上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペコとのよりよい暮らし。のために、
犬のことを色々勉強しているつもり。な私ですが・・・。

その内容は様々で、それらは知れば知るほど、
なんだかもう、何が何やらわからなくなっている今日この頃です。

なので、前回の記事。
ペコがなんでできるようになったのか。の説明。
今の時点では、どうにも答えが出せなくて・・・。
ただ、思ってること、ひっかかってることを、
書いておこうかな。と思います。

どこのどなたがこの記事を読むかわからないし、
つっこみどころ満載かもしれませんが。


10256681_290046827842882_7557152302564600342_o.jpg


例えば・・・。

行動分析学を学んで、動物の行動の原理や、法則を知り、
その原理や法則に則ったはたらきかけをすれば、
問題行動(人から見た)は改善できる。ハズです。

行動分析学というのは、アレです。
好子、嫌子、強化、弱化ってやつ。
※解説は省略 ( ̄▽ ̄;)


じゃ、私にとって、ペコの問題行動は何かな?

対犬やチビッコへのガウガウ。
拾い食い(食べ物)
   ・ 
   ・
   ・
   ・
あれ?これだけ? ( ̄▽ ̄;)
もっと他にもあるかもしれないけど、
私が問題と思わなくなった。のかもしれない ( ̄▽ ̄;)

行動分析学って、大学で4年かけて勉強するものだから、
1、2冊の本を読んだくらいじゃ、なんちゃって。なのかもしれません。
けど、実際暮らしていて、
あぁ、私のこれが、ペコの行動を強化しちゃってるんだな。なんてのを、
気付けるようになったのは、メリットのひとつだったと思います。

強化しちゃってるんだな・・・と思いながらも、
ま、別にいいか。って思うようになったのは、
私の成長。でもあると思うのです。

なんかね、
犬にばかり色々求めすぎ。なんじゃないかと思うのです。

人だって、ダラダラします。
イライラもします。
時々、ヤケ食いしたい日もあります。


けど、行動分析は、それを許さない。ように思うのです。


全ての行動は環境によって制御される!(`・ω・´)キリッ
そして飼い主は、環境の一部なのです!(`・ω・´)キリッ
だから、犬を変えるためには、飼い主が変わらねばなりません!(`・ω・´)キリッ
行動分析学は、科学です!(`・ω・´)キリッ
科学は、常に正しい!(`・ω・´)キリッ
これからの犬のしつけは、科学的でなければ!(`・ω・´)キリッ


(`・ω・´)キリッ←しつこいw


なんだかなぁ・・・。です。



次男が生後4ヶ月の時受けた、乳児健診のこと、思い出します。


長男がまだ5歳で手がかかる頃だったので、
次男は酷くぐずらなければ、寝かしておくことが多かったんです。
それが原因のひとつ。だったのかもしれないけれど。

赤ん坊の次男は、顔を左側に向けて寝てることが多くて、
だんだん頭の左側が平らになってきました( ̄▽ ̄;)

絶壁頭って、後ろ側ですよね。
次男の場合は、左絶壁ですw

今だから笑い話だけど、
若いママだった私は、焦りました。

ドーナツ枕を買ってきて寝かせてみますが、
すぐに左を向いちゃう。
右に向くように左側にタオルを挟んだりしてみたのですが、
ぐいぃーーーっ!って元に戻っちゃうんですw


そんなこんなで、検診の頃には、
見事に左側がぺちゃんこになってしまっていたのです。


保健所には、同じ月齢のママとベビーが集まります。
順番がきて、保健婦さんの前に次男を抱いて座った途端、
保健婦さんは大きな声で言いました。


「その頭なに!?
 そんなにぺちゃんこにしちゃって!!
 それ、あなたのせいよ。
 そんなに酷いのは、治らない。あーあ、母親失格だわね。」


部屋にいたママさんたちが、一斉にこちらを見ました。


あぁ、このままどこかへ消えてしまいたい・・・。


半ベソで家に帰り、名古屋の実家の母に電話しました。
(当時、私たち家族は、東京に住んでました)


今では、認知症の症状が出てしまってる母ですが、
当時はまだ60歳になったばかりの頃。
血気盛んなおばちゃんだった母は、
すぐさま保健所に苦情の電話を入れました ( ̄▽ ̄;)


