上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、カイカイの再診で病院へ行ってきました。

さて・・・何から書こう。
それくらい先生と話しこみました。かれこれ1時間は話したと思います。
患者さん少なくて、大丈夫なのでしょうか?
平日で遅い時間だからなのか、それとも流行ってないからか・・・(笑)

病院で受付を済ませると、すぐに呼ばれました。

先日の血液検査の結果です。
12061403.jpg


これは血清中のIge値を調べたにすぎません。
食物アレルギーの場合は、Igeで陰性でも、
リンパ球で検査をすると陽性と出るものもあります。

リンパ球で出てくるアレルゲンは、
体内に入れてから、数日後に反応が出ます。

なので、あくまでも「目安」として考えます。


小麦と大豆が要注意と出ました。

ペコのフードは、穀物、大豆不使用なので、
考えられるのは、おやつです。

Ige値の低い肉系のおやつでも、つなぎに小麦が使われていたり、
原材料に大豆が含まれていたりします。

またフリーズドライ納豆をフードのトッピングにしたりもしていました。

先ほども書いたように、Ige値についての結果なので、
これが原因とは言えませんが・・・。


先生は、今回の結果を踏まえ、
先週処方されていた抗生物質と抗ヒスタミンで、
痒みの改善がみられないことから、
やはり食物によるものではないか?という考えのようでした。


「今日たまたまセールスがきて、こんなものを置いていったから。」


先生が、大きなポスターを広げました。

ペコが以前食べていた、療法食メーカーのポスターです。



おぉ!きたきた!

想定内です。


軽くスルーしつつ、
思いきってアカラスについて聞きました。


先生は、1~2歳の若犬は、アカラスの可能性も高い。
ただ、前回の病院でアカラス薬を処方されていて、
それで治まったのならば、半年たって再発することは考えにくい。
なので、食事とアカラスと両方を並行して・・・


やっぱり並行です。
ここで主張せねば。

いっしょにやってしまうと、何が原因かわからないので、
アカラスから先に対策してほしい。
検査もしてほしい。


先生苦笑いしつつ、検査をしてくれました。
ペコの赤くなっているほっぺをゴリゴリ削りました。
でも、顕微鏡検査でアカラスは発見されませんでした。
先生曰く、毛穴の奥に寄生しているため、
なかなか見つける事は難しい。と。



・・・で、食事の話になっていきました。


ペコの普段食べているフードの袋や、
おやつを持っていっていたので、
先生は、それを見ながらカルテに書きいれていました。
先生、ニヤニヤしながら袋を丹念に見て、

「こういうのって、そこら辺では売ってないでしょ」

「アレルギー体質だと思うので、それなりに考えてあげているつもりです。」

「ふ~ん・・・」


先生、私のこだわりを少し理解してくれつつあるようです。


療法食についても、聞きました。

「このメーカーしか扱っていないのですか?」

「なんで?」

「○○が入っているから、食べさせたくないんです。」

「へ~!!もちろん、他のもあるけど。ちょっと!パンフレット持ってきて!」

スタッフのお姉さんにすかさず声をかける先生。

病院で取り扱われている療法食のパンフレットの、
原材料のページを調べ始める先生(笑)


やっぱり獣医さんって、そこまで意識してないんだなぁ・・・。


先生に言いました。

「もし、フードを療法食にするとして、
 それでもし、治まったとして、
 その後は徐々に普通の食事に戻していきたいという希望があります。
 それについてのお考えは、どうでしょう?」

先生、またしても苦笑い。

「もちろんずっと続けるつもりはなくて、
 治まってきたら、あれちょっと足してみよ。
 で、様子を見る。大丈夫だったら、別のものを足してみる・・・。
 ここに通っていた仔でも、結局鶏肉だけがアカンかったってわかって、
 今は、鶏肉だけ食べんようにすれば、大丈夫になったんや。」

先生、方言まじりになって、饒舌になってきました^^;


