上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この1週間というもの・・・
「咬み」が頭から離れませんでした。

のべつまくなし咬んでるワケでもないので、
そこまで深刻に考えることではないのです。

でも、私の奥深くにコイツがしっかり根っこを張っています。

考えに考えた末・・・

それを根絶やしにしようと思うのではなく、
じゃぁ、地上に出ているものを、
別の思いに変えていけばいいんジャマイカ!!

・・・ってなわけで、「欲を満たす」べく、
再度「引っ張りっこ」にチャレンジしていました。


あぁ、あんまり意味がわかりませんね^^;


チャレンジしてみると、難しいんですね。

どうやってソノ気にさせるか。
どのタイミングでやめたらいいのか。
どれくらいの時間を費やしたらいいのか。


そこで、意を決して、先生に聞いてみることにしました。

チャーリーママのオンライントレーニング


動画を撮って、コメント欄で質問をしたら、
ママ先生は、記事として取り上げて下さいました。





有料なので、解説についての詳細は書けませぬが・・・。


私、引っ張りっこを勘違いしておりました。

グイグイ引っ張る事で、狩猟欲を満たす。


これは違いますね。


正しくは・・・

飼い主との共同作業で、
今まさに動いている獲物を捕らえる。


なんです。

そして、結果的には獲物を捕らえることではあるのですが、
その向こうにある、ワンコのイキイキ感を引き出す。


もうねぇ、これだっ!!って思いましたですよ。


イキイキ感♪



最近、遊びを誘うようになって、
はしゃぐ姿が見られるようになってきました。

おもちゃを自分でポ~ンと放り投げては、
大げさに身構えて取りに行く・・・とか^^

少しずつイキイキ感出てきてるかしら♪



そして・・・
まだ時々興奮が増して、
そばにいる私のところに咬みつきにきます。


咬みも受け止める。


・・・と下の記事で書いていましたが、
やっぱり痛いので、受け止め方を変えることにしました。


腕を組んだ状態で受け止めます。


どうやら、手や腕がないので、
咬むことができず、一瞬歯を当てますが、
その後、躊躇して咬まないんです。


これも、しばらく続けてみようと思います。


そうそう。

上の動画では、引っ張りっこを私から誘っています。

ペコから「遊ぼ♪」ってきてくれる事が、
非常に少ないからなのですが^^;


誘うタイミングも考えました。


それは、
眠くない。ボーっとしている時。


眠いか眠くないか。
人の赤ちゃんでも同じ。
肉球の温かさでわかりますね^^

でも、寝ているところに肉球触られるのは、
あんまり気分がいいもんじゃないよなぁ・・・


で、ムツゴロウさんの本を読んでいて、
こんな事が書いてありました。


ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)ムツゴロウの動物交際術 (文春文庫)
(2003/03)
畑 正憲

商品詳細を見る



以下引用

さて私は、子犬に近づくと、例によって手の甲を舐めさせ、
それから頭をさわる。

掌をおく。

掌の中心には頭頂部があり、端には耳がある。

頭頂部がぽかぽかと温かく、耳が冷たかったら、
子犬の目は醒めている。

逆に、耳が熱く感じられたら、
子犬はねむいのである。

ねむいのだから、無理に起こさず、寝かせてやった方がいい。



頭に掌をのせるくらいなら、
たいして気分も悪くないんジャマイカ?


引っ張りっこがしたくて、遊びたくて、
ボーっとしているペコの頭に、時折触れては、
一喜一憂している私なのですが・・・。


くれぐれも、過干渉にならないよう。

これだけは肝に銘じておりますです(*^_^*)


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。