そしたら、保健所の責任者さんが飛んできて、
保健婦さんの言葉を謝るとともに、
もう少し大きくなって、頭をあげられるようになったり、
歩けるようになれば、徐々に治ってくるし、
髪の毛が生えてくれば、目立たなくなってくる。
よくあること。だから、大丈夫。心配しないで。と。


そして、その言葉どおり。になりました。


なんでこの話を思い出したかと言うと・・・。


行動は、すべて環境(飼い主も含む)によるもの。
かもしれないし、
赤ん坊が左側を向いてしまう行動。も、
環境(母親も含む)によるもの。なのかもしれないけど、
行動は環境(母親も含む)のせいするのは、どうよ?って思うのです。


犬が咬む。
吠える。
拾い食う。
などなど・・・

行動のすべては、
環境(飼い主も含む)との関係性で起きる。んですよね?
っていうか、ほぼ9割方、飼い主のせい。にされますよね?


わかってる。けど、
どうしようもないこと。もあるんジャマイカ?
だって、枕をしたって、タオルを挟んだって、
左側に向いちゃうんだもん。


犬に優しい。しつけは、
飼い主を傷つけてはいませんか?


時間がかかった割には、
結論に持ってこられませんでした ( ̄▽ ̄;)


続きます。


10478693_290106457836919_6093400077270540992_n.jpg

関連記事
スポンサーサイト
コメント
はじめまして。
Blog読ませていただきました。
うちのワンちゃんは咬みぐせがひどいんです。
一度、旦那が撫でようと顔を近づけたときに噛みつき、それから旦那は少し冷たく当たるようになりました。
そんな旦那に私も怒ったり冷たくしたりしちゃいます。

咬みぐせはそのころから治りません。

怖がっているのかな?怒っているのかな?
わかりません。。


仮面夫婦は子供に悪影響。みたいなものですかね?だいぶ違うかな?(笑)

ワンちゃんもママだけに優しくされるよりパパにも優しくされたほうがいいですよね。せっかくの家族なんだから。

飼い主の環境も大事なのかなって考えさせられました。
2014/06/28(Sat) 23:04 | URL | チワワのまま | 【編集
チワワのまま様
こんばんは♪
はじめまして!コメントありがとうございますヽ(゚∀゚)ノ
拙いブログを読んで下さって、ありがとうございます!!

> うちのワンちゃんは咬みぐせがひどいんです。
> 一度、旦那が撫でようと顔を近づけたときに噛みつき、それから旦那は少し冷たく当たるようになりました。
> そんな旦那に私も怒ったり冷たくしたりしちゃいます。
> 咬みぐせはそのころから治りません。
> 怖がっているのかな?怒っているのかな?
> わかりません。。

噛み。ですか・・。
旦那様だけ。を噛むんでしょうか。
私は一般の犬飼いなので、アドバイス。はできないのですが・・・。

犬がいきなり噛む。というのは、ない。ハズなんですよね。
嫌だよ。と訴えるシグナルを出してるハズなんです。
でもそれが伝わらなくて、噛んで表現する。んだと思います。
でも、噛みはデリケートな事なので、
コメントはこれ以上差し控えさせて下さいね。

> 仮面夫婦は子供に悪影響。みたいなものですかね?だいぶ違うかな?(笑)

犬は平和を愛する動物ですからねぇ。
空気で何かを感じてるのかもしれません。

私もペコ父と喧嘩してると、
ペコが間に割り込んできます^^
仲裁してるつもり。だと思います。

> ワンちゃんもママだけに優しくされるよりパパにも優しくされたほうがいいですよね。せっかくの家族なんだから。
> 飼い主の環境も大事なのかなって考えさせられました。

確かに環境。は大事だと思います。
けど、家庭によって色々な事情もあると思いますし、
罪悪感みたいなのは、持たなくてもいいんじゃないかなぁって思いますです。

私もペコ父ってば、なんで嫌がってるのに撫でようとするかな!ヾ(。`Д´。)ノ
なぁんて、思った日もありました( ̄▽ ̄)
あ。過去形じゃなくて、
今だに、顔そむけてるし。嫌がってるじゃん!とか言っちゃう時もあります( ̄▽ ̄;)
でも、ペコは、撫でられたい気分じゃない時も、
受け入れてくれるんですよねぇ。
そういう姿を見ると、ペコに甘えてばかりもいけないな。と反省します。

チワワちゃんとご家族が、
楽しく過ごせるように、お祈りしていますね♪






2014/06/29(Sun) 21:19 | URL | ペコの母さん | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。