「で?どうする?やっぱりアカラスを先にやってみるんか?
 時間かかると思うけど。これはお母さんが決めればいい。」

「そうして下さい。お願いします。」

「そうやなぁ・・・。
 そしたら、2週間分アカラスの薬を出すから、それで様子を見て、
 痒みが酷くなったり、様子が変わらなかったら、
 2週間待たなくても、すぐに連絡すること。
 その時は、療法食に切り替えることを約束することでどう?」


ちょっと考えてしまいましたが・・・


「わかりました。それでお願いします。」


ここまでの先生とのやりとり。
私の考えを、頭ごなしに否定しないところに好感が持てたのと、
一方的に方針を押しつけないところ。
信用してもいいかな?と思えたからです。

アカラスの薬を処方しながら、
ますます饒舌になる先生。

私が診察中にずっとメモを取っていたので、
ペコに処方するアカラスの薬品名も教えてくれました。

また、アカラス薬はフィラリア薬と同じものだから、
飲んでいる間、フィラリアは飲まなくてもよいこと。
購入済みの薬が、もしかすると来年使えるかもしれないから、
次回持ってくるように。と。


「以前もアカラス薬を飲みましたが、そんなこと言われませんでした!」

「めんどうだからなじゃい?
 まぁ、アカラスはフィラリアの何倍もの量になるから、
 フィラリア飲んでも飲まんでも、たいした違いもないしな。」


最後に先生はもう一度念を押しました。


「薬を飲んでも痒みが増すようなら、
 すぐに連絡すること。必ず!」



あれだけ療法食を拒否していた私ですが、
この先生なら、もう一度試してもいいかも。


獣医さんとの相性って、本当に難しいと思います。
私が自分の思いに意地を張ることによって、
これからの道のりが遠くなることは、
ペコの身体への負担も大きくなります。


昨日からアカラス薬を飲んでいますが、
今のところ痒みは治まっていません。


よく眠ってます(笑)落ちそうですよ。ペコさん。
12061402.jpg


もう少し様子を見て、
私が決めなければいけないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
そうですよね~
決断、迫られますよね。

珀も結局は梅雨時期に発症して、療法食と薬を同時スタートし、痒みが治まったところで薬をやめ、フードは継続。でも、そうすると、結局、季節性のものだったのか、食物だったのかがわからず…。…で、来年の同じ時期(今)になって、痒みがでなかったら、やっぱり食物かな…と。


先生の指示に最初はついていけず、またそれに対してもイライラしたりして、本当にこれでいいのか…とか。

でも、夫から「先生の言うとおりにまずはやってみて、また、頭を整理して相談していけばいいんじゃない?」と言われ、すぐにはスッキリ解決しないことを悟りました。私はせっかちなもので(笑)。結果を急いじゃう(笑)。

早く楽にさせてあげたいですしね。あの頃はかきむしったり、ガジガジ咬んでるのを見る度に心が痛みました。

決断はしなくてはいけないけど、相談できる先生がいるのであれば、揺れてもいいし…、私、正直に「私的にはこう思ってるんですが、正直どうしたらいいのかはわからないんです でも、早く楽にしてあげたいし」とか、言ってたような(笑)。とりあえず、悩んだり苦しんでることをわかってもらう…(笑)。


ごめんなさい、支離滅裂な文になりました。

決断は大変だけど、先生と分かち合いながらいけたらいいですね…。お祈りしてます!


そういえば、いまだに、珀は原因がはっきりしてない…(笑)梅雨時期を過ぎたら一区切りかな…って、一年かかってるし(笑)
2012/06/15(Fri) 23:40 | URL | 珀ママ | 【編集
こんばんわ♪
カイカイはね~本当に可愛そうやね。ダクの場合は・シャンプーのしすぎと水温が高すぎた事で皮膚の再生サイクルが狂ってしまってたそうな・低い温度(ぬるま湯)でシャンプーの頻度を少なくして、アレルゲンの物は極力与えないようにしたかな・・フードはスキンサポートに替えて2か月様子見したら見る見る治った!でも体格?ってゆ~か筋肉の質がね~イマイチだったから、止めてJナチュラルにして・今に至ります。

それと・湿度ってかなり影響されるね。ダクも梅雨時限定でカイカイ出てくる・症状があまりにも酷ければステロイドで改善させて・徐々にステロイドを減らして行って1か月をめどにステロイドを切って行く・・感じです。

