコに飛びかかってきました。

ペコも唸りながら応戦!!




じつはその赤柴さん、空き家のお隣のお宅で飼われている仔なのです。

夜から朝にかけて、よく近所をウロついていたという話を耳にしていましたし、
実際、ペコ父も帰宅時に、何度か見かけています。
母も夜んぽで、以前遠くに見かけた事がありました。

お向かいのおばちゃんなどは、ワンコを連れて早朝にお散歩している時、
突然襲い掛かってきたために、おどろいたおばちゃんが自分のワンコを抱っこして守っていると、
腕や足に咬みついてきて、流血もしています。

でも、おばちゃん赤柴さんの飼い主さんには言えずにいました。


その仔が、今まさに目の前にいます。


ペコ母、頭の中でどうしたらよいものか、ぐるぐる思考が駆け巡りました。

そうだ!まずはペコを守り、次男も守らなきゃ!!

ガウガウ唸りながら、応戦しているペコのリードをたぐりよせ、
間に入り、次男にはペコ父を呼びに行くように言いました。


これ長々と書いていますが、ほんの数秒の事です。



ペコ父が駆けつけたので、ペコを引き渡し家へ連れ帰ってもらいました。


さて、この赤柴さんを飼い主さんのところへ連れて行き、
係留が度々外れている事を言わなくてはいけません。

ところが・・・。


赤柴さん、ペコがいなくなったからか、
今度は母に向かって唸りながら威嚇し近づいてきます。

顔つきはすっかり威嚇モード、歯をむき出して吠えています。



怖い・・・。



以前ノーリードのラブくんにガウられた事もありますが、
過去記事「叱らないで」
その時は、こんな怖さを感じませんでした。
驚いたけれど、怖いとは思わなかったんです。


でも、この赤柴さんの唸りと威嚇する姿は、
人を全く信用していないような、冷たいんです。目つきが。


どうしたらいい?
自分に聞きます。
ママさんのところで学んでいるんでしょう?



目を合わさないように、脅威を感じさせないように・・・。



そうこうしているうちに、赤柴さんが自分の家の方へ向かって走っていきました。

ペコ母ゆっくり後を追います。

騒動を聞きつけて、お向かいのおばちゃんが家から飛び出してきました。
以前咬まれているので、この時を待っていたようです^^;



飼い主さんの玄関のチャイムを押している間も、
赤柴さんは近づいたり、遠のいたりしながら、威嚇してきます。


飼い主さんご夫婦が家から出てきました。


「お宅の犬、放れてますよ。」

「あ、ほんとだ!」


飼い主さん、すぐに捕まえると思いました。
だって飼い主さんのすぐそばまできてるのに!!


ご主人「おい!えさ持って来い!」


奥さんがおやつを持って出てくると、
ご主人がおやつでおびきよせます。


鼻先まできています。ほら、捕まえて!!

あぁ、行っちゃった・・・。




ん?もしや、飼い主さんも怖がってる?



近所の皆さんの話によると、
その赤柴さんはほとんどお散歩連れていってもらえておらず、
その代わり、夜遅くに係留を放しているようなのですが・・・。


「よく夜にひとりで歩いているのを見かけますし、聞くのですが、
 夜になると放しているんですか?」奥さんに聞きました。

「まさか!自分で鎖(ナスカン部分のこと)を外してしまうんです。」

「そんなに簡単に外れます?」

「だから先日鎖を変えたんです!」

「それでも今日、外れてますよね・・・。」

「・・・。」


責めるつもりはないんですが、
結局責めてしまう雰囲気になってしまいました。

襲われたら、確かに人や犬も危ないですが、
威嚇するだけで、こちらが何もしなければ、
その仔はきっと咬んだりしないでしょう。

でもね、赤柴さんが事故に合う危険があるんですよ!



遠くからご主人が赤柴さんの首輪をつかみ、
自分の肩を痛そうに押さえながら歩いて戻ってきました。
どうやら肩を咬まれたようです。


おばちゃんも、自分が以前咬まれた事を訴え、
二度と放さない、放れないように、とお願いし、家に戻りました。



ペコ母、「犬が好き」です。
ママさんのところで学んでいるうちに、
いつか犬に関わる事をしたいと思うようになりました。

保護のお手伝いとか、預かりさんとか。もちろん、過去形ではなく今もです。

でも、「怖い」という気持ちを知った今、
もう一度しっかり自分を見つめなおし、考えなければいけないと思いました。

ひとことで「犬」と言ったって、いろんな境遇の仔がいることでしょう。
ましてや保護犬さんなどは、つらい記憶があるはずです。
それ、知っているつもりでいましたが、それはつもりだけだったんだ。


飼い主さんと一緒にお散歩できている仔は、
いくら叱られていたって、きっと幸せを感じているんだろうな。
それが犬のけなげなところなのでしょう。

あの赤柴さんは、どうなんだろうな。
あの冷たい目は、どこからきているのかな?





