上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝散歩 5時30分~6時10分 
噛み噛み なし
お天気  くもり
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当

夕方散歩 17時00分~18時00分
噛み噛み 1スイッチ
お天気  吹雪
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当

このところ仕事が忙しく、
夕べも遅く帰ってきた父にかわり、今日も朝、夕ともに母が担当。

明日もその予定なのですが、
アラフォーの母には体力的に厳しいものが・・・(汗

朝のお散歩では、暗がりで急にペコが立ち止まったので、
よく見ると、向こうから誰か歩いてきました。
さらによく見ると、ワンコさんがいるようです。

どうやら柴犬さんのよう。

母は近くにきた飼い主さんに、「おはようございます♪」と挨拶するも、
聞こえなかった?のか、無視・・・

柴犬さんも、すごい勢いで吠えかかってきます。

普段ペコは外では全く吠えないのですが、
これだけ吠えられてるのに、「??」って顔をしています。
そんなペコをインターセプト。

飼い主さんは無言でグイグイとリードを引っ張って、
柴犬さんはワンワン吠えながら引きずられて行きました。

もし、私がチャーリーママさんに出会ってなければ、
同じようにペコを引きずっていたかもしれません。
インターセプトなんて言葉も知らずに・・・

夕方のお散歩は、ものすごい雨と雪と風(汗
さすがに「早く済ませて帰りたい」気分の母です。

時間は1時間でしたが、全体的に母主導でのお散歩だったためか、
家の前で「帰りたくない」と立ち止まってしまうペコ。

駄々をこねる子供のようです。
それもまた愛しいのですが(笑

それでもなんとか庭に入ったところでスイッチが入りました。
ハーネスをつかむと、ペコが寝転がってしまうので、
なかなかいつもの「立ったままホールドラッピング」の体勢になれず、
すったもんだしているうちにスイッチが切れました(汗

今週は雪マークが並んでいるペコ地方。
明日もこんな天気だったら嫌だなぁ・・・


さて・・・

昨日届いた「犬語の話し方」
文庫本で、ボリュームすごいです。
とりあえず、まえがきと、最後の部分だけ読んだのですが・・・

「最後にひとこと」の箇所がとても感動的だったので、
抜粋して紹介させていただきます。

以下、抜粋--

犬たちの寝息は昔も変わらず、その音には意味があった。
それは自然の言語であっただけでなく、安らぎと心地よさの響きであり、
犬が人間との永遠の絆を告げる音だった。

「わたしはここにいますよ。」と犬の寝息は伝えた。

「一緒にこの世界を切り抜けていきましょう。
 獣やよそ者が不意にあなたに襲い掛かることはありません。
 わたしがここで、あなたの目となり耳となります。
 心配ご無用。
 わたしがそばにいてあなたを温め、
 必要とあらばあなたを守ります。
 明日は一緒に狩りをし、家畜の番をしましょう。
 一緒に太陽の光を浴び、世界を探検しましょう。
 一緒に笑いましょう。
 
 わたしたちはどちらももう子供ではないけれど、
 一緒に遊びましょう。
 運に恵まれず、あなたが嘆くときは、わたしがなぐさめましょう。
 あなたはもうひとりではありません。
 約束します。
 あなたの犬として、わたしがそう約束します。
 夜は毎晩。この息の音でその約束をあなたに伝えます。」


---ここまで


ペコの寝息を聞いていると、
とても幸せな気持ちになります。
あんなに飛びついて酷くかまれたって、
寝顔を見たらすっかり忘れてしまう。

生みの親より、育ての親。
ペコの本当のお母さんになれるよう、
少しずつ、絆を深めていきたいです。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。