ダクの場合はアレルゲンの数値が±だったのね、長期にわたって大量に食べない限り影響はないような数値なので・たまにわざと食べさせて様子見したりして。。今は小麦粉入ったオヤツも牛乳もたまに食べてるよ。

それと・・先生に言われたんですが・舐めたり掻いたりすると何か働きかけるでしょ?さすってみたり~声かけたり・・・・そう!舐める(掻く)と構ってもらえる・・・ダクの場合はそれも大きいんじゃないかって・・ほら~ナイーブ君だからぁ~(汗)
一時的なら薬を使うのもアリだと私は思います、ともかく痒みを取ってあげる事も大事かな?っと・・
ただ・それが効かないんですよね?なんでだろうね~カイカイさえ治まってくれたら、色々考える時間も余裕も出てくるもんね。ペコ君のお口回り・痒そうだし痛そうですね・・早く良くなるといいね。
なんだか長くなってしまってしかも・・全く役に立たないコメだけど~応援って事で・・がんばれ~!
2012/06/16(Sat) 00:39 | URL | ダクママ | 【編集
アカラスの検査、毛を抜きませんでしたか?
毛を抜いて毛根を見ないと、毛穴にいるニキビダニは見つかりません。
先生のおっしゃる通り毛穴の奥に寄生しているのですが、毛を抜き毛根にいないのであればアカラスではない・・・ということになる・・・と思うんですけどねぇ~
そして、アカラスの薬はフィラリアの薬と同成分なので、注射をしている期間はフィラリアの薬飲ませなくて良い・・・これは風も言われました・・・

我が家は人間の息子がアトピーで悩みましたので、カユカユをそばで見ているのは本当に辛いですよね
早く治療法見つかって欲しいですね。

2012/06/16(Sat) 01:21 | URL | よっち | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/06/16(Sat) 19:02 |  |  | 【編集
珀ママさんへ
こんばんは♪
今日はお出かけだったんですね~^^
幻想的なお写真、拝見させて頂きました!!

>決断、迫られますよね。

もう迷ってる場合じゃないようです。
どんどん酷くなっちゃってきてます(T_T)

> 珀も結局は梅雨時期に発症して、療法食と薬を同時スタートし、痒みが治まったところで薬をやめ、フードは継続。でも、そうすると、結局、季節性のものだったのか、食物だったのかがわからず…。…で、来年の同じ時期(今)になって、痒みがでなかったら、やっぱり食物かな…と。

食物だとしたら、通年とよく言われるけれど、
季節の変わり目だと、体調も崩しやすかったり、
免疫力や、消化機能が衰えたりして、
弱いところに出るっていうこともあるのかも・・・って気がしてきています。

> 先生の指示に最初はついていけず、またそれに対してもイライラしたりして、本当にこれでいいのか…とか。

そうですね。
どれがベストって、わからなくなりますよね。
薬もあまり使いたくないですしね。

> でも、夫から「先生の言うとおりにまずはやってみて、また、頭を整理して相談していけばいいんじゃない?」と言われ、すぐにはスッキリ解決しないことを悟りました。私はせっかちなもので(笑)。結果を急いじゃう(笑)。

冷静なパパさん☆
でもやっぱり普段いっしょにいる時間が長いから、
気になるのはお母さんですよね。
健康や食生活って、どうしたってお母さんが担当になりますもんね。

> 早く楽にさせてあげたいですしね。あの頃はかきむしったり、ガジガジ咬んでるのを見る度に心が痛みました。

もうあれこれ言ってないで、痒みを抑えてあげたくなってきました。
痛々しいです(T_T)

> 決断はしなくてはいけないけど、相談できる先生がいるのであれば、揺れてもいいし…、私、正直に「私的にはこう思ってるんですが、正直どうしたらいいのかはわからないんです でも、早く楽にしてあげたいし」とか、言ってたような(笑)。とりあえず、悩んだり苦しんでることをわかってもらう…(笑)。

うんうん。
先生は話をよく聞いてくれるので、
近々もう一度受診してみようと思います。
ステロイドはまだ若いからという理由で、
使わないつもりのようですが、
そこらへんもよく相談してみます。
今、痒みが相当酷いようですし・・・。

> ごめんなさい、支離滅裂な文になりました。

全然ですよ!ビシビシ伝わってますです!
ありがとうございます!!