ソファのカバーが破れ、ペコが中から綿を出していたので、
ちょうどそこにいた長男に頼みました。
「お兄ちゃん!ホールドラッピングしてて!すぐに縫うから!」

「おぉ!やってみる!!」


長男、はじめてのホールドラッピングです。

11111601.jpg


嬉しそう♪

11111602.jpg


ママさんのところで学んだ、抱っこやホールドラッピング。
頑張って取り組んできて、本当によかったと思います。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/11/17(Thu) 01:59 |  |  | 【編集
鍵コメさんへ
コメントありがとうございます(^o^)丿

メール送りました~(*^^)v
2011/11/17(Thu) 20:38 | URL | ペコの母さん | 【編集
ペコ母さん&次男くん、ペコくんに怪我がなくて良かったです。
柴だからという訳ではないとは思いますが、なんだか柴でこういうのが多い気がして辛い。
咬むのは飼い主が悪い、犬は悪くない。自分もそうでした・・・。
(転位咬みとか飼い主のみが悪いケースばかりでは無いかも知れませんが、私は咬むまで追い詰めていたと思います。orz)
赤柴さんの冷たい目・・・。
いつかまた人間を信用してもらえるようになって欲しいと祈るばかりです。
2011/11/17(Thu) 21:30 | URL | はやぶー | 【編集
はやぶーさんへ
おはようございます!
遅くなりました!ごめんなさいです^^;

ご心配おかけしました。
その後、赤柴さんに遭遇していないので、
放されてはいないようですが、ちょっと夜んぽはドキドキします。

柴犬は、とってもデリケートで、
警戒心が強いし、幼犬の頃は激しいですからね~・・・。
転位咬みなんて、ペコを飼うまで知らなかったし^^;

だから巷でいう厳しいしつけに走っちゃうんでしょうね。
飼い主さんの気持ち、わかりすぎるほどわかります。

私もママさんに会えていなかったら、
きっと追い詰められていたと思います。

あの時は、放さないで!って飼い主さんに言うのが精いっぱいでしたが、
今になって、なんで飼い主さんの気持ちにもっと寄り添えなかったのかと悔みます。

ご夫婦ともに遅くまで仕事されているようで、
ばったり出会う機会が全くないんですよね。
またお話できるきっかけがあると良いのですが・・・。
2011/11/19(Sat) 08:46 | URL | ペコの母さん | 【編集
心が痛みます・・・
おはようございます。

昨夜実家から戻り、記事を読みましたよ・・・
ぺこちゃんや母様にも、お怪我がなくて良かったです。

なんとも嫌なできごとですね、むなしくてやりきれません・・・。
昔なら攻撃行動をとった犬が罰せられましたよね。
今現在では、こういうケースは誰が戒めを受けなければならないのでしょうね・・・

私はこの赤柴には罪がないように思えて仕方がありません。
飼主をひとつ間違えると、このようなワンコになってしまうという方が恐いですね。

きっとこの子もいい子なんだと思います、しかしそれを人間が変えてしまった最悪な結果ですよ。
ワンコの更生施設があるなら、そこで生まれ変わってほしいと思いますね。

でも 本当に誰にも怪我がなくて良かった・・・
あ~、赤柴の飼い主さん? 肩を咬まれた?  被害者1名ですね 
2011/11/19(Sat) 09:14 | URL | イリマ&モアナママ | 【編集
こんばんは
少し前に、似通った記事を見たので驚いています。しかもチャーリー組のかたのブログです。http://labanniemixvic.blog109.fc2.com/blog-entry-69.html

こわい、と思うことはたまにありますね;;
以前、初代エルが実家の母に唸ったことがあったんです。どうしてかは忘れましたが、エルの生涯でたった一度の出来事だったんです。もちろん私には一切そういうことはなかったですが、このときは土佐犬ですから、暴れたらヤバイ!という恐怖感が一瞬のうちに沸き起こりました。こういう怖いと思う経験は絶対に必要だと思います。あのムツゴロウさんでさえライオンに指食いちぎられてますからね>< 赤柴ちゃんはすごく気の毒ですが、ペコ母さんにとっては、今回の経験は大変貴重なことだったと思います。犬って人にとって最高のパートナーですが、同時に難しいこともたくさんありますね;; でもやめられませんよね^^

ちょっとずれますが、
長男くんの笑顔、顔半分しか見えませんが、とっても良い表情じゃぁないですか!w
これだけでも、優しく素直な子だということが判りますよ^^
ご両親の教育の賜物ですね^^ すばらしいです!
2011/11/19(Sat) 23:05 | URL | まめいぶ | 【編集
イリマ&モアナママさんへ
ご心配下さってありがとうございます!

