上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝散歩 6時20分~6時50分 
噛み噛み 1スイッチ
お天気  はれ
ワンコさんとの出会い なし
ペコ父担当

夕方散歩 16時50分~18時30分
噛み噛み 3スイッチ(かなりしつこい)
お天気  はれ
ワンコさんとの出会い 1ワンコさん
ペコ母担当

夕方のお散歩はスイッチが切れたと思ったら、また入り・・・エンドレスでした。
ペコ家では、スイッチが入った時、父はいつも抱っこします。
母は暴れるとすぐに抱っこできないし、リードが絡まって危ないので、
ハーネスを持って、下半身を足で優しくはさみます。
名付けて「立ったままホールドラッピング」です。

以前は自己主張のスイッチが多かったのですが、
最近は「恐怖心」のスイッチに変化しているような気がします。

固まって動かなくなってしまいます。何が怖くて固まるのか、それを見極めなきゃいけないのですが、
なかなかその「何か」がわかりません。

ただただ、スイッチを切る。入らないようにできるだけインターセプトする。などで対処しています。

唸りながら噛みついているペコは明らかにあちらの世界に行っていますので、
「戻っておいで」の気持ちで抱っこや、ホールドラッピングをします。

噛まれるのは当然痛いので、「もういいかげんにして!」と正直思うこともありますが(汗)

スイッチが入る時、ペコの目にはどんな風景が広がっているんだろう・・・と想像した時、「ウルトラQ」のオープニングがすぐに浮かんできました。

ペコ母の4歳上の兄がウルトラマンが大好きで、放送当時はまだペコ母は生れておらず、たぶん再放送で見たんだと思います。

このぐにゃぐにゃしたオープニングとナレーションがものすごく怖かった記憶があるんです。



なので、スイッチで噛まれて痛い時、ペコの脳裏に見えているのは「ウルトラQ」だ!と思うと、少しでも早く我に返っておいで!と優しい気持ちになれます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。