> そういえば、いまだに、珀は原因がはっきりしてない…(笑)梅雨時期を過ぎたら一区切りかな…って、一年かかってるし(笑)

珀くんは、今状態が良いし、まずは脚☆ですもんね。
健康って何よりも大切だなぁ・・としみじみ感じています。
2012/06/16(Sat) 21:25 | URL | ペコの母さん | 【編集
ダクママさんへ
こんばんは~(^o^)丿
夕べは布団の中で、ダクママさんのブログを拝見しながら、
そのまま寝ていました(笑)

ダクちゃんも療法食の経験者なんですね。
先生におやつを内緒であげてたことを悩むダクママさん。
うなずきながら読みふけりました。

> それと・湿度ってかなり影響されるね。ダクも梅雨時限定でカイカイ出てくる・症状があまりにも酷ければステロイドで改善させて・徐々にステロイドを減らして行って1か月をめどにステロイドを切って行く・・感じです。

そうですね。湿度かぁ・・・。もうね、少しでも楽にと思って、
先ほどエアコンをつけましたですよ(T_T)
ステロイド。
今の先生は、ペコがまだ若いから使わないでおこう。って言ってるんです。
けど、次回行って状態を見て判断してもらったほうが良さそうな気がしています。

> ダクの場合はアレルゲンの数値が±だったのね、長期にわたって大量に食べない限り影響はないような数値なので・たまにわざと食べさせて様子見したりして。。今は小麦粉入ったオヤツも牛乳もたまに食べてるよ。

うんうん。
まずは今の状態を改善させてから、
ゆっくり時間をかけた方が良さそうですね。
私が迷ってる場合じゃないような^^;

> それと・・先生に言われたんですが・舐めたり掻いたりすると何か働きかけるでしょ?さすってみたり~声かけたり・・・・そう!舐める(掻く)と構ってもらえる・・・ダクの場合はそれも大きいんじゃないかって・・ほら~ナイーブ君だからぁ~(汗)

ダクちゃんナイーブ君ですよね~^^
かまってもらえるから・・・って賢すぎるけど(笑)
ペコは通常かまってほしくない仔なので、
そういうのは、あんまりないかもなぁ^^;

> 一時的なら薬を使うのもアリだと私は思います、ともかく痒みを取ってあげる事も大事かな?っと・・
> ただ・それが効かないんですよね?なんでだろうね~カイカイさえ治まってくれたら、色々考える時間も余裕も出てくるもんね。ペコ君のお口回り・痒そうだし痛そうですね・・早く良くなるといいね。
> なんだか長くなってしまってしかも・・全く役に立たないコメだけど~応援って事で・・がんばれ~!

すごく役に立ってるし、励まされますですよ!
えっと、今かゆみどめのステロイドは使ってないんです。
アカラスを先に!!って私が頼んだもんだから、
ステロイドは同時に使えないんですよ。

明日が病院休みだから、
あまりに酷いようなら、週明けに再診をお願いしてみます(T_T)
なんだか昨日から、泣きごとばっかでごめんなさい<(_ _)>



2012/06/16(Sat) 21:46 | URL | ペコの母さん | 【編集
よっち様
こんばんは♪コメントありがとうございます^^

> アカラスの検査、毛を抜きませんでしたか?
> 毛を抜いて毛根を見ないと、毛穴にいるニキビダニは見つかりません。

前回の病院では、毛も抜いたし、ゴリゴリ削るのも療法やりました。
で、見つからなかったのですが、可能性ありで、薬を出されていました。
今回の先生は、抜くよりも、ゴリゴリの方が発見できる・・・と。
病院によってやはり違うものなんでしょうね。

