上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日のこと、ペコに向かって「こんにちは♪」と言ったら、
「ワン!」と吠えました^^


「こんばんは♪」でも「おはよう♪」でも吠えます(笑)

おそらくは、誰か来た?と思っての警戒吠えです。
一発芸にできるかな?(笑)



さてさて・・・。

かなりの長文な予感・・・。

↓の記事に書いた、遊び終わっての噛みについて。
ツイッターではチャーリー組の皆さんにたくさんのアドバイスを頂きました。

いつものように虫一郎さんがまとめてくださったのがこちら。

ワンコと電車に乗る!を頑張る!


また、オンラインでもママ先生からアドバイスを頂きました。

で、自分なりに今後の方針について考えてみました。



一番大切なこと。

人を噛むことはNGである。

そのためには、興奮を早めに抑える。
遊びと遊びの間に、「休憩」を挟み、次の遊びを期待して待てるようにする。
で、もしガウガウ興奮が激しくなったら、あっさり放っておく^^;


以上3つ!!


そんだけ?(笑)

これでいいんです。

一気にたくさんのことを取り組もうとしても、
なかなか難しく、できないことに目が行ってしまいます。
なので、まずはこれだけ!


今回、皆さんと色々なやりとりをしていて、
思ったことがあります。

ペコはパピーの頃から噛みが激しく、
興奮のスイッチが入りやすい仔でした。

とにかく「噛み」を止めさせたい。
そのために「犬に優しい方法」
「体罰や、叱りではない方法」で取り組んできました。

具体的に言うと、
興奮し、スイッチが入った時は、
まず動きを止めるために、抱っこやホールドラッピング、
また、脳の興奮を断ち切るために、
インターセプトして、視界を遮るなどなど・・・。

そのおかげで、お散歩や家の中でも興奮によるスイッチ噛みがなくなりました。

それまで苦痛だったお散歩も、普通に歩けるようになり、
家の中でフリーにしていても、平和に過ごせるようになったのです。
すっかり落ち着いて、静かになったペコ。

大人しく、もの静かな犬との暮らしを望んでいる人にとっては、
これがゴールだったのかもしれません。

ところが、その頃から尻尾が上がらなくなったんです。
噛みの抑制をしてきたために、
自己主張や、自信を失くしてしまったのかもしれません。

ペコが自信を取り戻せるよう、尻尾もアゲアゲになるように・・・。
これは↓の記事にも書いた、取り組みが始まりました。

一緒に遊んで、犬としての欲求を満たす。
これもその取り組みのひとつです。

・・・で、興奮度が増すと、噛みが復活しはじめた。

正直、悩みました。

上がった尻尾を取るか、少しくらいの噛みなら、妥協するか・・・^^;
興奮して噛みが出るくらいなら、いっそ遊びを止めるか・・・。


でも、それは違いますね。
やっぱり全部必要なのです。

尻尾が下がるのを恐れるあまり、ペコ遠慮していたのかもしれません。
でも「人を噛むのはNG」
これは、強い気持ちで伝え続けなければいけません。



興奮での噛みについて、ムツゴロウさんの本を読みなおしていて、
こんな文章が目に止まりました。


ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)
(2003/03)
畑 正憲

商品詳細を見る


以下、引用

日常的なやりとりに於て、慣れが入り込んだり、
技術的な淡白さで付き合ったとしても、それは当然だと思うし、
挨拶などのあっさりしたルーティン・ワークは、
動物を安心させる。
分かりやすさや、普通に行われるしつこくない安定性は、
動物にとって大切なものである。

しかし、コミュニケーションの度合いが強くなると、
動物(人の子供と置き換えていただいて構わないが)は、
心を全開にして向き合い、命を賭ける傾向がある。
このような時には、分かりやすさなどは障害になるし、
全力で、魂ごと相手にぶつかった方が、絶対にうまくいく。
命と命が激しく触れ合うべきだし、生きているという事実を共有すべきだ。

二度と再現出来ないもの。
一期一会。
彼と自分だけが創り出し得た、熱い一瞬。
そのような感じがこめられれば、プラスにこそなれ、
大きな間違いをしないで済むだろう。

動物の心は純であり、ナイーブで、軽蔑されることを何よりも嫌い、
涙に濡れた瞳で外界を見つめている。
だから人は、自分をより純粋に、そして単純にすれば、
相手の心に届き得ると理解すべきであろう。




ペコとの関係。
もちろん日常的には、まったく問題なく過ごせているんです。
けれど、これからはその先。

コミュニケーションの度合いが強くなりつつあるからこそ、
尻尾も上がり、噛みも復活した。

そんなペコに対して、「尻尾が下がったら・・・」などと、
遠慮がちな態度は、軽蔑にあたるのかもしれない。

強く、優しく、毅然とした態度。
真正面から向き合い、生きていることを共有せねば。



・・・で、もし、尻尾が下がるようなことがあったら・・・


また上げればいいんだから^^;

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。