上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、虹が出ました。
ななちゃん。虹の橋で飼い主さんのこと待ってるのかな。



先日ツイッターでつぶやきました。
原文のまま・・・

お散歩コースのキャバリアななちゃん。見かけないと思ってたら、亡くなったと。
心臓が悪いのに吠え吠えだから、いつも遠くに見えるとコースを変える飼い主さんだった。
2012.08.16 18:42


ペコと歩いてたら、お父さんが声をかけてきてくれた。
すでに涙目だったから、話す前から感じた。
18歳までも生きる仔がいるのに、
うちは11歳だったと申し訳なさそうに…
2012.08.16 18:45


あんなに大切にされてたんだもの。
11年の犬生、きっと幸せだっただろう。
「私達がもう年寄りだから、オマエが先に逝くんだよ。っていつも言いきかせてた。
ちゃんと先に逝ってくれた。」と。
2012.08.16 18:49


「犬だけは、決して裏切らないよ。大切にしてあげてね。」
涙目のお父さんの言葉、大切にします。
ななちゃん、ありがとう。
2012.08.16 18:52


ななちゃんの心臓が悪かったということ、
実は、最近知ったのです。

ペコを連れて病院へ行った時、
駐車場でばったり出会い、お互いに「どうしたの?」って話したんです。

ななちゃんは、いつも吠え吠えで、
ワンコとすれ違う時は、飼い主さんがグイグイ引きずって歩いていました。

それも、これも、心臓が悪かったから。
少しでも吠えさせたくなかったから。

病院で会ってからは、状態も良くなかったようで、
お散歩中遠くに見かける飼い主さんは、
抱っこしたり、降ろしたり・・・
ワンコの姿が見えると、すぐに方向を変えたりしていました。


過去記事を遡ると、
ななちゃんをインターセプトしてスルーした記事がありました。

チャーリーくんと小麦くん - 2011.09.03 Sat

ワンコ同士を近づけて挨拶させるって、
そんなにも重要なことなのかな?

ふと疑問に思ってしまいました。

お散歩中、自分のワンコをどんどん近づけてくる飼い主さんがいます。

お互いギャウギャウ、吠え吠えで元気よく挨拶し、
じゃ、またね~~♪って別れられれば、それはそれで良いと思います。


けれど、色んな事情で近づけられたくない飼い主さんもいるんです。
相手の人、ワンコのこと、いつも思いやれる自分でいたいと思います。



ななちゃん、こちらでは遊べなかったけれど、
いつか虹の橋のむこうでいっしょに遊ぼうね。
たくさん吠えたって大丈夫だからね。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。