> そして、アカラスの薬はフィラリアの薬と同成分なので、注射をしている期間はフィラリアの薬飲ませなくて良い・・・これは風も言われました・・・

そうですか。これ、ネットで調べると常識っぽいですね。
前の病院では、ひとことも言われなかったなぁ・・・。

> 我が家は人間の息子がアトピーで悩みましたので、カユカユをそばで見ているのは本当に辛いですよね
> 早く治療法見つかって欲しいですね。

そうですか。
息子さんが・・・。
よっちさんも、きっとアトピーについても色々勉強なさったんでしょうね。
掻きむしって血がにじんでいる様子は、可哀そうでなりません。
ワンコだから、「痒い!」って訴えられないですし。
痒みを止めてあげることが、まず第一なのかもしれないですね。

2012/06/16(Sat) 21:54 | URL | ペコの母さん | 【編集
鍵コメさんへ
こんばんは。コメントありがとうございます。
ご心配おかけしております。
ブログの方にお返事させて頂きました♪
2012/06/16(Sat) 21:56 | URL | ペコの母さん | 【編集
すっごく勉強になりました!
カイカイのことももちろんですが、「専門家」との関わり方、関係の作り方というのかな。
獣医さんと対等に話して、対等に質問したいけど、こっちはそんな勉強してないし、出来ていたら自分が獣医になっちゃうよ〜とか思っていました。
でも、ペコ母さんが新しい獣医さんを「本気」にさせていく様子を読ませていただいて「これだ!」って思いました。
飼主は飼主なりの勉強をして、獣医が「!」となるような「質問」が出来るようにすることだよね。
質問の答は獣医さんに探してもらうとして、質問出来ることが大事だ。
獣医さんに「既存の知識ではこの飼主とは付き合えないぞ!」って思わせたらコッチのもの^^

そうだよな〜某チャーリーママさんv-290ご自身もそうおっしゃってますね。飼主さんが頑張るから自分も日々勉強しているって……こういうことなのかあ。

そういえば私の仕事も「分かってる」お客さんだと誤摩化せないな^^;なんて思いました。
2012/06/17(Sun) 11:50 | URL | 虫一郎 | 【編集
虫一郎さんへ
こんばんは♪
いつも色々ありがとうございますです!!
虫さんからは本当にいろいろ情報を頂いてますし^^

> すっごく勉強になりました!

もう、虫さんってばぁ!
お恥ずかしいです。ダメダメ飼い主です^^;

でも、飼い主なりに考えたことや、
疑問をストレートにぶつけてみると、
そこで獣医さんの本性も見えてくるのかもしれないですね。

前の病院では、ネットで療法食を買った事を伝えたら、
めっちゃキレられましたもん^^;
そこでキレずに、納得いく説明をしてくれたら大物ですよねぇ・・・。

> でも、ペコ母さんが新しい獣医さんを「本気」にさせていく様子を読ませていただいて「これだ!」って思いました。
> 飼主は飼主なりの勉強をして、獣医が「!」となるような「質問」が出来るようにすることだよね。
> 質問の答は獣医さんに探してもらうとして、質問出来ることが大事だ。
> 獣医さんに「既存の知識ではこの飼主とは付き合えないぞ!」って思わせたらコッチのもの^^

新しい先生は、ちょっと変わり者っぽいです^^;
色々話すと饒舌になるし。
でもね、ちょっとだけ気になるトコもあって・・・。
また後日書こうかどうしようか迷っているところです。

> そうだよな〜某チャーリーママさんv-290ご自身もそうおっしゃってますね。飼主さんが頑張るから自分も日々勉強しているって……こういうことなのかあ。

チャーリーママさんは自分に厳しい方ですよね。
そして、頑張る人をしっかり見ていてくれて、応援してくれる!
獣医さん、私がちょっと厄介そうだからか、
すっかり覚えてくれていて、話もはずむようになりました(笑)

> そういえば私の仕事も「分かってる」お客さんだと誤摩化せないな^^;なんて思いました。

虫さんのお仕事!?私、ちゃんと知らないんです。
執筆業?ですよね!え?違う??

前の病院では、
いちいち薬の説明したってわからないと思われていたのかなぁ。
思えば私もあんまり追及してなかったし^^;

これからは、厄介な飼い主上等!で行きます(笑)

2012/06/18(Mon) 22:14 | URL | ペコの母さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。