本当に、むなしいです。
私、飼い主さんを責めるよりも、もっと何かできたのでは?
・・・と今になってどんどん後悔の気持ちが押し寄せてきています。

その反面、夜んぽに出て、暗闇をペコが凝視していたりすると、
あの時の怖さがよみがえってきて、ドキドキしちゃうんです。

次男と二人で「また出てきたら、今度はどうしようか・・・。」と話しています。

短時間の排泄散歩なので、おやつを持たずに行くのですが、
少し持って行った方がいいのかな・・・?とか、
興奮してるよその仔に、ヘタにおやつをあげると、
よくないのかな・・・とか。悩みます。

> 私はこの赤柴には罪がないように思えて仕方がありません。
> 飼主をひとつ間違えると、このようなワンコになってしまうという方が恐いですね。

この仔には、まったく罪ないです(涙)
お散歩に連れて行ってもらえてないことが、
かなり関係してるのではないかなぁ・・・。

私、この事があって、ママさんの本を読み返したのですが、
ママさんカウンセリングのはじめに、
「お散歩は足りてますか?」って聞くそうなんです。
それくらいお散歩って重要なんですね。

> でも 本当に誰にも怪我がなくて良かった・・・
> あ~、赤柴の飼い主さん? 肩を咬まれた?  被害者1名ですね 

お向かいのおばちゃんも以前咬まれているんですよ。
でもね、おばちゃん「あっち行け!しっ!しっ!」ってやったみたいなんです^^;
だから赤柴さん、攻撃しちゃったんだと思います。

きっとその時だけじゃなく、夜中にウロついてる間に、
いろんな人から、「しっ!しっ!」ってやられてたのかも・・・。とか想像してしまいました。


2011/11/20(Sun) 13:28 | URL | ペコの母さん | 【編集
まめいぶさんへ
こんにちは!コメントありがとうございます!

アニヴィクちゃんのブログですよね!!
私、その柴犬さんの記事に以前コメント入れさせて頂いたんです。
とても難しい問題ですよね。

追い詰められてしまうと、普通だったら「おかしい」と思える事が、
判断できなくなってしまうんでしょうね。

> こわい、と思うことはたまにありますね;;

まめいぶさんも!?
そうですよね。エルちゃん、土佐犬ですもんね。
たとえそれが攻撃でなくても、やっぱり暴れたら人の力で止められないくらい激しいものでしょうか。

私、ペコのスイッチで、よく唸られ、飛びついて咬まれていましたが、
不思議な事に、怖いという気もちはなくて、
「嫌だなぁ~!」「またきたっ!」「痛って~~!」「こんちくしょう!」みたいな気持ちだった気がします^^

咬まれつつも、やっぱりウチの仔という気持ちがどこかにあったんでしょうね。
だから、今回「怖い」を知って、よかったと思います。
まめいぶさんがおっしゃるように、貴重な経験でした。
で、そのおかげでもっと勉強したい!!って思いました。

>犬って人にとって最高のパートナーですが、同時に難しいこともたくさんありますね;; でもやめられませんよね^^

ほんとうに!!やめられませ~~んww

> ちょっとずれますが、
> 長男くんの笑顔、顔半分しか見えませんが、とっても良い表情じゃぁないですか!w
> これだけでも、優しく素直な子だということが判りますよ^^

うひゃ!お恥ずかしい!お褒めの言葉、ありがとうございます^^
犬を飼う。命を育むことは、子供たちにとっても貴重な経験になっているようです。


2011/11/20(Sun) 13:50 | URL | ペコの母さん | 【編集
ペコの母さん、

こんばんは~(*^▽^*)  
度々ペコ母さんのブログにお邪魔させていただいていましたが初めてコメントさせていただきます。
お宅の周辺にも赤柴で一杯ストレスをかかえて問題行動を起こしているかわいそうなワンコがいるのですね。 ワンコの置かれている事情も理解できるし可哀想だと思っていてもそのワンコがいざ、
目の前で唸り声をあげて歯を見せていて、いつ飛び掛ってきても可笑しくない時は本当に恐怖ですね。 
ペコ母さんと息子さんそしてペコちゃんが無事でなによりでした。
犬を一度も怖いと感じたことがないという人はいるのでしょうか?  
私も大の犬好きですが子供の頃、保護した捨て犬(フォックステリア風)にそれはそれは幾度も酷く咬まれた経験があります。その犬は相当辛い生い立ちがあったのでしょう。いつも懐疑的な目つきで家族を見つめ、決して心を許すことはありませんでした。 ある時その犬の首輪が外れて庭中逃げ回ったのでなんとか捕まえようとした私に飛び掛り凄い勢いで襲い掛かってきました。私は思わず悲鳴を上げて庭の灯のポールをよじ登ったのを思い出します。
その時初めて心底“怖い”と感じたものでした。実は今でもフォックステリアを見ると思い出してしまうのですよね・・・。トラウマになっているのかもしれません。

