上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
庭のバラ。

ペコ・ドゥ・ロンサール♪
・・・じゃなくて ( ̄▽ ̄)
ピエール・ドゥ・ロンサールです♪

花言葉は、「愛を誓います」
10465452_287339021446996_7249907713933276708_o.jpg
今は、もう終わってしまいましたが、
とても優雅な雰囲気を醸し出してくれてました。


また、ある特定品種の葉っぱだけに、
まぁるい穴が・・・((((;゚Д゚))))
10339322_287339014780330_8814974025209895722_o.jpg


ハキリバチというハチさんの仕業のようです。
切り取る瞬間をバッチリ目撃したのですが、
それはそれはみごとに丸く切り取り、
それを足で抱えて飛んで行きましたヽ(゚∀゚)ノ

どうやら、葉っぱで巣穴を作るらしいです。


そんなわけで・・・・

ペコ父の趣味のおかげで、今まで知らなかったことを知ることができるのは、
ありがたいなぁ~♪と思っています。
んー・・・ま、家計を握る主婦としては、
これ以上増やさないでくれても、いいかなぁ~・・・
とも思ってますけど( ̄▽ ̄;)



さて。


ペコさんのこと。


抗てんかん薬を飲み始めてから、
尻尾が上がる頻度が格段にアップしました。


外でも、るんるん♪
10257747_285577551623143_2324629820375867390_o.jpg


そして、なんと、室内でも、るんるん♪
10355498_287341724780059_5369539525615007119_o.jpg


ご存じのように、
1歳くらいから、尻尾が下がるようになったペコさん。
巻かない。のは「太刀尾」だからで、
物理的に、くるんとは巻けないんですが・・・。


今まで、外でも家の中でもほとんど下がっていて、
あれこれその原因を考えていました。


ちょうど、季節性のカイカイで、ステロイドを飲む時期と、
尻尾の上がる頻度が少しアップする時期とが重なって、
もしや、薬のせい?って思ったり。


んー・・・でも、なんか違うかも。


結局、答えは出ないまま。になっていました。
今も、答えは出ていないんですけどね。


で、この頃、なんとなく、なんとなくですが、思うことがあります。



ペコは、散歩中に、よく座り込みます ( ̄▽ ̄)


ぼく、すわりたいの。
10317752_285566531624245_1100955396952450594_o.jpg


おかーさんも、すわってみれば?
1485975_286471498200415_248413518041719816_o.jpg



この座り込み。


理由は、ペコに聞いてみないとわかりません ( ̄▽ ̄) え?

時間がある時は、一緒に座り込んで風を感じたり、
景色を見たりしますが、
いつまで待っても立ち上がらないから、
おやつをぽ~ん♪と投げて、遊びながら動かしたり、
少し離れて、地面に何か見つけたフリをすると、
おかーさん!なになに??なんかみつけたの??って、
ペコの好奇心をくすぐって、そのまま歩きだしたりしています。


私としては、別に困ってもいないし、
なんとかしたい。とも思っていないので、
それはそれでいいかな♪って思ってるんですが・・・。



たまにね、こんな表情で座り込むことがあります。
10333783_287291771451721_1655891127831127511_o.jpg


明らかに、何か不安を感じています。





小さい頃から、
散歩中、遠くに見える何かに意識が集中しすぎたり、
また、突然わけもわからずにスイッチが入り、
転位的に咬みつくことがあったペコ。


じてんしゃにのったひとが、
こっちにむかってくる!!
10461895_287338788113686_2046696509582203125_o.jpg



おかーさんの、さんだんばら。にかくれよう。
10428179_287267474787484_8119684325425637790_o_20140608144527c46.jpg


てんかんの痙攣発作が起きる、もっともっとずっと前から、
もしかすると、私が見えない、聞こえない何かを感じて、
それで、不安や、恐怖の感情が沸き起こっていたのかも・・・。


そんなふうにぼんやりと思っていた時、
ツイッターでフォローしている中里先生のつぶやきを見ました。



N Nakasato & bot @nkstnbkz · 6月1日
てんかん発作時の精神症状は多種多様.意識が完全に清明でも、
突然の恐怖感・寂寥感・恍惚感・既視感の短い発作や,
意識が混濁してぼぉっとしているだけの発作や,
ごく稀ですが凶暴なふるまいをする発作も.
本人の普段の性格とは無関係で,病気として一過性に出現するものです.


N Nakasato & bot
‏@nkstnbkz
てんかんでは慢性の精神症状をもつ方も少なくない.うつ状態はその代表。


N Nakasato & bot @nkstnbkz · 6月2日
てんかんでは、不機嫌状態の方も一部にあり。
理由なく不機嫌となって怒りや敵意が爆発的に出現し,
仔細なことで怒ったり徹底的に相手を攻撃したり執拗に食い下がったり。
意識障害は伴いませんが,発作に先立って出現し発作後に改善することもあり。
詳しくは兼子直「てんかん教室改訂第3版」。




これを読んで、ピカン!としました。



抗てんかん薬を飲むことによって、
大きな痙攣発作だけでなく、
その他のわかりにくい色々な感覚が軽減されたから、
尻尾が上がってきたのかもしれない。


まぁ、全て推測ですけれども・・・・( ̄▽ ̄;)




でね、改めて思うんです。




あぁ今まで、ペコがスイッチが入って咬んでも、
叱らないで育ててきて良かったなぁ!!って。


だって、もし私が、
なんだか得体のしれない不安感に襲われて動けない時に、
こっちよっ!ってグイグイ手を引っ張られむりやり歩かされたり、
怖いからわけもわからず叫んでしまうのに、
それをウルサイ!と叱られたり、叩かれたりしたら・・・と考えたら・・・。


たぶん、おかーさんは、なにがいいたいのか、
じぶんでわからなくなってきています。こまったねぇ。
10256743_286378861543012_3205885770689729652_o.jpg



そんな時、私なら、何が欲しいか・・・。


いきつくところは、やっぱりここです。

本当の大丈夫を対提示で作り上げる(私は社会化のドッグトレーナー)



おかーさんがいれば、だいじょうぶ。
おかーさんのこえがきこえたら、だいじょうぶ。
おかーさんが、そっとてをあてたら、だいじょうぶ。



ペコの場合、どうしても沸き起こってくる「怖いもの」は、
きっと一生なくすことはできないけれど、
脳で起きていることは、脳に働きかけるしかない。んジャマイカ?



てなわけで、今日も私はやっぱり、


ペコ~♪
いい仔ね~♪
だいじょうぶだよ~♪
と言いながら、おやつを口に放り込む。



あなたのこわい。に勝てますように・・・と、祈りながら。





うーん、ちょっとしりすぼみだけど、
まとまってよかったね。ペコ
10295436_284890951691803_4737074798786945519_o.jpg



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。