上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その後のペコさん。
おかげさまで、元気に過ごしております。
ありがたいことに、お仲間さんから、
ペコが、健やかなれ~!と願いを込め、お守りを頂きました♪

北斗の拳さん!ありがとう!!ヽ(゚∀゚)ノ




これは無理やろ?と思うほど小さいのに・・・
1607126_243774172470148_84882491_n.jpg



アップ♪って言ってみたら、自分から飛び乗ったよ!
※尻尾が下がってるのは、怖いからではありません ( ̄▽ ̄)
1601194_243773792470186_1746442160_n.jpg



お散歩で、除雪車と記念撮影をしたり・・・
1150567_244226975758201_395993597_o.jpg



おかーさん、ぼくと
つーしょっとしゃしんがとりたかったんだって!
64176_243397655841133_1212366175_n.jpg



おにいちゃん、すき♡
1501598_243039729210259_875841610_o.jpg




お庭ドッグランで遊んだり。
1617650_242944082553157_1830575790_o.jpg




ねこさん、いっぱい!!
1524434_241376466043252_1378633750_o.jpg




あの日、発作を目にしてからの私。
どうやら、「肝」が、据わったみたい ( ̄▽ ̄)



先日お散歩中、田んぼの脇でうん様を終えたペコさん。
それを回収しようとしていると、車がやってきました。

危ないので、ペコを近くへ呼び込んだ拍子に、
側溝のフタにある小さな穴に、後ろ足が落ちてしまいました。
ペコは自分で抜け出したものの、
ヒャンヒャン鳴きながら私の顔を見上げ、片足を上げています。

以前の私なら、これくらいの事でも驚いて、
慌てふためいていたことでしょう。

でも、不思議と落ち着いている私。

ゆっくりしゃがんで、
「痛かったんだね。見せてごらん。」と、
足を持ち、そして、そっと撫でて怪我がないのを確認し、
「大丈夫だよ。歩けるよね。」と手を離すと、
ペコは平気な様子で、歩きはじめました♪



いちいち動揺していたら、
心臓がいくつあっても足らないもんね♪( ̄▽ ̄)



守らなければならない、この小さな命。
でも、そんなにか弱い命じゃないハズ。
たくましく、強くて、秘めた力をいっぱい持ってる!!
1002508_241376436043255_1083906496_n.jpg



そして、私の肝力も、もっと強くなるはず!ヽ(゚∀゚)ノ


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。