でも、これもまめいぶさんの仰る通り、私にとっても貴重な経験となりました。
人間にとって最良の友になる犬は飼い方次第で手に負えなくなる事もあるんですからね。
犬の飼育って奥が深いですね。だから益々ハマッテ行くんですかね?


赤柴も私の近所の柴ちゃんもどちらも飼い主さんが犬に対する考え方を変えない限り残念ながら改善されることはないと思います。
犬を取り上げたほのぼのとしたテレビ番組ばかりじゃなく、もっとちゃんと犬の事を(行動学的なことやボディーランゲージについてなど)教える番組を制作して人々に広く伝わると良いのに!と常々思っています。

長々とコメントしてしまい済みませんでしたm(_ _;)m
2011/11/21(Mon) 00:39 | URL | アニー&ヴィクターママ | 【編集
アニー&ヴィクターママさんへ
こんばんは♪
コメントありがとうございます!!
すっかりお返事が遅くなってしまい、ごめんなさい。

先日、アニーちゃんの診察結果に異常がなかったと記事を読み、
とてもほっとしていました☆
私もペコの様子がいつもと違ったりすると、とても心配になります。
だから、ご飯をちゃんと食べてくれたり、排泄がしっかりできたりする、
それだけで毎日感謝しています。

> お宅の周辺にも赤柴で一杯ストレスをかかえて問題行動を起こしているかわいそうなワンコがいるのですね。

そうなんですよ!
ちょうどタイムリーな遭遇だったんです。
その仔は叱られて育ったのかどうかはわからないのですが、
お散歩に連れていってもらえてないのは確かなようです。

 ワンコの置かれている事情も理解できるし可哀想だと思っていてもそのワンコがいざ、
> 目の前で唸り声をあげて歯を見せていて、いつ飛び掛ってきても可笑しくない時は本当に恐怖ですね。

そうなんですよ^^;
怖かったです。足がすくんでしまいました。

アニー&ヴィクターママさんのお宅では、
子供の頃から「保護」という事をされていらしたのですね!!
私が子供の頃は、そういう世界がある事すら知りませんでした。

しかもそんな攻撃的で、懐疑的な様子の仔を、
保護して育てておられたなんて、親御さんも理解のある方だったんですね。

> その時初めて心底“怖い”と感じたものでした。実は今でもフォックステリアを見ると思い出してしまうのですよね・・・。トラウマになっているのかもしれません。

あぁ、そうなんですね。
子供の頃に感じた気持ちって、深いところに記憶されているんでしょうか。

> でも、これもまめいぶさんの仰る通り、私にとっても貴重な経験となりました。
> 人間にとって最良の友になる犬は飼い方次第で手に負えなくなる事もあるんですからね。
> 犬の飼育って奥が深いですね。だから益々ハマッテ行くんですかね?

本当にそう思います。
ペコが咬み咬みだったおかげで、チャーリーママさんと出会い、
チャーリー組の方々と出会う事ができ、
アニー&ヴィクターママさんからこうしてコメントを頂くことができる・・・。
なんて素晴らしいことだろう!と思います。

その後、アニー&ヴィクターママさんのご近所の仔は、
訓練に出されちゃったんですよね・・・。
どんな様子で戻ってくるのかなぁ・・・。気になりますね。
っていうか、訓練って何されるかわからないですよね。
それしか選択肢がなかったんですかね。残念ですね。

今日もお散歩に出かける時、赤柴さんの家の前を通りかかったんですが、
大人しく犬小屋の中で丸くなっていて、せつなくなりました。

> 犬を取り上げたほのぼのとしたテレビ番組ばかりじゃなく、もっとちゃんと犬の事を(行動学的なことやボディーランゲージについてなど)教える番組を制作して人々に広く伝わると良いのに!と常々思っています。

私もそう思います!!
ペットブームをしかけている番組制作側にも問題ありだと思います!
短期間で問題がなくなった!とか。
なんとかならないものでしょうかね・・・。
2011/11/22(Tue) 19:11 | URL | ペコの母さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析